【楽天銀行】ベーシックデビットvsビジネスデビット【カード対決】

「個人事業主」の面倒を手放す

楽天銀行で屋号入りの口座を作ろうと思ってるんだけど、ぶっちゃけどう?作った方が良い?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、いろいろ手放して生きてます。

今回は、「個人事業主用の口座による不便」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.楽天銀行のどのカードを比べるの?

この2枚を比較

今回は楽天銀行の、この2枚を比較します。

・ベーシックデビットカード(VISA)
・ビジネスデビットカード(JCB)

どんなカードなの?

それぞれを一言でいうと、

・ベーシックデビットカード(VISA)
個人口座

・ビジネスデビットカード(JCB)
個人事業主用口座(屋号入り)

という感じです。

デビットカードって?

デビットカードは、「使った時に引き落とされるカード」です。

クレジットカードと比べると、分かりやすいです。

クレジットカードは、1ヶ月分まとめて引き落とされますよね。だから後々「え!?こんな使ったっけ?」と思うこととかあります。

ですが、デビットカードは使ったら使った時に引き落とされるので、現金感覚で使うことができます。また、口座に入ってる分しか使えないので、使い過ぎる心配がありません。

スポンサーリンク

2.比較した結果は?

比較の一覧表がコチラ

そんな2枚を、比較してまとめてみました。

特にデメリットだと思う所赤字にしました。
※左が個人口座、右が個人事業主口座です。

圧倒的に、個人事業主用口座は、出来ない事が多いですよね。

だから、
「高速道路料金をカードで払おう!」
「会計ソフトfreeeと同期させよう!」
「アプリで残高見たり、振込をしよう!」
と思ってる方は、
ビジネスデビットカードじゃダメです。

特に会社を立ち上げて、「よし!事務作業はなるべくラクができるようにしよう!」と思う人が多いと思いますが、個人事業主用の口座ではそれが不可能です。

高速道路料金に関しては、”デビットカードじゃ払えない“というのが普通みたいです。だから、デビットカードなのに高速料金もOKだよ!というベーシックデビットカードは最強です。(しかも無料ですし。)

ぶっちゃけ、作るメリットがほぼ無い

すごく正直に言ってしまうと、ビジネスデビットカードは「作るメリットほぼ無い」です。

頑張ってメリットをかき集めても、
・屋号が入れられる
・個人のと分けられる
・キャッシュバックがポイントではなく現金
という事ぐらいかなと。

・どうしても屋号が入ってないとダメ。
・個人口座の方は、プライベートでガンガン使ってるから、
どうしても個人事業主用の口座が別で欲しい。
・ポイントなんて要らない!絶対現金で還元して欲しい!
という方は、ビジネスデビットカードでも良いですが、そうじゃないなら、ベーシックデビットカードを事業用に捧げましょう。

スポンサーリンク

3.ベーシックデビットカードが最強過ぎる説

無料なのに1枚で完結してしまう

先の高速道路料金についてもですが、ベーシックデビットカードは無料なのにスペック高すぎませんかね。

もう楽天銀行で口座を作るなら、屋号入りの口座とか無視して、ベーシックデビットカードVisaで決まりでしょう。

しいて言うなら、手数料がちょい高い

もし問題があるとすれば、手数料が割高なことですかね。

ATMでお金をおろそうとしたら、手数料が高めです。220円 or 275円かかります。

実店舗がある銀行に比べたら、手数料の高さがネックではありますが、とはいえ手数料0円にする方法もあります。

その辺については下記で解説してます。良かったらご活用ください。

スポンサーリンク

まとめ

・ベーシックデビットカードvsビジネスデビットカードは、ベーシックデビットカードの圧勝
・ビジネスデビットカードは、個人事業主用の口座ですが、出来ないことが多すぎる
・freeeと同期、高速道路料金払う、アプリで管理したいなら、断然ベーシックデビットカード