【最低限これだけ必要】ペット(犬)を飼うといくらかかる?【エサ・注射代は?】

「お金」の面倒を手放す

犬を飼いたいんだけど、1匹飼うとどれぐらいお金がかかるんだろう…

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「犬を飼う前の、お金の不安」を手放していきます。

僕は実家や祖母の家で、今までに計6匹(雑種・トイプードル・シーズー・ヨークシャテリア)を飼ってきました。

ただ、自分で飼ったことがないので、「いったいどれぐらいかかるんだろう…」と疑問に思い、今回まとめてみました。

スポンサーリンク

1.犬を飼うにはいくら必要?

約200万円

生涯で約200万円です。

こう聞くと高い感じがしますが、「家賃8万円」の所に住むと2年で約200万円です。

つまり、「家賃4万円」の所に住めば、4年でその分を浮かせることができます。こう考えると、ぜんぜん飼えそうですよね。

福岡なら、家賃が安くてペットOKなところ結構ありますし。

200万円の内容について、以下でザックリまとめましたので、ご覧ください。

エサ代は月1万円

エサ代は月1万円と思っておけば、十分カバーできます。

一言でエサと言っても、餌にも「グレード」があります。それに、犬のサイズによって「食べる量」も違います。

どんなエサをあげるか?どれぐらい食べるのか?によってエサ代も変わってきます。

目安として、

・小型犬:約3,000円
・大型犬:約6,000円

これプラスおやつ代を考えて、まぁ1万円見ておけば大丈夫でしょ、という計算です。

つまりエサ代は、年間12万円ですね。

注射は年3,000円

犬は1年に1回、「狂犬病の注射」を打たなければなりません。

この注射は打ちたい人だけではなく、「義務」です。

狂犬病は感染すると、ほぼ100%死ぬと言われてます。なので、絶対打たなきゃダメです。

消耗品が年5,000円

あとは消耗品ですね。

ここは振れ幅がかなり大きいので、年間5,000円に設定しました。5,000円だと、リードと寝床(布団)を買い替えるぐらいなら出来ると思います。

・リード
・首輪
・寝床
・クシ
・おもちゃ
・ご飯を食べる器
・ケージ
・服
・ウンコを取る用具
・トリマー
・おむつ
など…

あとはどこまで手をかけるかによります。

以下のようなデータもあるので、良かったら参考にしてみてください。
>ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査(令和元年)」


こんな感じで、「エサ代:年12万円」に「注射と雑費:約1万円」をたして、最低限『年間約13万円』必要かなと。

そして、15年生きるとして、13万円×15年=195万円という感じになってます。

スポンサーリンク

2.注射は必要か?

絶対的に必要(罰金アリ)

厚生労働省より

厚生労働省により、「狂犬病まじで危ない!かかったら死ぬで!!」と警告されています。

最近では、こんなニュースも耳にしました。

国内で14年ぶりに狂犬病を発症(2020年5月)
>

人が狂犬病に感染すると、およそ1ヵ月~1年の潜伏期間を経て発症します。頭痛や発熱、嘔吐や下痢などののち、一時的な錯乱、水を見ると喉の筋肉がけいれんする恐水症、風を感じるとけいれんする恐風症、幻覚、麻痺などが起こるそうです。

残念なことに、 狂犬病の有効な治療法はありません

なので、必ずワクチンは打ちましょう。ワクチンを打たなければ「罰金」です。

狂犬病が分かる動画

以下の動画を見ると、狂犬病の恐ろしさが分かります…。

3.予防接種を受けるには?

①まず犬を登録

犬を飼い始めて30日以内に、役所で登録をしましょう。

人間でいう、住民票的なやつです。これをすることによって、 毎年「予防接種の案内ハガキ」が届きます。

②犬を会場に

ハガキには「いつ・どこで」注射するよってのが書いてあるので、犬を連れて行って注射してもらいます。

注射自体は、すぐ終わります。

怖がる犬だとちょっと大変ですが、犬のため、人のためと思って、年に1回なので頑張ってください。

まとめ

・犬を飼う費用は一生涯で約200万円(※個人差アリ)
・年1回の狂犬病のワクチンは必ず行うこと
・狂犬病にかかってしまうと、ほぼ100%死亡してしまう