【パニック障がい】動悸・多汗・不安で美容室に行けない【対処法】

「面倒くさい」を手放す

パニックになり、美容室が怖くて行けません。でも髪が伸びて困ってます。対処法があれば教えてください。

というお悩みに、当事者がお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「美容室の恐怖心」を手放します。

スポンサーリンク

1.パニックで美容院に行けない?

19歳でパニック発症

僕は19歳で、パニック障がいになりました。

そのせいで、「すぐに逃げ出せない場所」に居る事が出来なくなりました。

乗り物や教室、歯医者、人込みなど色々ありますが、「美容室」もその1つです。

美容室が怖い

僕の場合、逃げられない場所に行くと「動悸・吐き気・めまい・汗」が止まらなくなります。

だから美容室の椅子に座って、“首にタオルを巻かれた瞬間”この症状が出るのです。

頭の中が、
「ここで吐いてしまったらどうしよう」
「迷惑をかけてしまう…」
「平常心を保たなきゃ」
こんな事でいっぱいになるのです。

もうパニックです。

みんなに聞こえるぐらい大きな動機に、呼吸も浅く速く、今にも吐きそうな顔は青ざめており、汗が滝のように流れて止まりません。

たちまち、汗で髪がビショビショです。

そんな自分の顔と、心配するスタッフさん、他のお客さんたちの顔が鏡越しに見えます。

・タオルをくれたり
・お茶をくれたり
・扇風機をあててくれたり
・うちわであおいでくれたり
・大丈夫ですか?と言ってくれたり



でもそれが、逆にプレッシャーになり、症状は悪化する一方です。

と、まぁそんな経験から、僕は美容院に行けなくなりました。大学2年の頃でした。

とは言え、髪はお構いなしに伸びてくるし、カッコつけたい大学生だったので、次で紹介する方法で解決しました。

同じような症状の方の助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

2.対処法3つ

僕は以下の3つを試しました

①セルフカット
②1対1完全予約制
➂1,000円カット

です。
1つずつ理由と共にお話します。

①セルフカット

まず最初に試したのが「セルフカット」です。

「自分で切るなんて」と思うかもですが、美容師さんも同じ人間です。

彼らに出来るなら自分にもできると思いました。てかやらないといけない状況でした。

幸いにもYouTubeにセルフカットの方法
あがっているので参考にして助かりました。


セルフカットのメリットは、
・もうパニックにならなくて済む
・自分の好きなように切れる
・待ち時間がないので短時間で済む

事です。


失敗する時の事を考えて諦める人が多いようですが、
逆に好きなように切れるので良いですよ。

ありませんかね、
美容院に行って写真まで見せたのに
「全然ちがう」ってこと。


意外にもあれが解消されます。

②1対1完全予約制

完全予約制の美容院に行くのもオススメです。

もう少し詳しく書くと、

・スタッフが1人だけである事
・お客さんも自分1人である事
・毎回同じ人が切ってくれる事
・その人が話やすい人である事


です。


とにかく自分が「緊張しない環境」を探すのです。


その環境が最重要だったので、
他はあまり気にしてませんでした。

だから正直に言うと、
・技術があまり高くない
・その割に金額が高め
・だからお客さんが少ない

という感じのとこに行ってました。


ただ、オーナーさんが個人で
こじんまりとやってる感じなので「落ち着ける」んです。


他の方がいないので相談もしやすく、
パニックである事も話せます。

話すと気が楽になりもっと居やすくなります。


融通も効きやすくオススメです。

➂1,000円カット

僕が最後に行きついたのが「1,000円カット」でした。

・値段で決めたのか?
・美容室行けないのでは?

と、思うかもですが、

値段ではなく「スピード」で決めました。

1,000円なので時間はかけられません。
たった10分で終わります。
それが僕にとって好都合だったのです。
10分ガマンすればOK”だからです。

美容院苦手組からすれば、
髪を洗ってほしいわけでも、
頭をマッサージして欲しいわけでもありません。
早くこの場を立ち去りたいのです。
だからスピードは大事なのです。


もちろん最初からはムリです。
パニックになった当初、1,000円カットも無理でした。


セルフカット

完全予約制

1,000円カット

と段階を踏んでやっとここまでこれました。


ポイントとしては「オジサン」を選ぶ事。


若い人はめちゃ喋りかけてくるので苦手です。
ちょっと不愛想なオジサンが丁度よいです。


避けられがちな1,000円カットですが、
値段ではなく時間に注目すると
非常に魅力的でありがたいお店だと思います。



では最後に3つの対処法を実践するにあたって
「これを使うと良いよ」
というのを紹介して終わりにします。

スポンサーリンク

3.これを使うと良い

セルフカットはギャッツビーのハサミを使用

セルフカットで使っていた「ハサミ」はこちらです。

100均にもスキばさみがありますが、
・ひっかかって痛い
・バッサリ切れる

のでレベルが高いです。

失敗する事を考えたら、ギャッツビーぐらいの物を買っておいた方が良いです。

1,000円ちょいなので、美容院1回分より圧倒的に安く、1回買えば何度も使えるのでコスパ最強です。

ホットペッパービューティーで探す

完全予約制の美容室を探すのは、「ホットペッパービューティー」というアプリが良いです。

理由は、


・美容院を探しやすい
・スタッフの顔が見れる
・スタッフの人数が分かる
・完全予約制の店か分かる
・店内の写真が見れる
・口コミが見れる
・24時間ネット予約できる
・ポイントが貯まる
・クーポンがある

からです。


パニックの人間からしたら、予期できないことが不安として重くのしかかります一か八かで行くのはリスクが高過ぎます。

ハズレだった時の数時間は、地獄のように感じますから。

だからある程度事前に情報が分かる、ホットペッパービューティーは重宝します。

> ホットペッパービューティー

QBハウスを利用

最近は「QBハウス」というお店にはまってます。

内容は以下の感じ。

・1,200円
・10分
・カットのみ

他にも1,000円カットがある中で、QBハウスにはまった理由は、

カット後に、美容師さんが「トップ5cm、他12mmと、お願いするとクセが綺麗に消えますよ」とアドバイスくれたからです。

僕がクセ毛で、そのクセが消える長さを、質問してないのに、教えてくれました。

こんな具体的なアドバイスをもらったのが初めてで、しかもそれが1,200円しか払ってないのにもらえて感動しました。


そんなQBハウスの、
・店舗検索はこちら(海外にもあります)
・アプリはこちら

良かったら利用してみてください。

コツコツ克服

こんな感じで、7年前まで恐怖の場所でしかなかった美容院を克服してきました。

いきなりは難しくても、工夫をしていけば少しずつ克服できます。

ゆっくり試してみてください。

最後に「7年前の僕に一言」いうとすれば、

髪を切らなくても死なないし
髪を切るのを失敗しても死なないし
美容室に行けなくても死なない
だからそんなに落ち込む必要ないよ

って感じです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

まとめ

・パニックで美容室に行けなくなるかも
・対処法は3つ
①セルフカット
②完全予約制
➂1,000円カット

・諦めないで自分に合う方法を探す
・克服は出来るから落ち込む必要はない