【ミニマリスト】「脱いだ服で散らかる」の対処法は?【2種類ある】

ミニマリスト

脱いだ服が散らかってしょうがない。何か良い方法はない?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「脱いだ服で散らかった部屋」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.脱いだ服の処置法は?

脱いだ服は2種類ある

よく「脱いだ服で散らかる」と言いますが、実は、脱いだ服には2種類あります。以下の感じです。

①脱いだあと、洗う服
②脱いでも、洗わない服

それぞれの対処法について紹介します。

脱いだあと洗う服

割と当たり前のことを言いますが、脱いだ服はそのままスグ、洗濯機に入れましょう。

ただそれだけです。どうせ洗うのですから、床や椅子に放置するのではなく、直接洗濯機に入れてしまいましょう。

脱いでも洗わない服

これも当たり前なのですが、脱いでも洗わない服は、すぐハンガーにかけましょう。

…だと、「それが出来ないから散らかってんじゃん!!」と言われそうなので、かけることが出来る工夫を紹介します。

すぐにハンガーにかければ散らからないと分かっておきながら、かけることができない理由は、「面倒くさい」たったこれだけです。

①脱ぐ場所に設置する

脱いだ服は、クローゼットなどの収納場所が遠いので、面倒くさいになりがちです。

そこで、自分が脱ぐ癖があるところに、収納を作ってしまうのです。そのためには「突っ張り棒」が優秀です。(後述します)

②かけやすさを重視する

脱いだ服をかけようとしても、クローゼットがパンパンだと、途端に面倒くさくなりがちです。

そこで、収納場所はスカスカにしておきましょう。

ミニマリストのように、服も最小限に収めると良さげです。

スポンサーリンク

2.しまいやすい収納の作り方

しまいやすい収納とは?

前述しましたが、しまいやすい収納は、以下の条件を満たすものです。

①脱ぐ場所にある
②かけやすい

つまり、どこでも設置ができて、空いている収納が良いということです。

突っ張り棒でMyクローゼット

どこでも収納を作れるのはやはり、突っ張り棒につきます。

収納はもちろんのこと、洗濯物干し竿にもなります。

洗濯をすると、水分を含んでて重くなりますが、それでも平安伸銅工業さんの突っ張り棒は、ビクともしませんでした。非常にコスパが良いです。





スポンサーリンク

3.洗濯したくなるアレコレとは?

臭くなりにくい洗濯物の洗い方は?

下記でまとめてます。

女子ウケの良い洗剤は?

下記で女性ウケの良い洗剤について書いてます。

スポンサーリンク

まとめ

・脱いだ服は洗うならすぐ洗濯機へ
・洗わないならスグにハンガーにかける
・ダルいなら自分で好都合なところに収納をつくる