【楽天銀行のカード】コスパがいい1枚とは?【メリット・デメリット】

「面倒くさい」を手放す

楽天銀行の口座を作ろうと思うんだけど、カードの種類が色々ある…。どれがコスパ良い?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「楽天銀行のカード選びの手間」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.楽天銀行ならこの1枚

ベーシックデビットカード(Visa)

楽天銀行で口座をつくると、カードを10種類から選べます。

まぁ10種類もあるので、当然のごとく迷います。なので、「コスパ良いのはコレ!」という1枚を紹介します。


で、その1枚というのが、『楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)』というカードです。

カード(表面)

表面には、「デビットカード番号」が載ってます。

この番号は、ネットで買い物する時に使います。

たとえば、

Amazonで買い物をし、
クレジットカード払いを選択した場合。

①表のデビットカード番号
②裏のセキュリティコード


この2つを入力すればOKです
※クレジットカード払いと言っても、「VISA」と書いてあれば基本大丈夫です。

これで支払いをするたびに、楽天銀行から引き落とされます。

カード(裏面)

裏面には、先ほどお話したセキュリティコードと、「支店番号・口座番号」が載ってます。

楽天銀行はネット銀行なので、「店舗」がありません。そして、「通帳」もありません。なので通帳の代わりに、カードに口座番号なども書いてます。口座番号を書く時なんかは、裏面を見ながら書けばOKです。

支店名は、「番号で記載」されてます。〇〇支店というのが知りたい場合、申し込み時の書類を見るか、「楽天銀行 223 支店名」とかでググればすぐ出てきます。

スポンサーリンク

2.ベーシックデビットカードの良い所・悪い所

メリット3つ

ベーシックデビットカードのメリットは以下3つです。

①年会費無料
②VISA(ビザ)
③ポイント1%

10種類の中で、この3つが揃ってるのは、ベーシックデビットカードだけです。

JCBやOMCという選択肢がある中、なぜVisaが良いかというと、単純に使える店が多いからです。それとガソリン・高速道路代が払えます。

以前、楽天銀行の「JCBデビットカード」で高速代を払おうとしたら、ダメでした。ですが、VISAだと難なく支払えました。

だからVISAブランドのベーシックデビットカードが良いのです。

デメリット3つ

ベーシックデビットカードのデメリットは以下の3つです。

①分割払いができない
②ガソリン・高速道路代の反映が遅い
③保険がない

分割が出来ないのは、デビットカードのさだめです。もし分割払いをしたいのであれば、クレジットカードを選択しましょう。

ガソリン・高速道路代の反映が遅いに関しては、そもそもこの2つはクレジットカードじゃなきゃ払えません。だから使ってすぐ引き落とされるのではなく、2週間とか遅れが生じます。

ですが、VISAでは払えます。

スポンサーリンク

3.楽天銀行のカードに対する疑問

クレジットカードかデビットカードか

デビットカードは、『使った都度、引き落とされる』というのが、クレジットカードとの大きな違いです。なので、口座にお金が入ってないと、カード払いができないので使い過ぎる心配がないのです。

一方クレジットカードは、後でまとめて請求されるので、お金の管理が苦手な方はデビットカードの方が安心です。

個人の口座か個人事業主の口座か

これは断言します。完全に、個人口座推しです。

というのも、個人口座だと

・freeeと同期できる
・アプリがある
・すぐできる

というメリットがあるからです。

個人事業主用口座については詳しくは下記で説明してます。屋号入り口座をつくろうとしてる方は、1度ご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

・楽天銀行をつくるなら、カードは、ベーシックデビットカードがコスパ最強
・VISAで使い勝手が良いのに、無料。
・高速道路代まで払えるすぐれもの