【ラシーンのバックライト】LEDに交換する方法は?【どの型を使うの?】

「クルマ」の面倒を手放す

ラシーンのバックライトが暗いから換えたいけど、交換方法も、どの型を買えば良いのか分からない。

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「暗いバックライト」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ラシーンのバックライトについて

交換方法は?

ラシーンのバックライトは、プラスのドライバー1本あれば交換できます。

特に力も必要ないため、女性でも簡単に行うことができます。

具体的な「換え方」については、後述します。その前に、ライトの種類についてお話します。

ライトの型は?

まず最初にライトの型ですが、

ラシーンのバックライトには、「S25 シングル」という型が入ってます。

「S」というのは”円柱タイプ”をさし、「25」は”バルブの直径“を表します。

シングルとダブルの違いは?

シングルとついているので、想像通り「S25 ダブル」もあります。

シングルとダブルの違いは、底の「突起」が1つか2つかです。ラシーンは突起が1つの、「シングル」タイプなので、間違えないように気を付けてください。

ちなみに、僕はこちらを選択しました。(↓)

バックライトは2個ついてる車が多いので、”ラシーンはバックライトが1個“で余りますが、「替え用」として持っておくことにします。

スポンサーリンク

2.どれぐらい明るくなる??

before

元はハロゲン球なので、オレンジ色で暗いです。

after

先で紹介したライトを入れるとこれぐらい明るくなりました。

値段は2個で850円です。かなり安い方です。Amazonプライム商品ですぐに届きますし、評価は☆4で、1年保証もついております。本当にオススメです。

スポンサーリンク

3.ラシーンのバックライトの交換方法

最初にお伝えした通り、必要な物はプラスドライバーです。

①ネジを取る

まず最初にプラスドライバーで、ネジを取ります。

ネジはこの1本だけなので、ドライバーの役目は早くも終了です。

②手でランプのカバーを取る

ランプのカバーを引っ張って取ります。

カポッと取れます。

③ソケットを反時計まわりに回す

カバーが取れたら、裏面を見ます。

電球のソケットがあるので、それを手でつまんで、反時計まわりにカチっと音がするまで(30度ほど)回します。

そしたら電球を引き抜きます。

④電球を抜く

次に電球を抜きます。

取り方は、ソケットに押しつけながら、反時計まわりに30度ほど回して引き抜くだけです。

⑤LEDを付ける

今ハロゲン球電球を抜いたのと逆の手順で、LEDをつけていきます。

ソケットに押しつけながら時計まわりに回せば完了です。

⑥ランプのカバーをはめる

そしたら先ほど外したランプのカバーを取り付けます。

溝を合わせて、時計まわりに30度ほどカチっと音がするまで回せばOKです。

⑦カバーを車に戻す

そしたらカバーを元の位置に戻しましょう。

⑧ネジで仮止めする

そしたらネジをはめて行くのですが、仮止めしてここでランプがつくか確認しましょう。

スマホで録画して確認すると1人でも昼間でも出来ます。

⑨ネジをしめる

ライトが無事についていれば、ネジをしめて完成です。

⑩終了

注意点は?

注意点は特にありません。

本当に簡単にできるので、良かったらお試しください。

スポンサーリンク

まとめ

・ラシーンのバックライトは、1個しかない上にハロゲンだとめちゃ暗い
・LEDに変えるなら、「S25 シングル」という型を買えばOK
・交換は、プラスドライバーがあれば、誰でも簡単にできる