【せんたく洗剤】気づかぬ間にやっている無駄遣いとは?【知らないと大損】

ミニマリスト
スポンサーリンク

1.洗濯のムダ遣いとは?

適正量を守らないと大損

とつぜんですが、洗濯洗剤の適正量を知ってますか?

知らずに1キャップなみなみ、もしくはそれ以上入れている人も、いるのではないでしょうか。

実は、1人分の1日分の洗濯量であれば、キャップの半分より少し少な目ぐらいで良いんです。

4人で6kg、1人なら1.5kg

もう少し詳しく説明すると以下の感じです。

1人分の1日の洗濯量は、だいたい1.5kg。その量を洗うのに必要な水量は30L。30Lの水に丁度良い洗剤の量は10ml。つまり、キャップの半分よりちょい下がベスト。

つまり、1人分なのに、毎日1杯入れてる人は、2倍も損をしていることになります。

この事実を知らずに、僕は6年間、1杯以上入れてました。

というのも、実家で母が1杯以上入れてたからです。洗濯機に入れる洗剤の量は1杯が適正というイメージをもっていたのです。

ですが、母は正解なんですよね。4人家族だと1杯は適正だからです。

なので、1人暮らしで、4日分溜めて洗う方は1杯でOKです。

どれぐらい損をしてるのか?

計算にあたる前提を設定します。

・洗剤は1個300円
・柔軟剤は1個400円
・毎日一人分の服を洗濯する
・「1杯」VS「適正量」で比較

今回はどこでも売っているおなじみのアタックで説明していきます。

容量は900ml入っています。
まず、この表を見てください。

画像:花王HPより

1杯派は1回で24ml消費します。全部で900mlなので、このペースで毎日使っていくと38日で無くなってしまいます。約1ヵ月しか持ちませんね。

これをもし適正量(一人分の洗濯物分)ずつ使っていくとすれば、1日0.4杯(10ml)なので90日もちます。約3ヵ月です。

毎日1杯ずつ使えば、1年で12本必要です。
毎日0.4杯ずつ使えば、1年で4本で済みます。

年間で8本の差が出るのです。
300円(洗剤代)×8本=2,400円の差です。

> 自分の使ってる洗剤の適正量を調べる(Panasonicホームページより)

柔軟剤を追加でもっと多額に。。

レノアは全量が550ml、キャップ1杯が40ml。
R&Pさんは洗濯物1kgにつき柔軟剤は6.7mlと言っているので1.5kgの洗濯物には10mlが適量ですね。これを1杯入れると4倍も多く使っていることになります。

適正量の10mlずつ使っていれば、年間7本で済むのですが
1杯(40ml)ずつ使えば、年間27本も必要になります。
この差は20本で、
400円(柔軟剤代)×20本=8,000円もの差が生まれます。
洗剤と合わせると10,400円も無駄遣いしています。

また、沢山香りをつけようと2杯入れた場合は年間52本も必要になる事が分かります。
差としては45本で、400円(柔軟剤代)×45本=18,000円の差になります。
洗剤と合わせると20,400円も無駄遣いをしています。

香害にも注意を!

香害(こうがい)とは、周囲の人をクラっとさせるほどキツイ匂いを振りまく事です。

香水を大量につけバスや電車に乗ったり、飲食店に入ったりする人がたびたび問題になっています。
が、これは香水に限りません。

柔軟剤も使い過ぎによって酷い匂いを周囲に放っている人が少なくありません。
適量だと良い匂いなのでしょうが、「もっと良い匂いに。もっともっと、、」とやっていく内に「あの人臭くない?」と言われるようになるのです。

沢山使えば良いというわけではありません。

何のための適量なのか、しっかり考えて使いましょう。

柔軟剤代を大幅に払って、更に臭いと言われる事のないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

2.オススメ洗濯用洗剤

・洗剤を入れて、柔軟剤を入れて、、という手間がめんどくさい
・片方が先に使い終わったりするので、気にかけるのがめんどくさい
・片方だけ買いに行くのもめんどくさい
・洗剤と柔軟剤で2個も所持するのが嫌

という僕みたいな事を言っている人には、柔軟剤入り洗剤がオススメ。

上記に加え、匂いが強い柔軟剤が苦手という人にもオススメできる物が
ライオンさんが出しているトップシリーズです。

柔軟剤入りは2種類あります。
僕はフレッシュカモミール(青い方)を使っています。

お手頃価格で匂いも良く、とにかく楽なので何度もリピートしています。

最後まで読んでくださった方にこそっと教えますね。

実は、柔軟剤入り洗剤にする事が一番お得なんです。

スポンサーリンク

まとめ

・洗濯する時、洗剤の適正量を守る事で大幅に節約できる
・適正量を守るだけで香害にもならずに一石二鳥
・オススメは柔軟剤入り洗剤です