Home»お金»格安SIM» 【My050】登録するのに免許証が必須に【2021年12月から】
a

【My050】登録するのに免許証が必須に【2021年12月から】

格安SIM

『My050の登録って免許証が必要なの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、050の番号の取り方が分からないを手放していきます。

スポンサーリンク

1.My050「免許証」が必須に

2021年12月1日から

050番号を無料で取得できる「My050」ですが、今まではとても簡単に番号が取れてました。(>050番号の取り方)

ですが、2021年12月1日から少し、「登録に必要な物」が変更しました。

【2021年11月30日まで】
・SMSを受信できる番号

↓↓↓

【2021年12月1日から】
・SMSを受信できる番号
・運転免許証などの公的な本人確認書類

という感じで、本人確認書類(免許証など)が必要になりました。

※既に取得済みの人は要らないようです。(特に何も書いてなかったです。)

手続きの流れは?

【My050番号を取得するには、どうしたらいいですか?】という質問に対して、以下のように答えています。

My 050番号の新規取得を申し込むには、下記で本人確認を実施致しますので、shinki_my050@brastel.co.jpに以下の情報をお送りください。
・氏名
・生年月日
・国籍
・住所
・有効な本人確認書類の画像データ

(以下のいずれか鮮明な画像を撮影してください)

【日本国籍のお客様】
・運転免許証(表裏両面)
・マイナンバーカード(表面のみ) 

【外国籍のお客様】
・在留カード(表裏両面)

【一時帰国者及び短期滞在者】
・有効なパスポート(顔写真と個人情報の記載があるページと、在留資格と入国日の証印があるページ)
・ブラステルカード番号とアクセスコード(ブラステルアカウントをお持ちの方のみ)

本人確認書類が確認できましたら、My 050番号を新規発行いたします。この確認およびお手続きには「7営業日」ほど、お時間をいただいております。

また、必要に応じて「追加書類の提出」や、本人確認書類の画像が不鮮明な場合は「再提出」をお願いする場合があります。本人確認書類の有効期限は、お申し込み時点で30日以上必要です。30日以内の場合は、お申し込みはできません。

スポンサーリンク

2.My050ってちゃんと使える?

まぁまぁ使える

・ちゃんと着信鳴ります
・電話をかけることも出来ます

ただ1つ難点と言えば「音質」です。

同じ家であっても、場所によっては聞こえづらい(ブツブツ途切れる)ことがあります。

そういう時は話しながら場所を変えてみたり、Wi-Fiをオフ(又はオン)にしてみたりすると良いです。

大事な話をする・頻繁に使うなら勧めない

まぁ使えるのは使えますが、

・大事な話をする
・頻繁に使う

とかでしたらオススメしません。LINE電話の方が全然良いです。

ただ僕のように、“3ヶ月に1回ぐらいしか使わない”“とりあえず電話番号が欲しい”という人でしたら、無料ですしオススメします。

スポンサーリンク

3.完全に無料なの?

最初の登録と受けるのは無料

My050は、

・最初の登録
・電話を受ける

のが無料です。

なので、自分からかける分にはお金がかかります。

受信専用にすれば、無料で使えます。ただし1年間です。1年以上無料で使うことはできません。

もしもうっかり過ぎてしまったら、「電話番号」と「チャージ残高」が消滅します。

でも逆に1回でもかければ、最後に使った日から1年間無料で使うことができるのです。

つまり、”基本無料で使って良いけど、1年に1回ぐらいはお金使ってね”というサービスなのです。

1回使うと言っても、

画像:ブラステル「My050」

この安さですからね。屁でもないですよね。

最終利用日の確認方法は?

1年は大丈夫と余裕をぶっこいていると、意外と過ぎてしまったりするので、最後に「最終利用日の確認方法」について紹介して終わりにします。

My050のアプリを開く

地球儀のマーク

050番号

アクセスコード入力

これで確認できます。なのでこの日を過ぎないように気を付けてください。

アクセスコードとは最初の登録後に、

・ユーザーID
・PIN番号

が送られてくるので、それを入力すればOKです。

以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

まとめ

・2021年12月1日から、My050の登録は「免許証」等が必要になった
・My050は無料だし、結構使えるアプリだけど、少し音質に難あり
基本無料で使えるけど、1年に1回は誰かにかけないといけない