【悲報】「美味しい物」を食べ続けると、幸せが減る件

「面倒くさい」を手放す

美味しい物を食べると、幸せが減る?なんで??

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「美味しい物を食べた副作用」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.なぜ幸せが減るのか?

美味しくない物が増えるから

よく、「美味しい物を食べると幸せ」と言いますよね。

ですが個人的に、「美味しい物は一時的には幸せになるが、長い目で見ると不幸せかも」と思ってます。

というのも、美味しい物を食べると、美味しくない物が増えるからです。

美味しくない物が増えるとは?

たとえば、今まで、

・Cランク:美味しい

と思ってたとします。

ある日、Bランクを食べてしまい、Bランクの味を知り、Bを食べ続けたらどうでしょう。久々Cランクを食べた時に、

・Bランク:美味しい
・Cランク:マズい

になりそうじゃないですかね。

すると、今までCランクで良かったのが、Bランクじゃないと満足できなくなるのです。そしたら次はA。その次はSランク・・・と、キリがありません。


つまり、より美味しい物を求めると、どんどん「美味しい」が更新され、どんどん「幸せ」のハードルが高くなり、その結果、美味しくない物(不合格品)が急増してしまうのです。

スポンサーリンク

2.生活レベルと同じ?

生活レベルを上げるとシンドい

先で紹介したのは、食事だけではなく、生活でも同じです。

生活レベル自体、上げるとシンドくなります。

詳しくは以下で解説してます。

家賃から

まずは家賃から落としてみるのがオススメです。

月8万円のところに住むか、月2万円のとこに住むかは、まぁ差があります。

とはいえ、月2万円でも、

・風呂トイレ別
・一部屋ある
・キッチンもある

最低限必要な物はちゃんと揃ってます。

だから生活に難が出ることはありません。

月2万円のところに住んでると、旅行にいった時、部屋を見て残念に思うことがほぼないです。

普段の生活レベルが低いため、幸せを感じやすいのです。

スポンサーリンク

3.ミニマリスト思考が幸せになりやすい

これで十分

ミニマリストの「これで十分」という考え方が最強です。

一見、妥協してるようにも聞こえますが、違います。

自分が満足するポイントを知っているのです。

例えば、もっとオシャレで最先端の服があるかもです。でも実際、「自分のサイズに合う気に入った服が数着ある。」それで十分ですよね。

このように、これで十分と思え、必要以上にレベルを上げないので、幸せを感じる頻度が高いのです。

つまり、ミニマリスト=幸せ者とも言えます。

良かったら、レベルを上げるばかりではなく、あえて低くしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・美味しい物を食べると、幸せが減る
・生活レベルも上げても怖いだけ
・ミニマリストのこれで十分思考で生きる