【母からの依頼】「のむシリカ」って何?【効果は?本当に良いの?】

「からだ」の面倒を手放す

『のむシリカって本当に良いの?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「のむシリカって何?」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.母からの頼み事

「これ頼んで」

今朝、母から急に「これ頼んで」とLINEが来ました。

その時に添付されていたURLがこちらです。(↓)

謎のURL

また何か騙されてるのでは?と思ったので、この「のむシリカ」というについて調べてみました。

スポンサーリンク

2.のむシリカに対する疑問

のむシリカって何?

その名の通り、「シリカ」という成分が多い水だそうです。

他の水と比べるとこんな感じらしいです。(↓)

とは言え、この表だけ見れば、日田天領水やフィジーウォーターも、シリカが多いじゃないかと思いますよね?

僕もそう思いました。

ですが、他の成分量を見ると、のむシリカの方がコスパが良いのかなと思いました。

シリカって何?

シリカとは、肌・髪・骨・血管・歯・軟骨・爪・細胞膜などに良い成分とのことです。

髪のコシがない方や、よく爪が割れる方は「シリカ不足」かもしれません。

摂取しなきゃいけないの?

で、そのシリカですが、飲まなきゃいけない程なの?と思いますよね。


実は、シリカは体内で生成することができないそうなんです。更に、シリカは20歳をピークに減少していくとのことです。

これは意識的に接収する必要がありそうです。

食べ物で摂取できないの?

シリカを豊富に含んでいる代表的な食品は、玄米、ひえ、アワ、小麦、ジャガイモ、トウモロコシ、ゴボウなどで、特にシリカは皮部分に豊富に含まれているとのことでした。


そして驚きなのが、ジャガイモ100gに200mgものシリカが入っているということです。とはいえ、毎日100の浮く

シリカは本当にそんな良い物なのか?

シリカについて調べると、アメリカではコラーゲンよりシリカが人気になっており、さらに医療大国ドイツでは10年連続サプリ販売部門第1位、という世界では大人気で定番化している栄養素なんだそうです。

これは期待大ですね。

スポンサーリンク

まとめ

・のむシリカはシリカを多く摂取できる
・食べ物で摂取するには、毎日ジャガイモを食べなければいけない