【モンベル】ウィックロントラベルアンクルソックスの寿命は?【3足履きまくった】

ミニマリスト

『モンベルの「ウィックロン トラベルアンクルソックス」ってどれぐらいもつ?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「穴が空いた靴下」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.モンベルの靴下の寿命は?

靴下に穴が空きました

以前こちらの記事で紹介した「モンベルの靴下」ですが、遂に「穴」が空きました。

親指部分が擦れるようで、計4箇所ほど同時に空きました。(↓)

どれぐらい履いたら破れるのか?

で、「どれぐらい履いたら破けるのか?」ですが、僕は14ヶ月履いて破れました。

同じ物を3足持っていたので、「2~3日に1回」履いたことになり、“1足につき140~210日間”履いた計算になります。

・この結果がどうなのか?
・長期間履いてみた感想
などを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

2.モンベルの靴下はコスパ良いのか?

1足1,000円するが、

1足950円+税という高級ソックスですが、先の日数で計算すると「1日4~7円」になります。

この靴下は「ウィックロン」という素材が使われているのですが、その特徴を知ってもらうと、かなりコスパの良い商品だと感じてもらえると思います。

という訳で、実際に僕が使ってみて実感した部分を紹介していきます。

すぐに乾く

ウィックロンの特徴その①は、「速乾性」です。

“ほんっとうに乾くのが早い”です。

僕は旅行が好きで、荷物をなるべく減らしたくて「すぐに乾く靴下」が欲しかったので、最高の靴下です。暖房の入った部屋に部屋干ししたら、3時間でカラカラに乾いてました。


そして強い

ウィックロンの特徴その②は、「耐久性にすぐれている」という点です。

これは実際に実感しています。

というのも、無印の靴下を毎日履いたら2ヶ月で破けたという記事がありました。(参考記事)

・無印:60日
・モンベル:140~210日

つまり、モンベルの靴下「無印より2倍以上強い」ということが分かりました。

(※価格もほぼ同じです。)

美しい

こんな穴の空いた状態で「美しい」と言われても、と思うかもですが、ウィックロンの特徴その③「毛玉ができにくい」というのは本当です。

毛玉取りをせずとも、あまりダマになりません。もし取るとしても、まん丸な毛玉ではなく、クルクルっと巻かれたような毛玉なので、靴下にあまりダメージを与えることなく、手で簡単に取れます。


以上3点から、非常にオススメでしかない靴下となっております。

スポンサーリンク

3.再びモンベルを購入

2足を新入りとして迎える

カラーは3色ですが、グレーが1番好きなので「グレーを2足」買い足しました。それと同時に穴が空いた2足は処分しました。今までありがとう。

タイミングが合えばメルカリで

ちょっとお高い靴下なので手を出しにくいかもですが、たまにメルカリで新品が安く出てたりするので、それを狙って買ってみても良いかもしれません。

検索ワードは、「モンベル トラベルアンクルソックス」でヒットすると思います。もしくは、「モンベル ウィックロン 靴下」とかでも良いかもです。

スポンサーリンク

まとめ

・モンベルのウィックロン トラベルアンクルソックスに穴が空いた
・1足につき140~210日履いた。無印は60日
・オススメな点は3つ①すぐ乾く②強い③毛玉できにくい