【勿体ない】怒りをまき散らすのはコスパが悪い??【理由を解説】

「人付き合い」の面倒を手放す

なぜ怒るのはコスパが悪いの?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「怒りのムダ遣い」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.怒るのはコスパが悪い!?

なぜコスパが悪いのか?

怒り散らすのはコスパが悪いです。

理由は以下の3つです。

①エネルギーを無駄にする
②周りに感染してしまう
➂気づけるチャンスを逃す

とにかく、「怒ってる場合じゃない」のです。

その理由を解説していきます。

①エネルギーを無駄にする

怒ることは「エネルギーのムダ遣い」です。

怒りは物凄いエネルギーを生み出します。

「この野郎!!!(怒)」

みたいなやつです。

この、せっかく発生されたエネルギーを、「怒りたくなるような相手」のために使うのは、非常に勿体ないことです。

そんな相手は放置して、自らの燃料にしてしまいましょう。

ということで、まず1つ目は怒るとエネルギーをムダ遣いしてしまうでした。

②周りに感染してしまう

2つ目は、「怒りは周りに感染し、士気を下げてしまう」ということです。

怒鳴り散らすと、「場がピリピリ」します。人によっては、自分が怒られてる気分になり、委縮してしまう人もいるかもです。

すると、関係ない人にまで悪影響をもたらします。自分がキレると、2次災害・3次災害と大きな被害になってしまうのです。

ということで、2つ目は怒ると周りの人まで汚染されてしまうでした。

➂気づけるチャンスを逃す

3つ目は、怒ってると「チャンスを逃す」ということです。

そもそも怒りがわくというのは、

・図星
・嫌い、嫌なこと
・相手と同じレベル

だからです。

これらに気づけるチャンスを、怒ってると見逃します。

イラっときたら、「なぜイラっときたのか?」を考えると良いです。すると、自分の価値観を知れたり、自分のレベルを知れ、成長する糧になります。

ということで、3つ目は怒ると、せっかくの成長チャンスを逃してしまうでした。



とはいえ、人間ですから、カッチーンとくることはあります。カチンときた時はどうしたら良いのでしょうか。それを解説していきます。

スポンサーリンク

2.カチンと来たときはどうすれば良いのか?

(ステップ1)やってしまう

カッチーンときたらすぐ、「やるべきこと」「先延ばしにしていたこと」に手をつけましょう。

怒ってるので少々雑にはなるかもですが、そもそもだいたいのことは完璧にこなす必要はないので、「完了すればOK」と思えば、怒った状態で少し雑にやるぐらいが丁度良いのかもしれません。

結果、猛スピードで終わらせることができるはずです。

(ステップ2)手を打つ

怒りのパワーは使い勝手が良いですが、そんなしょっちゅう怒りたくはないですよね。胸くそ悪いですし。

なので、さっさと片づけたら、2度と同じようなことで怒らない」ように手を打ちます

たとえば、「部下が発注ミスをする」ことが怒りの原因なのであれば、

・発注をかける前に、「必ずチェックをする」ようにする
・同じことがまた起きたら、「陳列を変えて対処する」と決めておく

とかです。

怒りがわいたらせっかくなので使う。だけど、毎回同じようなことで怒るのはムダなので、怒らないで済む仕組みをつくる。

(ステップ3)寝て忘れる

そして最後は忘れましょう。

怒りをいつまでも引きずってては、相手の思う壺です。

さっさと寝て忘れてしまいましょう。これが1番自分のメンタルに良いです。

スポンサーリンク

3.怒る人も遠ざけた方が良い?

被害に遭わないように離れる

怒ってばっかの人からは、離れましょう。

超短気ですぐに怒る人がいますよね。怒ることで、相手を支配しようとする人です。そういう人の傍にいると、自分が被害者になってしまいます。

そんな人間関係は切った方が良いです。

そこで使えそうな、DaiGoさんの本を2冊紹介します。

人の整理整頓をする

1度知り合った人と、ずっと付き合わなきゃいけないことはありません。嫌ならどんどん手放しましょう。

ストレスを操る

ストレスに振り回されるのではなく、ストレスをこちらが「操ってみる」のはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

・怒り散らすとせっかくのエネルギーをムダに使ってしまう
・カチンときたら、やるべきことをさっさとやってしまう
・すぐに怒る人からは離れた方が良い