【皮膚に良い】洗顔時の「適正な水温」は何度?【水?お湯?】

「からだ」の面倒を手放す

『洗顔の時って水で洗った方が良いの?それともお湯?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「洗顔による肌のダメージ」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.洗顔の時、水温って何度が適正?

ぬるま湯が良い

さっそく結論ですが、洗顔をする時はぬるま湯が良いです。

温度で言うと「35度前後」になります。体感的には、お風呂のお湯がだいぶ冷めた状態ぐらいです。


これを聞くと、
「お湯で洗った方が汚れが取れる」とか、
「水で洗った方が良いって聞いたことがある」
と思う人もいるかもしれません。

確かに間違っていません。ただ、それだと問題があるのも事実です。その辺を今日は詳しくみていきます。

洗顔でも肌は傷つく

まず最初に、顔を洗うと少なからず肌へダメージがあります。

それも水温によってダメージ具合が変わります。


順番は、

洗わない>お湯>水>ぬるま湯

と思います。


洗顔しないのは汚れがついたままなので、当然肌に悪いです。では、お湯や水がダメな理由は何でしょうか。

スポンサーリンク

2.お湯と水の問題点は?

お湯は落としすぎ

お湯で洗うと、確かに汚れがよく落ちます。顔の脂も落ちます。

なのですごく「洗った~!」という気持ちになります。

ですが、それは“必要な脂までも落としてしまっている”のです。


肌にはある程度脂が必要です。ですが、必要な脂を落とすと、皮膚は肌を守るために脂を出します。僕たちが洗顔で脂を落とせば落とす程、肌も必死になって脂を出します。これによって「オイリー肌」へと進化してしまうのです。


また、お湯で洗うと水で洗う時より乾燥するスピートが早いので、水分がない状態になってしまいます。乾燥性脂性肌になってしまいます。


つまりお湯で洗うと、『肌に水分がない状態で油だけ過剰に出てギトギトな状態になってしまう』のです。

これがお湯で洗う問題点です。

水だと落ちきれない

「洗顔は水が良い」と言いますがその理由は3つあります。

①水だと洗い過ぎる心配がない
②血行が良くなり、肌に栄養が届きやすくなる
➂毛穴が引き締まる

こう聞くと、お湯で洗うより良さそうだと思えませんか。



ですが、1つ問題があります。

それは「洗浄力の低さ」です。

普段から何も塗らない人なら良いですが、化粧やら日焼け止めやら(特にウォータプルーフの物)を色々と塗ると、水だけでは落としきれなかったりします。

汚れが残っていると肌トラブルの元になります。これが見ずで洗う問題点です。

スポンサーリンク

3.乾燥する前に化粧水塗ればOK?

化粧水は蒸発する

「乾燥なんて怖くない!化粧水塗ったから大丈夫~!」と思う人いるかもですが、実はその化粧水に意味はありません

というのも、蒸発するからです。


それを防ぐには濡れたあとに蓋をする必要があります。(↓)

ぬれたら蓋をするクセを

洗顔後、入浴後は十分肌が水分で満たせているので、その水を逃さないようにすぐにフタをすれば良いのです。

そこで使うのが、油(ワセリン等)なのです。

顔が濡れたらすぐにワセリンで蓋をしましょう。そしたら蒸発しないので。乾燥もしません。


実際僕も、今まで色んな化粧水やら乳液やら試してきましたが、どれもしみたり赤くなったりピリピリしたりと問題だらけでした。

そこで思い切ってワセリンのみにしたところ、ニキビなどの肌トラブルが一気になくなりました。

やはり、「保湿が大事」なんですね。

スポンサーリンク

まとめ

・顔はぬるま湯(35度)で洗う
・お湯は脂を落としすぎ、水は汚れが落ちない
・化粧水だけじゃ蒸発する、油でフタを