【STOP!無駄遣い】ミニマリスト流「ムダづかいを辞める方法」

「面倒くさい」を手放す
スポンサーリンク

1.どういうのが無駄遣い?

後悔

僕は「後悔した時」に「無駄遣いしちゃったな~」と思います。

後悔と言っても、何か物を買って、
『過去と同じような失敗をして後悔している状態』は本当に無駄遣いだと思います。

過去に同じような失敗をしているという事は、ある程度予測でき、避けることができたという事です。


例えば、
・買いすぎた惣菜
・頼み過ぎた料理
・流行だけを追い、試着もせずに買った服
・店員さんにススメられて買っちゃった物
などなど。

「あ~またやっちゃった」
ってモッタイナイですよね。
同じような失敗を繰り返しているのですから。

よく失敗した時、「勉強代」と言いますが、
何度も勉強代を払うのでしたらそれは無駄遣いです。

知らないフリ

他にも、
今よりずっと安くなる情報があるのに
それを調べて実行しないがために損しているのも無駄遣いだと思います。


(例)格安SIM、電気会社、ガス会社、保険、飛行機代、ホテル代、治療費など。

どれも、ちょっと調べれば分かる事です。

優秀な方が何人も、ブログで分かりやすくまとめてくれています。



僕たちが学ぶべきはググり方なのかもしれませんね。

とにかく聞いてないフリ、知らないフリをしている内は
「お金を垂れ流している可能性アリ」です。

ぜひ、「固定費」を見なおしてみてください。

スポンサーリンク

2.ムダづかいの辞め方は?

コイツとの将来を考える

「コイツを買った時の将来」を考えます。

なんだか恋人みたいですね。


具体的に何を考えるかと言うと、
・コイツをどうやって使うのか?
・コイツをいつ使うのか?
・どれくらいの頻度で使うのか?
・手入れを毎日する自分がリアルに想像できるか?
・コイツの指定席はどこか?
・コイツと喧嘩になりそうなヤツはいるか?
・コイツと別れがあるとしたらどうなるか?

同棲を考えているの彼女の事みたいですね。
結婚までいけるのか?離婚した際はどうするのか?みたいな感じですね。


でもあながち間違っていないと思います。
家に迎えるという事は責任も伴うのです。

これを考えて、未来が良さげだったら買いましょう。

実験は、ちゃんと記録を

良さげだと思って買った物が、
想像と反する事だってあります。

その時は、何がダメだったのか記録しておきましょう。


恋人だって同じで、
「潔癖症過ぎる人」と毎日掃除の仕方で喧嘩して、ウマくいかなくて別れたとしましょう。
そしたら次は「潔癖すぎない人がいいなぁ」って思うじゃないですか。

そんな感じで物も、
重すぎるリュックはダメだったから次は軽い物にしよう。って
ただそれだけでOKです。

ちょっと頭の片隅に入れておいてください。
そして、買い物の時に
リュックが欲しくなったら「リュック選びで失敗した過去なかったっけ?」と思い出してみましょう。

グッと無駄遣いが減ります。

スポンサーリンク

3.ミニマリスト流の考え方

100個→99個に

「総数が減る買い物かどうか?」
が大事です。

それを買う事で、
100個持っている持ち物が99個になるような、
「1個2役以上の物」を探します。

ミニマリストは今で十分潤っています。
だからこれ以上アイテムを増やす必要は無いのです。

あとは総数を減らしていける物をチョイスしていけるかどうかです。


自分に必要な物の総量が分からない方は、こちらの記事で紹介している方法で断捨離を進めてみてください。↓

絞れば絞るだけ自分の好きな物がリアルに浮き出てきて、これに投資して行けば楽しい人生になると分かりますよ。

マジで、自分を知るには、自分探しの旅より、断捨離だったりするかもです。

「欲しい」だけはNG

コレ欲しい!だけでは買ってはいけません。

「欲しい!必要!」となった時だけ、
買おうかな?という土台に立てるのです。

だって、欲しい物なんていくらでもあります。

「欲しいだけの物」を追って買って行ったら、消費・浪費するだけの人生で終わってしまいます。それをするだけに働いているような人生になってしまいます。


だから必ず、買い物の時は
「これは欲しいだけでは?」と自分に問うのです。


「欲しい+必要」が必要最低限クリア出来ない物は、
さっぱり諦めましょう。

スポンサーリンク

まとめ

・同じ失敗をする買い物は無駄遣い。
・お得にする情報はいくらでもある。知らないフリをしていると、お金をドブに垂れ流しているかも。
・物を買うときは、恋人との将来を考えるように。破局したら、何が敗因だったのか記録しておこう。
・ 総数が減る買い物をしよう。
・欲しいだけで買ってはらちがあかない。必要を感じないのなら買ってはいけません。