【酒の付き合い】飲みニケーション失敗の理由とは?【若い子を批判して大丈夫?】

「面倒くさい」を手放す
スポンサーリンク

1.飲みニケーション失敗

なぜ失敗するのか?

酒癖が悪い人は、飲みニケーション失敗してます。

「じゃあ俺(私)は大丈夫だ」
「ぜんぜん酒癖悪くないし」

と思ってるかもですが、
「酒癖が悪い=暴れる」だけではありません。

・何度も聞いた自慢話に武勇伝
・しょうもないセクハラ発言
・人の夢を片っ端から批判
・永遠と聞かされる会社への愚痴
・いつまで大学生なの?と思うぐらい飲ませたがる

そうです。
『相手するのが面倒くさい』
これも「酒癖が悪い」に入る
のです。

そして、飲みニケーションに参加しなくなる人は

利益なし

早々に「これ参加しても全く利益ねぇわ
と気づいているのです。つまり賢い人たちです。

賢い人たちは気づいてしまったので、
何を言われようがもう参加しません。

はい。これで、飲みニケーション失敗です。

スポンサーリンク

2.最近の若い子は…?

というか、最近の大人は…

「最近の若い子は…」と言われがちなので、
正直な事を言わせてもらいます。


僕は飲んベェの相手をするたびに、

「最近の大人はまだ自己管理ができないのか…
いったい何年間酒を飲んできてるんだ…
また同じ失敗を繰り返すのか…」


って思います。
(※もちろん全ての人に対してではありません。)

何回相手に嫌な思いをさせ、
何回周囲に迷惑をかけ、
何回「酒の席だから」と逃げるのですか?


これを「飲みニケーション」と言い、
『コミュニケーション』として
強要していこうという考えが怖いです。

最近の若い子は努力してる

むしろ最近の若い子は、
大企業に頼らず「個人で戦おう」と努力してます。


飲みに来てない時間は遊んでいるのではなく、
将来に向けて勉強している人が沢山います。


その時間を妨害してまで誘う価値があるのか?
を、誘う前に考えてみてください。

スポンサーリンク

3.損してるから辞めた方が良い

信頼を失ってる

いくら仕事ができる上司でも、
酒癖が悪いと信頼を失っています。


正直こちらは引いてます


「あの先輩尊敬してたのに、
酔ったらこんな感じなんだ…。
これが本性なんだな。なんか残念だな…。」

と、どんどん信頼を失ってる可能性大です。


だから良い事ないので、この記事を読んで
「自分って酒癖悪いのかも…」と思った人は
自ら飲みニケーション廃止した方がよいと思います。


家で1人で飲むか、
どうしても誰かと飲みたいのであれば
友達とかと飲んだらよいでしょう。

こちらも損してるんです

「若い時は何でもやれよ」
「どんどん挑戦しろ」
ってよく大人達は言いますが、

その時間をたった今奪っとるやないか~い。
って話なんですよ。


仕事終わりの18時~終電までの
「6時間」を僕たちから奪ってるんです。

たった6時間とか言われるかもですが、
なんならそれで生活リズムが崩れて、
後の1週間ぐらいグダグタになってるんです。

非常に損してるんです。

「飲みニケーション=良い事=参加すべきだ」
の考えは見直して
いただければ幸いです。


もちろん喜んで参加している人とは、
今後も楽しんでもらえればと思います。

ですが、嫌がってる人や
断ってる人を無理やり連れて行くのは
本当に辞めて
あげてください。

スポンサーリンク

まとめ

・飲みニケーションは「酒癖の悪さ」で失敗する。
・酒癖の悪さは「相手するのが面倒」も含まれる。
・最近の若い子より、最近の大人の方が心配。
・ 将来に向かって努力してる人の時間を
「奪う価値があるのか?」を考えて欲しい。