【体験談】パニック障害を克服した、たった1つの考え方【7年目】

「面倒くさい」を手放す

パニック障害になってしまい、毎日がシンドいです。どうやって克服したら良いでしょうか?

という悩みに、7年前にパニック障害を発症し、ほぼ克服した僕が答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「パニック障害」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.パニック障害を克服した考え方とは?

そもそもパニック障害って?

人によって症状は様々かもですが、基本的に、

不安を強く感じる

動悸・吐き気・汗が止まらない

パニックになる

こんな感じです。これが繰り返されて、どんどん出来ることが減っていきます。

例えば、僕の場合だと、

・乗り物に一切乗れない
・ご飯がほぼ食べられない
・閉ざされた場所に長時間居れない
・人の多いところで意識が遠のく
・匂いがある物が全くダメ

・・・

など。一時期、外に出れなくなるほどでした。

19歳の時に発症して、50kg近くあった体重が、一気に36kgまで落ちました。

そんな僕が、7年間パニックと戦ってきて見つけた「(僕なりの)克服法」を紹介します。※もちろん、全員に効くわけではないと思ってます。ただ、1人でも救えたら嬉しいです。

では、さっそく。

「自分=他人」にする

パニック障害を克服する、たった1つの考え方は、「自分を他人事として見る」これだけです。

というのも、パニックになるのは、”不安になりすぎるのが問題“だと思うからです。

極度に心配性」だったり、「極度に真面目」だったりするため、1の問題を10で受け止めてしまいます。他人から見たら、「心配し過ぎ」と見えてると思うのですが、この性質を使います。

言い方悪いですが、ぶっちゃけ、「赤の他人の事はどうでも良い」じゃないですか。だから、自分さえも他人に仕立て、「へ~」と軽く受け止められるようにするという策です。

責任逃れをしろ、ではない

とはいえ、「責任を他人になすりつけろ!」という意味ではありません。

重く受け止めすぎないように”する事が目的です。

他人事にするメリット

他人事にすることは、パニックに効く以外にもメリットがあります。

具体的には、

【 何か問題が起きる 】

へ~。そうなんだ~

こうしてみたら~?

と、どこかの誰かにアドバイスする感じなので、ほぼノーダメージで、冷静な判断まで出来るという、メリットがあります。

「楽観視し過ぎでは?」と思うかもですが、元々スーパー心配性で、悪い方悪い方に考える僕らパニック勢は、楽観視してやっとトントンです。

なので恐れず、どんどん他人事にしていってください。


なので、まとめると、パニック障がいを克服するには、「他人事で考える」ということになりあmす。

たったこれだけのことですが、これに気づくまで何年もかかりました。

せっかくなので、もう少しパニック関連の話をしようと思います。ここまでの話、病院や薬の話、今まで試した克服法、後遺症についても書いてみようと思います。

気になる方だけ、以下をごらんください。

スポンサーリンク

2.病院には行かなかったのか?

心療内科に行きました

僕は病院が嫌いなので、スグには行きませんでした。

でも、バイトで立てなくなった時、やっと病院に行くことを決めました。

福岡市にある、「新しい風」という心療内科クリニックにしました。ググった感じ、パニック障害関連で有名だったからです。完全予約制で、半年待ちだった記憶があります。

そこで薬をもらいました。
最初はよく効きました。

ですが、段々と体が慣れてきてしまい、効きづらくなってきました。

なので、市販の吐き止め(↓)も飲んで、騙し騙しなんとか生きてました。

「もっと強い薬をもらおう」と考えてた時、ふと、「これキリがないのでは?」と思ったんです。

その時から、メンタルを変えようと決め、冒頭で紹介した「他人事」が生まれたのです。

動悸・吐き気などを緩和させる策

実際に僕がやっていた、パニックの症状を緩和させる策を紹介します。

・アネロン(吐き止め)を飲む
・常に自律神経を整える曲を聴く
・長時間退出できない時はオムツを履いて
・早寝早起き

オムツに関しては実話です。大学時代です。パニックの延長で、心因性頻尿になりました。

【睡眠用BGM 】優しい雨の音とディズニーの名曲で眠る癒しの音楽【作業用BGM 】 震災からたった半年で都会に一軒家! 数時間の作業で自由な生活を手に入れる方法 http://ba
スポンサーリンク

3.完全に治ったのか?

後遺症が残っている

19歳の頃発症して、現在25歳です。7年経ちましたが、まだ完治できていません。

「後遺症」の具体例は以下の感じです。

・人の運転に乗れない
・人前でご飯が食べられない
・逃げられない環境だと汗が止まらない
・運転中に意識が飛びそうになる
・何度もトイレに行く

・香水系の匂いが全くダメ
・・・など。

とはいえ、当時よりは全然良いので、気長に付き合っていきます。

周りの人とのうまい付き合い方

パニック障害で、周りの人にどう打ち明けようか悩んでる人も多いです。

別にわざわざ打ち明ける必要はないと思ってますが、もし、言わなきゃいけない場面が出てくれば、「明るく素直に言う」で良いと思います。

最後にいくつか例をあげて終わりにします。

(例1)誰かの車に乗らなきゃいけない時

俺、昔から人の運転スグ酔うんよ~!
やけん俺の運転でもいい?

※それか各々の車で行く
※それか乗せてもらって即行寝る

(例2)外食に誘われた時

俺、外食にがてなんよ~!
家でダラダラ食べる方が好きでさ!
やけん良かったらウチで鍋でも食べん?

※それか自分の行きつけに行く

(例3)2時間もある試験

事前に試験官に、
「僕パニック障がいというやつで、
途中で気分悪くなって出て行くかもです。
そういうのって大丈夫でしょうか…?」
と聞いてみる。

※それか別室で受ける
※それか扉のすぐ横、もしくは最後列で受ける

(例4)運転中に意識が飛びそうになる

ごめん!ちょっと休憩していい?
俺集中力ないけん、ずっとは運転しきらんのよ~
コンビニ寄ってアイスでも食べようや!

※それか交代してもらって、横で寝る

(例5)買い物中、何度もトイレに行く

ほんっとごめん!
俺頻尿なんかってぐらいトイレ近いんよ!
30秒で戻るけん、先行ってて!すぐ追う!

こんな感じです。

明るく、「ゴメン!俺こんな調子やねん!」で良いと思います。

こっちが暗い顔で言うと、雰囲気が重くなるので、笑いながらサラっとが良いです。この言い方で気分を悪くする人は、少ないと思うので。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

まとめ

・パニックを克服するには「他人事」で考える
・薬はキリがない
・周囲には、明るく正直に話す