【ミニストップ】1日だけの自動車保険のかけ方は?値段は?【ちょいのり保険】

「クルマ」の面倒を手放す

ミニストップも1日だけ自動車保険をかけられる?やり方は?値段は?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「保険対象外」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ミニストップの1日自動車保険について

1日保険ってどんな時に使うの?

ザックリ言えば、誰かの車を借りる時に入る保険です。

例えば、

・祖母(75)の車を
・一緒に住んでる僕(25)が
・1日借りて乗る

とするじゃないですか。

ですが祖母の車は、普段僕が乗る訳じゃないので、保険の年齢条件が「35歳以上」になっています。なので、僕が事故っても「タイショウ外デ~ス」ってなるわけです。

他車運転特約があるじゃん」と思うかもですが、残念ながら同居親族もまた、対象外なのです。

だからと言って、1日やそこら乗るためだけに、祖母の保険の年齢条件を「21~25歳」にするのは、保険料がガンっと上がるため馬鹿らしいのです。

という訳で、こんな時1日保険に入ると、安心且つ、安く済ませることができるのです。

料金は?

そんな1日自動車保険ですが、プランが3つほどあります。

①500円
(車両補償ナシ)

②1,500円
(車両補償アリ)

③2,100円
(車両補償アリ)
(弁護士特約アリ)

必要な物は?

必要な物は以下の4つです。

・スマホ(もしくはパソコン)
・免許証の情報
・ナンバーの情報
・お金

それでは実際に、スマホでの操作方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

2.スマホの操作方法は?

①「今すぐネット予約」

まずは、予約サイトに移動して、「今すぐネット予約」を選択します。

②4つのチェック

最初に、1日保険に入れるかのチェックがあります。

③いつから何日間入るのか?

次に、いつから、何日間入るのか決めます。最大7日間です。

ちなみに、15時からにすると、次の日の15時までになります。

基本15時~と決めたら「15時までに払う」のがルールみたいです。もし遅れたら、支払った時間から保険適用となるようです。

④何人運転するのか?

次に、何人分保険をかけるのか選びます。

⑤どのプランにするか?

そしたら次に、保険のプラン選択です。

⑥免許証の情報

ここからは、車や自身の情報を入力していきます。

免許証を用意してください。

⑦車の情報

次は、ナンバーを見ながら入力してください。

⑧運転する人の情報

最後に、自身の情報を入力して終わりです。

⑨確認

間違ってないか確認したら確定です。

⑩コード発行

すると、QRコード、予約コード両方出てきます。

これをもってミニストップの「ロッピー」という赤い機械の前に行きましょう。

この画面をスクショしておくと良いです。

一応、メールでも「予約コード」が届きます。(↓)





スポンサーリンク

3.Loppi(ロッピー)の操作方法は?

最後にロッピーでの発券方法について紹介します。

「QRコード」をかざす場合

Loppi専用コードをお持ちの方

「QRコード」をかざす

発券


レジで支払い

「予約コード」を入力する場合

ほけん

自動車保険

「予約コード」を入力

誕生日、電話番号入力

発券


レジで支払い

スポンサーリンク

まとめ

・ミニストップでも自動車の1日保険がかけられる
・500円、1500円、2100円から選べる(保険会社は東京海上日動)
・スマホで登録して、ロッピーで発券して、レジで支払って終わり