【ミニマリストは贅沢?】「金欠」になるワケ【こんな人は要注意】

ミニマリスト
悩める人
悩める人

ミニマリストって贅沢だよね。俺は金欠だからとうてい真似できないね。

という意見に、「金欠の人の方が贅沢じゃね?と思う僕」がお答えします。

結論、ミニマリストは贅沢です。
でも、金欠の人はもっと贅沢です。

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、
かなりの「めんどくさがり屋」です。

心身ともにもっと身軽で生きたいと思い、
物・ムダ・不安・ネガティブ・手間・ストレス・嫌い
などの、『手放し方』を発信しています。


目次
1.ミニマリストと贅沢
2.贅沢な空間を手に入れるには?
3.いつも金欠な人について
4.まとめ

スポンサーリンク

1.ミニマリストと贅沢


このツイートを深掘りする

先日こんなツイートをしました☟

という訳で、今回は

「空間」と「物」、
「ミニマリスト」と「金欠の人」について

深掘りしていきたいと思います。

ミニマリストは贅沢か?

はい。ミニマリストは贅沢です。


理由は、部屋が広々と使えるからです。


これは何も、ミニマリストが
「何百坪の家に住んでいるから贅沢」
と言っているわけではありません。


僕の部屋は6畳です。
それでも「めちゃ広い」です。


逆に30畳ある部屋でも、たくさん物を置けば
当然「6畳の部屋より使える範囲」が狭くなります。
床一面に物が散乱している部屋は「実質0畳」です。

そんな部屋では贅沢を感じられません。



例えば、
僕たちミニマリストの部屋が、
地域の小さな和菓子屋さんとしましょう。
中にはショーケースに入った
「今日売れるであろう分」の少しの和菓子と、
ちょっとしたお茶ができるスペースになっています。


逆に、先の30畳の部屋を
都会にある大きめなドン・キホーテとしましょう。
中には所狭しと商品が並んでいます。
通路に商品が落ちていたり、
潰れた商品やホコリをかぶった商品もあります。


どちらが贅沢を感じられますか?
たぶん和菓子屋さんだと思います。


つまり、物に溢れた現代で
空間を贅沢に使えるという事は非常に贅沢
なのです。


こんな理由から、
ミニマリストはほぼ例外なく
贅沢です。

スポンサーリンク

2.贅沢な空間を手に入れるには?


「物」に着目


空間を埋めるのは、いつだって「物」です。


僕たちの隣にあるのは、いつも物です。
僕たちの周りには、たくさん物があります。


だから、物さえなければ
贅沢な空間を手に入れられるのです。



「人でも空間は埋まりま~す」
って言う方は、ライブハウスか何かでしょうか。
ライブハウスでも、
お客さん帰ったらガラーンとしますからね。


難癖つけていたって片づきませんから
次に行きます。



「じゃあ何も持たなければいいのね。」
「贅沢通り越して、逆に質素じゃない?」
とか色々あると思います。

そうではありません。
1点1点妥協せずに選ぶのです。↓

妥協しない

ミニマリストは、物を買う時に妥協しません。

だからと言って、高い物を買うワケではありません。


自分に「必要な条件」を満たす物を選びます。

例えば、「スマホの充電器」を探す時も

・急速充電
・2ポート
・モバイルバッテリー付き(1回分で十分)
・なるべく軽い物
・なるべく小さい物
・プラグ付き
・プラグが収納できる
・デザインがシンプル
・色は黒
・androidでも使える


こんな感じで条件を決め、
この条件を満たす物を探します。

この条件を満たす物が、
500円であればそれで良いですし、
逆に5,000円出さないと手に入らないならそれを買います。

つまり時には「単価が高くなる」こともあります。


たまに、「ミニマリストは高い物ばかり持っている
と言わる事もあるみたいですが、

単価があがれど、家にある物の総額は
アナタより低い自信ありますけどね。
って言い返したいところです。


話がそれましたが、
僕が選んだ充電器はコレです。↓

約3,000円くらいの物です。
充電器としては高いけど、
モバイルバッテリーとしては安い商品だと思います。

妥協していないので、
約3,000円でも、最高の1品になります。
逆にこれ以上ハイスペックな物は必要ありません。


「1回分充電できれば十分」
「それ以上は使いこなせない」
「宝の持ち腐れ」だと分かっているからです。


それに、高いお金を払って使わない機能を買う
ほどもったいない事はないですからね。

よって、↓この商品はハイスペックですが、
求めている以上のスペックなので選ばれないという事です。

こうやって1点1点ムダがないように
真剣に選ぶので、物が増えません。

物が増えないから空間が生まれます。

空間が生まれるから、贅沢を感じられるのです。

スポンサーリンク

3.いつも金欠な人について


むしろ金欠の人の方が贅沢?

ぼく、
金欠の人の方が、贅沢だと思います。

だって金欠の人は、使わない物だとしても
「安いから」という理由で物を買うんです。

つまりゴミをお金を出して買っているという事です。
ゴミをお金で買うぐらいだから贅沢なぁと思います。


「お金がないからそれしか買えない?」


いいえ。

中途半端な物ばかり買うからお金がないのです。


だから金欠なのです。

捨てないから気づかない

それが「ゴミかどうか」は
捨てないと気づかないと思います。

理由は、一応物として
「使おうと思えば使えてしまう」からです。

だから捨てて痛みを感じるまでは、
恐らくゴミを買い続けると思います。

1度捨ててみたら、
「めちゃくちゃ後悔する物」
「勿体ないな~と思う物」
「持ってた事さえ忘れていた物」
が出てきます。

めちゃくちゃ後悔する物は、
それが本当に必要な物だったら、
たぶん放っておいてもまた買い直します。

重要なのは、
「勿体ないな~と思う物」
「持ってた事さえ忘れていた物」
です。

コイツらを今捨てられて、
自費でもう1回買うか?
と言われても買わないと思います。


「何で?」と聞くと
・重たくて持ち運ぶ気にならなかった
・充電する速度が遅かった
・高さが合わなくて使い勝手が悪かった
・安かったから買っただけでドストライクじゃない
・ハイテク過ぎて使いこなせなかった

とタラタラ不満が出てくるはずです。


そこです。
そこが大事です。


その不満を覚えておいてください。
そしたらゴミを買わなくなります。

だから、やる事は

・捨ててみる
・後悔した物はもう一度買う。(勉強代)
・もう一度買わない理由を覚えておく。
・買い物する時に失敗を思い出す。

これでゴミを買わなくなります。


だから、「金欠を脱出」するには捨てましょう。


自分だと捨てづらい人は、
業者さんに一気に捨ててもらいましょう。

僕はもともと、片付けの仕事をしていたのですが
「この部屋の物全部捨ててください。
もしお金とか金目の物が出てきたら、
それだけ取っておいてください。」
って言えばその通りできます。

思い切りが大事なので、☟この記事で
安い業者さんを探して依頼してみてください。

スポンサーリンク

4.まとめ

・ミニマリストは贅沢。
・広々した空間があるから贅沢。
・空間を埋めるのはいつも「物」。
・ミニマリストは物選びに妥協しない
・厳選された物は少ない物でも豊かに暮らせる
・だから、広い空間が維持できる。
・ 金欠の人はもっと贅沢だ。
・ゴミをお金を出して買っているから。
・でも、そのゴミで空間を潰され贅沢を感じられない。
・だからまずは捨ててみる。
・もう金欠でゴミに埋もれる生活は辞めましょう。