【思い出の物の手放し方】縛られる必要あるか?【思い込みは怖い】

ミニマリスト
悩める人
悩める人

え?思い出の物捨てるの?それは冷た過ぎんか?

というお声に、「思い出の物を、ぜんぜん大事にしてない僕」がお答えします。

結論は、大事にすべきは思い出の品ではなく、思い出。

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、
かなりの「めんどくさがり屋」です。

心身ともにもっと身軽で生きたいと思い、
物・ムダ・不安・ネガティブ・手間・ストレス・嫌い
などの、『手放し方』を発信しています。


目次
1.「思い出の物」を手放す方法
2.
3.
4.まとめ

スポンサーリンク

1.「思い出の物」を手放す方法


覚えてないのは「しゃーない」

思い出の品を手放す方法は、
「覚えてないならしょうがない」
と割り切り切って、捨てちゃうことです。

手放せないのは、
「思い出を忘れちゃいそうで怖いから」ですよね。

でも、冷静に考えてみたら
「思い出の物」が無いと、思い出せないような過去
そんなに重要じゃないって事だと思いませんか?



スポンサーリンク

2.それぞれの思い出の物


写真


写真はその辺の時代をあらわす1枚があれば良いと思うんです。

20~25歳までをあらわす1枚。っていう風に。

それが難しければ、

「〇〇旅行の1枚」
「卒業式の1枚」
「結婚式の1枚」
「仕事の1枚」

という風に、イベントごとで1枚に厳選する。
そうすると、枚数が少ないからこそ見返すのも簡単。

それに、濃い1枚の集まりだから、
見返していても楽しいし、
アルバムを渾身の写真集みたいにしていきましょう。

子どもの描いた絵


ぶっちゃけ、
自分が子供の立場なら「要らない」って思うので
手放して良いのでは?と思います。

もし、親御さん自身が持っておきたいのであれば
もちろん残して良いと思います。

もし、子どものために残しているのであれば
ほぼ100%いらないのではないかと思います。

卒アル(卒業アルバム)

これもぶっちゃけると、
なぜ他の子の写真まで持たないといけないのか?
と思う派です。

・めちゃ重たいし
・分厚くて場所取るし

それに今はSNSでいつだって友達の写真が見える時代です。わざわざ写りも大して良くない昔の写真を持っておく必要はないと思います。それに見たくてしょうがなくなったら、友達に頼めば全く同じ物を持っていますしね。まぁそんな見たくてしょうがなくなることなんてないんですが。。だいたいこの手の物は、片付けている最中に出てきて、懐かしくて見出して片付けが進まなくなるって時にしか見返さないものなんですがね。


ちなみに僕は、
幼稚園のアルバム→捨てました
小学校のアルバム→無くしました
中学のアルバム→無くしました
高校のアルバム→捨てました
大学のアルバム→申しさえせず


って感じで1冊も持っていません。
でも1度も後悔してません。

お土産

お土産に思い出があるのは、買ってきた人です。


お土産って食べられるお土産以外いらなくないですか?

旅行先の陶芸品みたいなの買ってこられても、困りませんか?よっぽど好きな物でしたら良いですが、興味の無い木彫りの熊なんか勘弁してほしいですよね。

だから誰かからお土産(置物、身に着ける系)をもらったら、写真を撮ってお土産をくれた人に送って、ありがとうございます。を告げてから売るなり譲るなり捨てるなりして処理しています。

人からもらったから捨てられないなんてバカらしいと思います。
嫌々持つことの方が物にも相手にも失礼だと思うので、気に入らないのであればすぐに手放すべしです。

それにお土産って、旅行に行った人の思い出の品であって
こちらはそれを見ても何も思い出しません
よね。
完全に買った側のエゴですよね。


スポンサーリンク

3.


