【冷却水とは】自分で入れる方法は?素人でも出来る?【水道水はOK?】

「クルマ」の面倒を手放す

冷却水って素人が自分で入れられるの?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「車の故障」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.冷却水

冷却水とは?

冷却水とは、熱くなったエンジンを冷やす液体です。

呼び方は他にもあり、

【 別名 】
・ラジエーター液
・クーラント液

・LLC(ロング・ライフ・クーラント)

などがあります。

すべて同じものです。

冷却水が足りないと”車がブッ壊れる”!!

この冷却水が足りないとエンジンを冷やすことが出来ず、「オーバーヒート」して車がブッ壊れます。

その後の流れとして、

・冷却水不足 → オーバーヒート → 高額修理
・冷却水不足 → オーバーヒート → 廃車

の2択になります。

もし修理をしたとしても、1度オーバーヒートした車は、「後遺症」により“再びオーバーヒート”したりするようです。

スポンサーリンク

2.冷却水って自分で入れられるの?

冷却水は自分で入れて良いの?

そんな車にとって重要な冷却水ですが、自分で入れることができます。

冷却水はどこから入れるの?

ここから入れます。↓

※ウォッシャー液と近いので、間違えないように注意です。

量をチェック

こまめに冷却水の「量をチェック」するようにしましょう。

タンクの「MAXとMINの間」までくるようにしましょう。

確認して、減っていれば継ぎ足しましょう。

スポンサーリンク

3.冷却水の種類は?

水道水じゃダメなの??

冷却”水”って言うくらいだから、水道水じゃダメなの??」と思うかもですが、基本的にダメです。

その理由は、水道水に含まれる鉄分がサビを発生させラジエーターを腐らせたり、水は0℃以下になると凍り始め、破損させる可能性があるからです。

とにかく、車を壊してしまう可能性があるので、冷却水は水道水ではなく「クーラント液」を使用しましょう。

ただし、冷却水がガンガン漏れ始めて、車屋さんに持って行くまでの間などの「緊急時は水道水でもOK」です。

冷却水の見分け方は?

「どの冷却水を買えば良いの?」と思うかもですが、

基本的に、同じ色を買えばOKです。

違う色を混ぜると「黒っぽい色」になってしまい、”正しい点検がしにくくなってしまう“ので、色を合わせましょう。

クーラント液

こちらの「ラクラク クーラント」は、希釈することなくそのまま使えます。

(緑)

(赤)

スーパークーラント液

こちらの「ラクラク スーパークラント」も、希釈することなくそのまま使えます。

(青)日産・ホンダ・三菱・スバル・スズキ系

(ピンク)トヨタ・ダイハツ・レクサス

クーラントとスーパークーラントの違いは?

クーラントとスーパークーラントの違いは、「寿命」に差があることです。

寿命の目安は以下の感じです。

・クーラント:2年で交換
・スーパークーラント:4年で交換

この2つを混ぜないようにしましょう。とにかく同じ色を入れたら大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

・冷却水とは、車がアツくなったのを冷やしてくれる液体
・水道水は緊急時だけ、基本クーラント液を入れる
・冷却水が足りないと車がぶっ壊れてしまうので確認すべし