【オイル交換】やり方は?必要な道具は?素人でも出来る?【オススメグッズ】

「クルマ」の面倒を手放す

オイル交換って自分で出来るの?必要な道具は?安くて良さげなのある?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「高いオイル交換代」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.オイル交換のやり方は?

2パターンある

オイル交換のやり方は、「上抜き」と「下抜き」の2パターンがあります。

この上下は、”古いオイルを、上から抜くか下から抜くか“の違いです。

初心者にオススメなのは、「上抜き」です。

その理由は、車を持ち上げなくて良いからです。下抜きは、先述した通り下から古いオイルを抜くので、車の下に潜り込む必要があります。

つまり、車を持ち上げる(ジャッキアップ)する必要があるのです。

車を持ち上げるとなると、ちょっとハードルが高いですよね。なので今回は、「上抜きを前提」として話を進めて行きます。

ここから出して、ここから入れる

上抜きは全てボンネットを開けた中で行います。

古いオイルはレベルゲージ(↓青◯)のところから出します。

黄色とかオレンジの輪っかがささっています。それがレベルゲージです。

コイツを引っこ抜いてしまい、この穴に「オイルチェンジャー」をぶっさして古いオイルを抜きます。(オイルチェンジャーについては後半で紹介します。)

そして新しいオイルはキャップのところ(↓黄色◯)から入れます。

このオイルマークが目印です。

回すだけで取れます。ここからオイルジョッキを使って新しいオイルを入れます。(オイルジョッキについては後半で紹介します。)

オイル交換(上抜き)に必要な物は?

という訳で、オイル交換に必要な物は、以下の3つです。

・オイルチェンジャー
・オイル
・オイルジョッキ

オイルの残量は?色は?

オイルの残量や色は、レベルゲージを見れば分かります。

先で紹介したオレンジ色の輪っかのやつです。

これをいったん抜いて拭く→もう1回奥までさす→もう1回抜く→レベルゲージのアミアミのところを見る→アミアミの八割ぐらい入っていればOK→その後、布で拭いて色をチェック

という感じです。

※車種によってはアミアミじゃないかもです。

オイルの種類は?

オイルの種類については、エンジンオイルの適合俵メーカーごとであります。

下記にまとめたのでご覧ください。

日産
トヨタ
スズキ
ホンダ
ダイハツ
スバル
マツダ
三菱

スポンサーリンク

2.オイルチェンジャー

それでは、古いオイルを抜き取るオイルチェンジャーについて、Amazonより良さげなのを2つピックアップしました。

3,640円(6L)

8,490円(9L)

スポンサーリンク

3.オイルジョッキ

こちらは新しいオイルを入れる、オイルジョッキです。

ノズルが長い方が使いやすいです。1Lとか小さいのは安いです。もし短いのを買うのであれば、「ジョウゴ」があった方がやりやすいと思います。

286円(1L)

463円(1L)

666円

817円+送料605円(3L)

1,100円+送料680円(5L)

スポンサーリンク

まとめ

・オイル交換は自分で出来る
・車を持ち上げなくて良い「上抜き」がオススメ
・必要な物は、「オイル」「オイルチェンジャー」「オイルジョッキ」