【鹿児島市内から桜島へ】行きは車、帰りはフェリーがオススメ【足湯が最高】

「旅行」の面倒を手放す

桜島に行きたいんだけど、どうやって行くのがオススメ?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「桜島での損」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.桜島に行きたい!でも…

「フェリーにも乗りたいし、桜島を散策もしたい」

と思いませんか?

鹿児島市内から桜島までフェリーで行くと、

大人200円・子ども100円
15分ほど
15分間隔で便がある(夜中は30~1時間おき)

で格安&手軽に行けちゃいます。(時刻表はこちら)

ですがフェリーに乗ってしまうと、自由に島を散策することができません。(バスはあります)

そこで、「フェリーに車を乗せよう!!」となったのです。

フェリーに車を乗せると高いのでは!?

ですが、僕の勝手な感覚だと「フェリーに車のせる=1万円」だろうなと。

ところがどっこい、だいぶ安かったです。

車の長さによって料金が変わるようです。

僕たちが乗って行った、かなり長めの「日産キャラバン」でも片道1,950円でした。これは大人1人分の料金を含むので、

・キャラバン1台
・大人2人

で、合計2,150円でした。

とはいえ往復だと4,000円かかるので、それは何だかもったいない気がして、行きは車を運転して、帰りはフェリーに車を乗っけていくことにしました。


少し時間はかかりますが、そのおかげで「最高な足湯」に2箇所もつかれたので紹介します。

スポンサーリンク

足湯①道の駅 たるみず 引っ足り館

100mのロング足湯

こちらが桜島に入る手前にある「道の駅 たるみず 引っ足り館」です。

海と桜島を目の前に、超ロング足湯があります。

料金は無料で、雨の日でも屋根があるところだと、あまり濡れずに利用できます。(しかも人は少ないです。)

駐車場の真横ですが、雨だったおかげで貸切状態でした。

いや~最高すぎました…

スポンサーリンク

足湯②桜島溶岩なぎさ公園

公園だから空気が最高

桜島の端っこにある、「桜島溶岩なぎさ公園」の足湯が超オススメです。

フェリー乗り場の横にあり、綺麗な公園の敷地内にあります。

無料で、こちらもかなりの台数あります。

こちらはお湯がにごってて、いかにも「温泉!!!」という感じです。

しかも公園なので空気も良く、全く人もいなかったので「寝転んで満喫」しました。

ただ足湯が良いというだけではなく、公園の雰囲気も含めて最高でした。「ここに住みたい」と思いながら楽しみました。

癒しに癒しまくって、フェリー乗り場がすぐ横なので、そのまま帰宅です。超楽ちんでした。

ぜひ、行きは車で帰りはフェリーで桜島に行ってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・桜島に行くなら、行きは陸を車で、帰りは海をフェリーで帰るのがオススメ
・片道フェリーに車を乗せるなら千円ちょい
・2つの足湯が最高すぎるのでぜひ行ってみてください