【ピアノ】調律師に教えてもらった「長持ちさせるコツ」とは?

「面倒くさい」を手放す

ピアノを少しでも長持ちさせるコツってある??

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「ピアノの痛み」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.調律師さんに聞いたピアノを長持ちさせるコツとは?

「湿気させない、乾燥させ過ぎない」

ピアノの調律師さんに、「湿気から守ってあげて」と言われました。

ただ、乾燥させすぎも良くないようです。

湿度調整剤を選ぶべし

乾燥させすぎないために、シリカゲル(乾燥材)ではなく、『湿度調整材』をピアノの中に入れてあげると良いと教えてもらいました。

湿度調整材(しつどちょうせいざい)とはどんな物かと言うと、

・高湿度時:湿気を吸収
・低湿度時:少しずつ水分を放出

という、なんとも頭の良いグッズなのです。


そんな湿度調整材ですが、いくつか種類があります。僕は「安い」という理由だけで、「PIANO MATE(ピアノメイト)」という商品を選びました。

1袋に、大と小1個ずつ入ってます。

いくらで、どこで買える?

Amazonで1,680円で売ってました。2個セットなので「2年分」です。

つまり、1年で840円なので安いですよね。

スポンサーリンク

2.実際にセットしてみた

どこに置くの??

アップライトピアノの場合は、上側と下側に置きます。

小袋は吊り下げて」と書いているのですが、どこに下げるのか分からないので挟みました。(笑)

ちょうどフェルトのところに挟むと、落ちてきません。

耳が出てますが。(笑)

まぁ見る度に、調整剤のことを思い出して良いかなと思います。

下はちょっと開けて、放り入れました。

暗いのでフラッシュをたくと、こんな感じです。

入り口付近は何もないので、そこに置きました。

下の開け方はこんな感じです。

バネを手で押して、そのあと中央のつまみを引くだけです。戻すときは、押すだけなので超カンタンです。

簡単で安く済むのでぜひやってみてください。

スポンサーリンク

3.調律師さんはどこに頼んだ?(福岡)

9社を検討

以前、”福岡県北九州市でお願いできるピアノの調律師さん“をまとめてました。

その中でダントツ安かった、「ピアノ再生のスエヨシ」さんにお願いしてみました。

一言でいうと、『めっちゃ安くて、めっちゃ丁寧』でした。非常に当たりの調律師さんです。とても優しく、話しやすく、集中力が凄く、熱心な方でした。

金額は?

約4時間ほどの作業で、合計2万900円でした。

内訳はこんな感じです。

・調律費:7,000円
・修理費:8,000円
・出張費:4,000円

久留米から来てもらったので、少し出張費はかかりますが、非常に丁寧に作業をしてもらってこの額なので、かなり納得です。

良かったら利用してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・ピアノを長持ちさせるには、「湿度調整材(Amazonで1,680円)」を入れよ
・アップライトピアノの場合、上から吊るして、下に放り入れる
・福岡県なら「ピアノ再生のスエヨシ」さんがオススメ調律師