【日産ラシーン】サンバイザーにカバーを作ってみた【合皮(ネイビー)】

「クルマ」の面倒を手放す

サンバイザーのカバーってどうやって作るの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「ラシーンの汚いサンバイザー」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ラシーンにサンバイザーを作りました

こちらが完成品です

先日、ラシーンの「サンバイザー」にカバーを作りました。

それがコチラです。(↓)

助手席側
運転席側

ネイビーで仕上げました。

全体図はこんな感じです。(↓ビフォー&アフター)

カッコ良くも可愛くもある感じになりました。^^

使った材料は?

カバーの素材は「合皮のネイビー」です。

長さは1.3mで余るぐらいありました。値段は1,000円ほどで、やはり本革より全然安かったです。

本日は作り方を紹介していきます。と言っても、裁縫の経験ほぼ0なので、初心者向けです。

YouTubeでもアップしてます。動画の方が分かりやすいという方は、コチラをご覧ください。(↓)

では、ここからは画像で説明していきます。

スポンサーリンク

2.サンバイザーのカバーの作り方は?

①囲える分を切る

まずは表裏を囲える分の生地を切ります。

②半分に折って片面だけ型を取る

次に半分に折って、左右のラインを書きます。

③巻いてズレを見る

次に今引いた線に合わせて巻いてみて、ズレたところにも線を引きます。

このズレが厚み(マチ)を取るのに重要になってきます。

④ミラー用の窓を作る

次にミラーを設置したいところに仮置きをします。(※この時、バイザーの表裏に注意してください。)

個人的に丸い形が好きじゃなかったので、

・鏡が落ちてこないように
・鏡の角を角ばらせるために

で、一回り小さく線を引きカットします。

ここまで出来たら縫っていきます。

⑤ズレ分ずらして縫う

先ほど引いた、「ズレた分の線」を頼りに布をズラして半分に折ります。

そして最初に引いた線にそって縫っていきます。

※厚み(マチ)を考えて線を引かなかったので、若干外側を縫いました。

終わったら、余分な生地をカットします。

⑥装着して反対側も縫う

そしたらひっくり返してバイザーを装着します。

装着した状態で、ちょうど良さそうなところに1針さします。

これで元の線とどれだけ離れているかが分かるので、あとはこの感覚を保ちながら縫って行くだけです。

縫い終わったらカットします。

⑦ポケットを縫う

次に運転席側だけ、「駐車券」「サングラス」入れを作ります。

適当な長さの布を切って、コの字に縫って行くだけです。

⑧ミラーを貼り付ける

ここまで出来たらミラーを貼り付けていきます。

ミラーはダイソーの「アクリルミラー」を買ってきました。裏に両面テープがついてるので、好きなところに貼り付けることができます。

⑨最後の一辺を縫う

そしたら残りの辺を縫うだけです。最後のひと踏ん張りです。

部品があって縫いにくいところは、特に型は取らず、その都度切って良い感じに縫います。

⑩完成

という感じで、完成です。(↓)

なかなか良い感じにできました。

スポンサーリンク

3.1つ問題点が・・・

ミラーが歪んでうつる

100均の貼れるミラーですが、歪みが気になります。ミラーを見てて、ちょっと変な感じがします。それと、ちょっとアップ気味に写るので、運転席から顔をうつすと、顔の半分ぐらいしか見えません。。

とはいえ、大きなミスなくでき、駐車券やサングラスも入れやすいので上出来です。

次また作る時は、本革でやってみたいです~^^

スポンサーリンク

まとめ

・ラシーンのサンバイザーにカバーを作った
・合皮だから安くて縫いやすいので、初心者にオススメ
・100均のミラーは使いやすいが、うつりが微妙