【ニベアvsワセリン】効果に違いはある?【こんな人にオススメ】

「からだ」の面倒を手放す

ニベアもワセリンも、保湿に良いって聞くけど、違いがあるの?どっちが良いとかある?

という疑問に、がお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「ニベアとワセリンの謎」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ニベアとワセリンの違いは?

大きな違いは?

最初にニベアとワセリンがどんな物か、簡単に説明すると

・ワセリン:油
ニベア :油にいろいろ混ぜた物

こんな感じです。

つまり、ニベアとワセリンの違いは、『油にいろいろ混ぜてるかどうか』です。

※ちなみに、ニベアの中にワセリンも入ってます。

使いやすいのはどっち?

使い勝手が良いのは、ニベアです。

というのも、ワセリンは「THE 油」なので、塗るとかなりテカります

朝の洗顔後に塗って、そのまま外に出れるか?と言われると、テカテカが少し目立ちます。

一方ニベアは、ワセリンに色々混ぜることでテカりをおさえ、もっと使いやすいように工夫された物です。

だから、扱いやすいのはニベアなのです。

じゃあニベアでOK?

「ニベアが使いやすいのでニベアを使いましょう!」と言いたいところですが、

使いやすいように「混ぜた物たち」が、逆に肌に合わないという人もいるのです。

「じゃあ結局どっち使えば良いの?」という問いに、それぞれの特徴を紹介しつつ説明していくので、自分に合う方を選んでもらえればと思います。

では先にニベアからまとめていきます。

スポンサーリンク

2.ニベアについて

ニベアの特徴は?

○テカりが少なく、外出もしやすい
○パックにでき、肌がモチモチに
○化粧品と混ぜて使える

△混ぜ物が肌に合わない人も
△保湿力が足りないかも
△日焼けをしやすくなる

「日焼けしやすくなる」については、後述します。

ニベアはどんな人におすすめ?

ニベアはこんな人にオススメです。

①ベタベタが苦手な人
②塗ったまま外に出たい人
③化粧品と混ぜて使いたい人

①ベタベタが苦手な人

使った事ある人が多いと思いますが、本当にニベアはしっとりと肌になじみます。

ワセリンは過保護感がありますが、ニベアは「適度に保湿」という感じです。

なので、ベタつきが好きじゃない方は、ニベアがオススメです。

②塗ったまま外に出たい

ニベアはワセリンほどテカらないので、塗ったまま外に出かけやすいです。

なので、よく外出する方は、ニベアが良いかなと思います。

ただ、ニベアだけを塗って日に当たると、焼けをしやすくなるようです。以下参照。

ニベアクリームやスキンミルクに限らず、一般的に紫外線防止剤が配合されていないクリームを肌に塗ると、何も塗らない時よりも紫外線の影響を受けやすくなります。

ニベアクリームやスキンミルクには紫外線防止剤は配合されていませんので、やはり日焼けが気になられるのなら、外に出る時には紫外線防止効果のあるクリームを重ねてお使いになることをおすすめいたします。

ヤフー知恵袋に対する、花王公式サポートの回答より。


なのでニベアを塗って外出する場合は、「日焼け止め入りを使う」か、「日焼け止めを別で使う」のが良さげです。

「日焼け止め入り」はこちらがオススメです。紫外線を防止しつつ、保湿もできます。

「日焼け止めを別で使う」場合は、こちらが人気ナンバー1です。ポンプ式とボトル式があります。

③化粧品と混ぜて使いたい人

・リキットファンデーション×ニベア
・チーク×ニベア

という使い方があるようです。
(ニベアの使い方:参考記事)

他にも、リップ代わりや、パックとしても使えるので本当に万能です。

個人的に、持ち運びしやすいので、チューブタイプがおすすめです。

仕事、旅行、デート、買い物、ランチなど、小さいのでどこに行くにも鞄に潜ませやすいからです。

つまり、ニベアは

肌に合う人にとっては、「万能なクリーム」ということです。

化粧品との相性も良いので、女性に特にオススメです。

男性用ニベアもあります。

スポンサーリンク

3.ワセリンについて

良く見る黄色ワセリン

ワセリンの特徴は?

