【ラベルをはがすだけ】替えのボトルなんて必要無し【タダでお洒落】

「片づけ」の面倒を手放す
悩める人
悩める人

替えのボトルを買わずに、タダでお洒落なボトル作れないかな~

という悩みに、「クッソ面倒くさがり屋の僕」がお答えします。

目次
1.マジでラベルはがすだけ
2.ラベルをはがす「もう1つの理由」
3.もうひと手間だけ
4.まとめ

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、完璧にしたがりな「めんどくさがり屋」です。

自分が楽できるように、日々身の回りを改善して行っているので、
その片づけ方法や、効率の良い物の配置・使い方、ミニマリストの情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

1.マジでラベルはがすだけ


▷無料&手間ほぼ無し

☝コレお酢です。

ラベルをはがしただけで、何だかお洒落になったと思いませんか?
めちゃくちゃシンプルで清潔感ありますよね。
ラベルをはがすだけで、これだけノイズを消せるんです。

よく雑誌などで紹介されている、
・同じ容器に詰め替えて
・ネームを書いて
とかと比べると、「統一感」という点で負けるかもしれません。

でも、
・手間がかからない
・お金がかからない
・センス不要で、お洒落感get
・容器がそのままなので、ある程度何が入ってるか分かる
と、これだけの良いところがあるのです。

「タダ」で「簡単に出来る」にしては十分だと思いませんか。



・いちいち別のボトルを買うのダルい
・買っても詰め替えるのダルい
という方は、やってみる価値ありです。
なんてったって「タダ」ですし、
かかる手間は0.0000001mmぐらい(どれぐらい)ですから。

▷実は統一感を出せなくもない

特に匂いとかにこだわりがなければ、
既製品のボトルで統一感を出せます。

例えばバスマジックリン1つ買うにしても、
部屋を「緑」で統一したい方は、
「スプレー部分が緑色」のマジックリンを選べば良いのです。

ラベルをはがしても、持ち手の緑部分は残るからです。

他には質感で統一感を出す手もあります。
ステンレス系、プラスチック系、紙系、コンクリー系、布系など
わざわざそれ用の容器を買わずとも、
工夫1つで「商品」と「統一感」の両方をゲットできるのです。

スポンサーリンク

2.ラベルをはがす「もう一つの理由」


▷家で宣伝する必要無し

ラベルを貼ったままにしておくのは、
家でも宣伝してあげているのと一緒です。

「ローズの香り、1日中続く!!」
とか。
「30%増量お得ボトル!」
とか。

とにかくお客さんに見つけてもらうための、
ド派手なラベルがうるさすぎるのです。

そんなド派手なラベルは、家で悪目立ちしすぎます。
せっかく統一感を出しても、ブチ壊されます。

だから、なんだか部屋がゴチャゴチャしていて嫌だなぁ
と思ったら、ラベルをはいでみたら解決するかもです。

▷そもそもラベルの意味とは

ラベルは「お客様に買ってもらうため」に貼ってあるのです。

という事は、
「買っと同時に、ラベルの役目は終わった」と言うワケです。


結論、
『ラベルは購入後すぐに抹消して良い。
貼ったままにしておく必要は無し。』
というワケなのです。

スポンサーリンク

3.もうひと手間だけ


▷買って帰った時点で袋から出す

よく使う物であればあるほど、袋から出して露出させておくべきです。

理由はシンプルで、
使う時の手間がかからないからです。


他にも、袋から出すメリットとしては
・1アクションで取れる。いちいちイライラしない。時短になる。
・在庫の見える化。買い忘れを防止。
・パッケージやラベルがなくなり、スッキリ。
・物が隠れない(買い物袋に入れたままとか)。ダブリ買い防止。
などなど。

このように、買ってきた日に全部出しておけば
次の日からが本当にラクなんです。

このひと手間をするかしないかはあなたの自由ですが、
毎日30秒の手間をかけるぐらいなら最初に1分の手間で済ませておいた方が
賢い選択だと思いませんか?

人は、その30秒の手間が嫌で
段々散らかっていくものです。

□使いたい時にすぐ使えるようにしておく

ファーストタッチで目的物が取れる状態を目指す。

要は「1アクション」で、「取りたい物が取れる状態」にしておきましょって事です。

例えば、頭痛薬のイヴをいちいち箱にしまうのは僕はナンセンスだと思うんです。
だって使うたびに箱を開けないといけないじゃないですか。

他にも、トイレットペーパーを買った時の袋に入れたまま収納するのも同様です。
トイレットペーパーを替える度に、袋を取る→トイレットペーパーを取り出す→袋をしまう
この一連の動作をしないといけないじゃないですか。

使う度に毎回この動作をするのは、なんだか無駄だなぁと思うのです。

▷出しておいて損は無い物

消耗品・よく使う物・セット入りになっている物が良いです。・トイレットペーパー
・インスタント系
・生理用品
・薬関係
・コンタクトの消毒関連
・電池
・コピー用紙
・カイロ
・マスク
・箱ティッシュ
・弁当の中身を小分けにする入れ物などなど。

あなたにとって使用頻度が高い物を出しておけば良いです。
毎日毎日いちいち出すよりはまとめて1回で済ませておくと本当に楽ですよ。お試しあれ。

▷注意点

唯一の注意点としては、ラベルを剥ぐと「詰め替え」を買う時に、『自分が何を使っていたか分からなくなる事』ですかね。

スポンサーリンク

4.まとめ

・タダでお洒落度をupさせるには、ラベルをはがすだけでOK。
・ラベルという広告は、「買ってもらうため」のものなので、買った時点で役目は終わっている。
・広告がなくなるだけで、ド派手なノイズがなくなり、かなりスッキリする。
・ すぐに取り出せるように、買ってきてすぐに袋から出しておく。取り出しやすいと言うことは、使いやすくしまいやすいと言う事。在庫管理しやすいし、ダブり買いもなくなるのでオススメ。