スポンサーリンク

4.まとめ




スポンサーリンク

1.思い出の品を捨てる方法

□思い出の品が無いと思い出せない=大した思い出ではない

覚えておきたい思い出は、強烈に自分の頭の中に残っているもの。
もし、思い出の品(写真や物)を見ないと思い出せないのであればそれは自分にとって大事な事ではないということ。

だから忘れた思い出というのは、忘れる程度のものだったってことです。

大切な事はすべて頭に残っています。物がないと思い出せないという事はありません。
しっかり自分が思い出そうとすれば蘇ってきます。自分の頭を使って思い出そうとしてみてください。

まずは思い出について次のことを認識してください。
忘れる程度の思い出は思い出ではない。
だから物を見ないと思い出せない思い出は別に思い出さなくて良い。
本当に必要な事は自分の脳が覚えてくれている。

□過去に要領を取られると、これからの未来が楽しめない


過去の事ばかりに時間を割いていると、今が楽しめない。今が楽しめないと未来が楽しくならない。

過去は過去。どれだけ思い出にひたっても過去は変えられません。変えられるのは今です。今を変えると未来が変わります。
明日になると、今日は過去になります。人生はどんどん過去になっていくのです。過去は増える一方です。

これをiPhoneで例えると、iPhoneはSDカードがさせないため写真の保存できる量が決まっていますよね。だから過去の写真をあれもこれも、と残しておくと今の写真が保存できなくなりますよね。1000枚保存できるけど、995枚すでに保存していたとしましょう。残り5枚しかありません。今を楽しんでいたらその楽しい風景を残したいから5枚なんてあっという間になくなりますよね。だけど5枚しかないから残りの枚数を気にしながら写真を撮らないといけません。本当は連写した方が面白い写真や、奇跡の1枚が撮れるかもしれないのに。。要は今を思いっきり楽しめないですよね。

だからこそ、995枚の画像を10枚とかに厳選して空き容量を990枚にして遊びに行こうよ!って事。何があるか分からないし、楽しい瞬間を撮れるチャンスをもっと増やそうよ。今が楽しいと、過去もキラキラしてきて、楽しい思い出が脳にたくさん焼き付いて、未来も楽しくなる。この好循環を得るためには過去より未来に要領を渡してあげよう。

□さっさと捨てて身軽になって今を楽しめ!


元カレからもらったネックレス、元カノからもらった香水。
前の旦那との写真、亡くなった祖母の使っていたミシン。
お世話になっている人からもらったプレゼント。

思い出を思い出すための物なら、そんな物さっさと捨てて
今に目を向けて楽しみましょう。

忘れてしまったら忘れてしまったで良いじゃないですか。
そんなもんやったんやなと割り切れば良いんです。
そしてもっと記憶に残るような思い出を作ってみせると、どんどん行動していきましょう。

過去の思い出を捨てた瞬間本当スッキリします。
皆さんも経験ないでしょうか?昔の恋人との思い出の物を思い切って捨てたら、気分がスッキリして前向きになれたことが。

□プレゼント


プレゼントもお土産と同じく、もらった瞬間が最大なんです。

プレゼントとは、人に贈り物をする事です。贈るという事は相手に物を与える事です。
要は与えたらお役目終了ってことです。

その後、気に入れば使えば良いし気に入らなけらば好きに処理したら良いのです。もう所有権は自分にあるのですから、煮ても焼いてもこちらの勝手です。

ですがくれた事にはきちんとお礼をしましょうね。最初から「こんな物いらない」なんて言わずに。

まぁ喧嘩にならないように
普段から「俺に消耗品以外のプレゼントはしないで」と言っておくのが良いです。

それか現金。ですね。

スポンサーリンク

3.まとめ

物との付き合い方を自分なりに持っておかないと、物は減りません。

僕は思い出の物だからといって何でも取っておくことは愚かだと思います。なんだかそれの方が安っぽい。

厳選した数点を大切に持っておく事に意味を感じます。

今回紹介した考え方がお役に立てれば嬉しいです。

ちなみに処理方法ですが、僕は宅配買取をオススメしています。
ダンボールに詰めておくだけで集荷にきてくれて、買い取ってくれるんです。申し込みの時に口座を登録しておくので、買取金額を振り込んでくれます。
こちらがするのは、申し込みとダンボールに詰めるだけです。