洗濯用洗剤と柔軟剤【ボトル・詰め替え】コスパと効率で言えばこっち

「片づけ」の面倒を手放す
この記事を書いている僕(@Eita_continue)は、御年75歳になる祖母と2人暮らしを最近始めました。
祖母が僕に似て、いや、僕が祖母に似て、お互い超めんどくさがり屋なんです。

 

祖母と僕の違いと言えば、持ち物の数ぐらいですね。僕はミニマリストで、祖母はマキシマリスト?。祖母の家に、たくさんの物があるおかげで、面倒くさい事だらけ。僕が一緒に住んでちょっとずつ面倒くさい事を断捨離していきます。

って事で本日は、洗濯用洗剤について~。
無理矢理処分はケンカの元。改善して、不要になった物を、合意のもと処分していく。
実家の片づけに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

もくじ
1.ボトルか、詰め替えか。メリットとデメリットは?
 □洗剤や柔軟剤をボトルで買うか、詰め替え用を買うか
 □洗剤か柔軟剤か分かりづらい問題
 □解決策。メンドクサイは1度で済ませる。
2.洗剤・柔軟剤のオススメボトル
 □再利用タイプ
 □100円で買えるシンプル
 □インテリアにこだわるなら
3.まとめ
4.【おまけ】本日のオススメ本『一瞬で恐怖を消す技術/マイケル・ボルダック』
スポンサーリンク

1.ボトルか、詰め替えか。メリットとデメリットは?

□洗剤や柔軟剤をボトルで買うか、詰め替え用を買うか

祖母は、いつも詰め替え用を買ってきます。しかも色んな種類の。

皆さんは、「ボトル」と「詰め替え用」どちら派ですか?

僕は詰め替え用派で、結論から言うと詰め替え用を買う方がオススメです。

その理由と併せて、
まずはボトルと詰め替え用それぞれのメリット・デメリットについてお話します。

【ボトルを買うメリット・デメリット】
〇詰め替え作業がなくて楽
×ボトルのゴミがかなり無駄(有料袋の中でかなり幅を取る)
×料金が割高
【詰め替え用を買うメリット・デメリット】
×詰め替え作業が面倒
〇ゴミがかさばらず、楽
〇お得で安い

要は、詰め替えの面倒くささ、さえクリアできれば詰め替えの方がお得という事です。
ですから、詰め替え用をこのまま使うという方は、断然詰め替え用の方がお得なのです。

□洗剤か柔軟剤か分かりづらい問題


祖母も、詰め替え用を直で使う人だった。

が、
ある時、僕は見てしまったのです。

洗濯機の、
「洗剤入れ」に「柔軟剤入り洗剤」を入れ
「柔軟剤入れ」に「洗剤」を入れている祖母の姿を。

そう。祖母は、
「洗剤」「柔軟剤」「柔軟剤入り洗剤」の区別がついていなかったのです。

派手なパッケージの分かりづらいところに小さく「洗濯用洗剤」とか「柔軟剤」とか
書いてはいるんですが、その表記を探して確認するのさえ面倒なようで
なんと、毎日勘で入れていました。

こりゃいかんと思い、早速手作りしました。↓

□解決策。メンドクサイは1度で済ませる。


「柔軟剤入り洗剤で一回で済ませるタイプ」と、
「洗剤と柔軟剤を一つずつ入れるタイプ」の2種類を制作。
(今回100均でボトルを買ってきましたが、本当は空きボトルのラベルをはがして使う方が、ムダな出費がなくてオススメです。)

洗剤を入れる場所も、どっちがどっちか分かっていなかったので
ケースの色と場所も一緒に記載しました。

制作後、祖母からいただいた一言は
「詰め替えるのが面倒くさい。」でした。
その気持ち分かります。
確かにそうなのですが、

詰め替えは一回してしまえば、当分しなくて済みます。

ですが、これをしていない現状のままだと
・これ洗剤かな?それとも、柔軟剤?
・これはどっちに入れたらいいんかな?
と、毎回悩まなくてはいけません。
その毎日の小さなストレスを、解消できたんじゃないかなと思います。
(そもそも悩んだ挙句、合ってないですし。)

スポンサーリンク

2.洗剤・柔軟剤のオススメボトル

□再利用タイプ

こういうボトルを最初に買って、使い切る。


「さらさ」洗濯洗剤 本体850g+詰め替え1.35kg【Amazon】

その後、ラベルをはがして、中身を自由に詰め替える。↓(イメージ図)

匂いやメーカーに特にこだわりがないのでしたら、
1度「お気に入りの形・色のボトル」を購入して使いあげる事をオススメします。

ボトルも料金に入っているので、せっかくゲットしてその後も使うなら
気に入った形や色の物を買った方が、気持ち的にお得だからです。

□100円で買えるシンプル

メーカーさんがお金を出してつけたパッケージの広告ですが、
使う側としては、家に帰ってまでもギラギラ宣伝されても…ですよね。

そこで今、逆に無地がはやっています。

バリバリの広告をうってくる中で、無地を求めている人が多いのです。
無地は統一感も出しやすいですし、清潔感もあります。
センスの無い人はとりあえず無地を選んでおけ!という程、無地が重宝されています。

そんな無地ボトル、100均に売っています。
今回僕が使用したのも、ダイソーさんで購入した物です。↓

個人的には、ボトル洗剤を買って使い切ったらそれを再利用。
で良いと思いますが、もし気に入った形なんかが無かったら
100均に行ってみてください。

□インテリアにこだわるなら

もしも、もしも、ボトルの再利用も100均も嫌だ!もっとオシャレな物がいい!
という方は、雑貨屋さんとかまわってみてください。

と、言うと面倒くさいですよね。
だから今回ネットでボトルを探してきました。
シャレてんな!と思った3つを、最後に紹介して終わりにしたいと思います。

スポンサーリンク

3.まとめ

・コスパと効率が良いのは詰め替え用
・一回の面倒と、毎日の面倒を比べる
・求められているのはシンプルさ
・ボトルは再利用で十分(ラベルはがすだけ)
・今、100均にも売っているんです
・こだわる人にはオシャレな無地ボトルがオススメ

スポンサーリンク

4.【おまけ】本日のオススメ本『一瞬で恐怖を消す技術/マイケル・ボルダック』

・1~6歳の間に両親からダメ!と怒られると、トラウマが生じ、
ノーという言葉に恐れを感じ、拒絶に対して苦痛を関連付けるようになる。

 

・成功するためには、拒絶に対する恐怖を克服しなければいけない
→カーネルサンダースは1009回拒絶を受けた

・実際、拒絶など存在しない
→全て自分へのフィードバック


一瞬で恐怖を消す技術/マイケル・ボルダック【Amazon】


一瞬で恐怖を消す技術/マイケル・ボルダック【楽天】