【ミニマリスト】手洗いしやすい服とは?【シワになりにくい生地】

ミニマリスト

シワになりにくくて、手洗いしやすい生地ってどれ?できれば年中着れる服が良いなー

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「手洗いに向かない服」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.手洗いしやすい生地は?

ポリエステルがおすすめ

手洗いしやすい生地として、ポリエステルの服がおすすめです。

理由はこの3つです。

①シワにならない
②すぐ乾く
➂ヨレない

旅行で荷物を最低限にまとめるには、「服を減らす」ことがキーです。なので、手洗いしてもシワにならずにヨレずに、すぐに乾いてくれる服は非常に重要です。

ポリエステルの注意点は?

ポリエステルの注意点は、原料が石油なので、「肌荒れ」する可能性があることです。

もし肌に合わない方は、お控えください。

スポンサーリンク

2.その他にポリエステルの特徴は?

安い

原価が安いので、売値も安いものが多いです。

手に入りやすい

ポリエステルは、合成繊維として「最も生産量が多い素材」なので、ポリエステルの服は取り扱い数も多く、手に入りやすいです。

強い

ポリエステルは、

・縮まない
・熱に強い
・型崩れが起きにくい
・カビない、虫が食べない

などの特徴があるので、長期間劣化せずに着れます。

僕がいつも着てるポリエステルが、とってもオススメなので、紹介して終わりにします。

スポンサーリンク

3.ミニマリストのおすすめTシャツ

オールシーズンこの1枚でOKです

ユニクロの590円Tシャツです。

青系が、ポリエステル76%、綿24%
その他カラーが、綿66%、ポリエステル34%

他にも、以下のようなポイントがあります。

・安い
・色が豊富
・サイズが豊富
・ネットで買える
・定番だから毎年ある



ただ、「真夏」や「南国への旅行」では、次のTシャツがオススメです。

真夏・旅行はこの1枚

こちら、ポリエステル100%のTシャツです。

真夏や運動、タイやマレーシアなどの「暑い国に旅行」って時にもってこいです。

特徴は、

・とにかく軽い
・本当にすぐ乾く
・全然シワにならない
・めちゃ涼しい

という感じです。値段は、先の590円Tシャツに比べると高いですが、夏が終わるとセールで1,000円になったりします。








スポンサーリンク

まとめ

・旅行は服を減らせるかが大事
・旅行では手洗いしやすい服が良い
・手洗いしやすい生地はポリエステル