【なぜ?】物を沢山持つとデメリットしかない【物を大切にとは?】

「片づけ」の面倒を手放す

物を大切にって言うから、捨てずに大事に持ってるのに、ダメなの??どんなデメリットが?

という疑問にお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、
勘違いした「物を大切に」を手放します。

スポンサーリンク

1.「物を大切にする」を勘違いしている

物を捨てない=物を大切に?

物を捨てる=粗末にしている。という考えが染みついているようですが、使われていないのであれば家にあろうが、ゴミ処理場にあろうが結局同じなのではないでしょうか?

その物はあなたの役に立っていないどころか、場所代である家賃をどんどん奪っています。

それに、家だって物の1つです。沢山の物を詰め込んで、カビやホコリまみれにしてそれでも物を大切にしていると言えるのでしょうか。

片付けない理由・捨てない理由を「私は物を大切にするタイプだから」で済ませないでください。

物を大切にするという事は、
・毎日手入れをする
・毎日触れ合う
・いつも最適な状態を維持している
・すぐに取り出すことができる
・物に愛情を持って接している
・それを持つ理由が明確である
こう言った事が物を大切にするという事じゃないでしょうか。

もし、1ヵ月で1回も使ってない、ホコリがたくさん被ってる、シミができてしまっているなどの状況であれば、あなたはその物を管理出来ていないという事を受け入れてください。

すなわち、物を大切にできていないという事です。

物を大切にしていない人が言う正当化(言い訳)

・まだ使えるじゃん!
・一回も使ってないんだよ!
・高かったんだから!

スポンサーリンク

2.物が散らかると同時に色んな物が散っていく。

気が散る

メンタリストDaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」の中で、散らかった部屋は気が散りやすく集中力がどんどん奪われていくと記しています。

その理由は、部屋を歩いていて何か障害となるモノがあると、不安や恐怖といった感情を司る脳の偏桃体(へんとうたい)が反応してしまうからです。

偏桃体とはストレス反応を起こしてしまう場所です。

要は、物が散らかっているとストレスを感じ集中力がどんどん無くなる
集中力が無くなると何もやる気がなくなったり、続かなかったり。。。

とんだ悪循環ですよね。

お金が散る

片付けられない人の部屋って共通点があります。

・同じアイテムが何個もある
⇒無くしたと思って再度買う

・本人も忘れている物が沢山ある
⇒持っている事さえ忘れて買う

・開けてさえいない新品がある
⇒買って満足。自分の部屋をお店の代わりに、在庫管理の倉庫にしているようなもの。

・飲みかけ、食べかけが沢山ある
⇒全てちょっとだけ手を出して終えている

・レシート、領収書、書類が散乱している
⇒重要な通知ハガキも散乱。「あ、支払い期日が過ぎてる…」

・財布がパンパン
⇒「ポイントカードはお持ちですか?」「あ!カード持ってるかも!あれ?これどこのカード?って、期限過ぎてるし~」
⇒「小銭落ちたよ」「チャック閉まらないんだよね~(笑)」

・何にいくらかかっているか把握していない
⇒「電気代?知らん。ってか家賃いくらだっけ?」

・小銭が落ちている
⇒何でこんなとこに小銭が?

お金がどんどん財布から出て行く理由が分かりましたか?

時間が散る

人は1日に平均で10分探し物をしているそうです。これは一生で76日間に相当します。
部屋が汚くて有名な中国人はなんと、日本人の倍の時間探し物をしているそうです。

では、部屋が物と物のミルフィーユ状態になっている人は・・・?

いったい人生のどれだけの時間を無駄にしているのでしょうか。

行列に並んでいる時間が無駄!効率の悪いやり方は時間のムダだ!とか言う前に一番身近なムダを省いてはいかがでしょうか?

物が散らかると、探し物・準備・片付けなどあらゆる場面で時間のロスが生じます。時間がない時間がないと言っている人は、部屋が片付いていないから時間がないのだと思います。

人が散る

僕は太っている人と片付けが出来ない人は信用していません。
一番身近な管理ができていない人を信用する事ができません。

「私はずさんな管理をしますよ」と、体と部屋や鞄の中身で教えてくれているようなものです。

太っている人や片付けられない人自体を否定しているわけではありません。
こういう人の中にも、面白い人や優しい人が沢山います。
ただ、重要な事は任せられないと言っているだけです。

僕がもし一緒に仕事をしていくパートナーを探すとしたら、

(A)太っていて片付けも出来ないけど、怒らず気が利く人
(B)短気で少し変わっているけど、体は引き締まっていて身の回りも片付いている人

だったらBの人を選びます。

友達だったらAでもBでも良いんですが、仕事という一番責任の問われる状況でしたらBですね。

こう考えると、Aの人は損をしているなぁと思います。
僕の周りでも、片付けられない人はチョット…。とか、
太っている人はチョット…。という声を聞くからです。

たったそれだけの理由で人が離れていくのは、なんだかすごく残念な事ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

もう今は、戦争中の物が無い時代ではありません。
物やサービスが溢れかえって飽和状態になっています。

だからこそ、自分で取捨選択をしっかり行っていくことが大切です。

物が入ってくる前に本当に必要な物なのか、考えてから取り入れてくださいね。