【洗濯を1番楽にする方法】全てをアソコで終わらせよ【服の管理法も】

ミニマリスト


この記事を読めば、洗濯を1番楽に終わらせる方法が分かります。

更に、お母さんの仕事になりがちな洗濯を家族やお子さんが少しでも協力できるようになる方法を紹介しています。

この記事を書いている僕(@Eita_continue)は、いつも家事を楽にできないかなと考えて生活しています。
マメなのではなく、それだけめんどくさがり屋なのです。できれば動作1つでも短縮したいのです。
そんな僕がこれが出来たら一番楽じゃね?と思った洗濯術を紹介させていただきます。
もくじ
1.洗濯を1番楽にする方法
 □全てを〇〇〇で終わらせる
 □合う人・合わない人
 □全てを〇〇〇で終わらせるには?
2.洗濯物にまつわる教育の悩み
 □①洗濯物を裏返しのまま、2枚重なったまま脱いでいる
 □②洗濯を手伝ってくれない
 □③服を方づけてくれない
3.まとめ
スポンサーリンク

1.洗濯を1番楽にする方法

□全てを〇〇〇で終わらせる

最初に結論から言いますと、
洗濯物系一番楽にする方法は『全てを脱衣所で終わらせる』です。

全部とは何かを具体的に説明しますと、

服を脱ぐ
→洗濯機に入れる
→洗濯物を洗う
→洗濯物を干す
→洗濯物をしまう
→服を着る

この一連を全て脱衣所でしたら楽じゃない?という事です。

もしこれが、洗濯機が外とかにある家庭だと

脱衣所で服を脱ぐ
→洗濯機に入れるために外に持って行く
→洗濯物を洗う
→洗濯物をカゴに入れて干す場所まで持って行く
→洗濯物を干す
→乾いた洗濯物をリビングに移動させる
→洗濯物を畳む
→畳んだ洗濯物をクローゼットまで持って行く(家族バラバラのクローゼットならそれぞれの部屋まで持って行く)
→洗濯物をしまう
→クローゼットの前で着替える

こんなにも工程が増えるのです。それぞれ別々の場所で行っているから、移動というアクションがいちいちついてくるのです。

□合う人・合わない人

【合う人】
→部屋干し
→服が少ない
→少しでも効率良くして時短したい

【合わない人】
→外に干したい
→服が多い
→時短せずにゆっくり洗濯をしたい

□全てを〇〇〇で終わらせるには?

①脱衣所に洗濯機を置く
洗濯機が脱衣所にあるという事は、洗濯物は直接洗濯機に入れたらOKですよね。
カゴは断捨離です。

②洗濯物を干す場所を作る
水分を含んだ洗濯物を干すのですから、ちょっと頑丈な物が良いですよね。

(↓)めちゃ強いスチールラックを用意しましょう。

③洗濯物を畳まないで良い環境を作る
要は、干す=収納という状態です。常にハンガーに引っ掛けておくスタイルですね。

(↓)これをするにあたっては、このような肩に跡が付きにくいタイプのハンガーがオススメ。アルミ素材なので軽く、見た目もオシャレです。


無印良品のアルミハンガー。幅41cm【Amazon】

以上です。
どうでしょう。全てを脱衣所で終わらせる方が楽ちんだと思いませんか?
僕の理想を書かせていただきました。

スポンサーリンク

2.洗濯物にまつわる教育の悩み

□①洗濯物を裏返しのまま、2枚重ねたまま脱いでいる

ちゃんと表にしてね、1枚ずつ脱いでね。と何回か伝えてもダメな時は

そのまま洗って、そのまま干して、そのまま畳んで、そのまま部屋に置いてあげましょう。

『これなんだよ!(怒)』と言われたら、こっちのセリフです。と言い返しましょう。
ひっくり返したり、1枚ずつにはぎ取ったり、いずれ誰かがしなければならないのです。

その誰かとは、本人がやるべきでしょう。もちろん。
だって自分が着る服なんですから。

まぁ服を脱ぐ時にキチンとするか、洗濯物がかえってきた時にちゃんとするかは本人の自由ですけどね。

□②洗濯を手伝ってくれない

それはめんどくさい配置や仕組みになっているのが原因です。

簡単に出来る事であれば、手伝いのハードルは下がります。ですが、いちいちハプニングや問題があると行動にうつすのが大変に思えてきて次第に手伝わなくなるのです。

例えば、
洗剤を取るために扉を開けたら、色んな物が雪崩れてきた。としましょう。

この体験をしたら多くの人が、洗濯自体を嫌いになってしまいます。

洗濯には直接関係ない雪崩れですが、洗濯機を使おうと思っていた時の出来事のため、
『洗濯=めんどくさい』というイメージがついてしまうからです。

だってそうじゃないですか?
洗濯をする=(洗剤が必要=洗剤を取るにはあの引き出しを開けなければいけない=あの引き出しをあけた後が面倒=)洗濯めんどくさッという風になるのです。

□③服を片づけてくれない

それは片づけ先を知らないからです。

これはここという固定の場所がありますか?そして片づける本人はそれを知っていますか?

例えば、
・外から帰ってきたら、ジャンバーはここにかけてね。その時、このスプレーをシュッシュって2回しておいてね。
・服を脱いだら、この袋に入れて、この洗濯機の中に入れてね。〇〇ちゃんはピンクの袋で〇〇くんは青の袋を使ってね。
・パジャマは脱いだらここにこうやって畳んで置いてね。
というようにこれはここだよというのを具体的に教えてあげないと、やみくもに『片づけて!』と声を荒げてもダメなんです。特にお子さんは。

配置を決めてしまえば片付けてと言ってもOKです。クセづくまで大変かもしれませんが、根気よく続ければ習慣になります。習慣になればこっちのもんで、常に片付いた状態が手に入ります。

そのうち配置決めも自分で出来るようになれば、ずっと片付けられる能力を手にしたという事です。
自分で物の配置を決め、その決めた場所に使ったら戻すようになれば散らかるという言葉知らずになれます。

まずは配置を決めてあげましょう。片付けて!と言っていいのはそれからです。
一緒に決めていっても楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

3.まとめ

・服の管理は全て脱衣所で行うと楽。
省スペースで全てを行うには、不要な物を減らす事が大切。
・服をきちんと脱いで洗濯機に入れてほしかったら、何回かそのままの状態で収納の工程までする。
・洗濯を手伝ってほしかったら、簡単にできる仕組みづくりを。1つ1つの動作をする時にストレスのかかる動作が無いかチェック。
・服を片づけてほしかったら、どこにどんな状態にしまえば片づけた状態と言えるのか教える。

(↓)洗剤を使い過ぎていませんか?洗濯用洗剤の適量を意識するだけでブランドの服買えるかも?
【洗剤編】気づかぬ間にやっている無駄遣いとは?【知らないと大損】