○保湿力がバツグン
○使える場所が多い
○長持ちする

△テカる
△ベタつく
△他の物にテカりが移る

特にテカりが移るのは要注意です。

例えば「スマホ」です。通話する際にどうしても頬が画面に当たるので。

あとは「よく顔を触る人」も要注意です。
ワセリンを塗ったあと顔を触り、その手でスマホやパソコンのキーボードでも触れば、テカテカになります。

とはいえ、その欠点を超える効果があるので、「ガッツリケアしたい」という方には、やはりワセリンがオススメです。

ワセリンはどんな人におすすめ?

ワセリンはこんな人にオススメです。

①かなり酷く乾燥する人
②かなり酷い敏感肌な人
③あまり外に出ない人
④夜だけケアする人
⑤色んな箇所に使いたい人

①かなり酷く乾燥する人

乾燥が酷く、ニベアじゃケアしきれない人は、ワセリンがオススメです。

ワセリンはTHE 油なので、水分の蒸発を完全にストップしてくれます。

せっかく取り込んだ水分が出て行く前に蓋をしましょう。風呂あがりや洗顔後に「すぐ塗る」のがベストです。※ニベアも同様。「スキンケアは時間が命」です。

逆に給水していないのに、蓋をするのはNGです。ワセリンは油なので、潤すことはできません。

今ある水分が出て行かないようにするだけなので、カッサカサの状態で塗っても意味がありません。洗顔で水分を取り入れた後に塗りましょう。

②かなり酷い敏感肌な人

かなり酷い敏感肌の方は、色々混ざってるニベアが合わないかもしれません。

その時は、油オンリーなワセリンの方が良いかもです。

もし、それでも合わない場合は、「白色ワセリン」を試してみてはどうでしょうか。

僕たちがよく目にするワセリンは「黄色ワセリン」です。

その黄色ワセリンから、さらに不純物を取り除いた物が「白色ワセリンで、下記からも買えますし、病院とかでももらえます。

不純物が肌を荒らしているのかもしれませんので、白色ワセリンを使ってみるのも手かなと思います。

③あまり外に出ない人

あまり外に出ない人は、ワセリンがオススメです。

要は、「人に会わないんだから、別にテカってても良くね?」って人です。

やはりワセリンは塗るとかなりテカテカします。

でも家の中にいる事が多い人は、
ぶっちゃけ別にそれでも良いですよね。

だから家で仕事するような方や、家に居る時間が長い方にはオススメです。


僕も家にいることが多いので、ワセリンに変えました。
確かにテカテカしますが、非常に効果バツグンで、「ニキビ、乾燥による白い粉ふき」もなくなりました。

④夜だけケアする人

・夜寝てる間だけしか使わない
・朝になったら洗顔して落とす

という方は、ワセリンで良いと思います。
やはり保湿力はバツグンですので。

⑤色んな箇所に使いたい

頭のテッペンから指の先まで使いたい方は、ワセリンがオススメです。

ワセリンは、
・顔
・唇(リップとして)
・手、指、爪
・髪の毛(アホ毛に)
・体
・傷口
・股ズレ
など、ホント色んなとこに使えます。

「ワセリンにケアできない箇所はない」って感じですよね。

つまり、ワセリンは

とにかく肌荒れをどうにかしたい!というには、「最強のクリーム」だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

・ワセリンは油
・ニベアはワセリンに色々混ぜて使いやすくしたもの
・どちらも体内の水を蒸発させないためのフタの役割
使い勝手が良い、種類が豊富なのはニベア
ガッツリ治したりケアしたいならワセリン
・もちろん夜はワセリン、日中はニベアという使い方もアリです


化粧水は意味ない」って知ってましたか?
僕もこれを知って一切化粧水を辞めました。
今はワセリンのみで、肌の状態が良くなりました。

女性ウケの良い匂いについて、下記でまとめました。

ハンドクリームにこだわりたい方は、こちらはどうでしょうか。

背中ニキビについては、こちらで実験中です。