【SHARP】ヘルシオ ホットクック(黒)【3型を比較】

おすすめ

『ヘルシオのホットクック(黒)って3種類あるけど、どう違うの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、選択ミスを手放していきます。

スポンサーリンク

1.ヘルシオホットックックが欲しい!

「黒がいい」

母から急に、

ヘルシオのホットックック

誕生日プレゼントでお願いします

とLINEが来ました。


調べてみたら型が「3つ」あったので、どう違うのか調べてみることにしました。

ヘルシオのホットクックは3サイズある

ちなみにヘルシオのホットクックには、

大:2.4L
中:1.6L
小:1.0L

の3サイズがあります。

その中で黒があるのが、中(1.6L)、小(1.0L)のみなので今回は、2.4Lは比較対象に入れていません。ご注意ください。

スポンサーリンク

2.ヘルシオホットックック(黒)の3型

※3つとも保温時間は12時間で、最大予約時間は15時間です。

①KN-HW16G(2021年9月発売)

・1.6L
・2~4人分
・330×282×240mm
・メニュー数:140

次で紹介する1.0Lと比べると一回り大きいですが、それでも旧型と比べると取っ手が短くなり、かなりスマートになっています。

「場所とるだろうな…」と悩んでいる方に、旧型より全然コンパクトであることをお伝えしておきます。


色は「白と黒」の2色なのですが、”白は膨張・黒は引き締まり”の効果が発揮され、黒の方が小さく見えます

中の窯は5.5合ぐらい炊けるサイズ感ですが、実際に炊けるのは「お米3合」となっております。これは1.0Lのタイプと同じです。

金額はAmazon、楽天それぞれ以下の感じです。↓

Amazon:62,000円
楽天市場:59,280円

②KN-HW10G(2021年9月発売)

・1.0L
・1~2人分
・220×305×240mm
・メニュー数:86

中の窯は、「お米が3合炊けるサイズ」です。ちょっとスマートな炊飯器という感じですね。

旧型と違う点は、低温調理・焼き物メニューが追加されたことです。

具体的には、ローストビーフ、ローストポーク、サラダチキン、ツナ・オムレツ・じゃがいものガレットなどです。

本格的低温料理もしたい!でも小さいサイズが良い!という方は、こちらを選ぶと良さそうです。

Amazon:44,800円
楽天市場:45,000円

③KN-HW10E(2019年11月発売)

・1.0L
・1~2人分
・220×305×240mm
・メニュー数:80

新型との違いは、「メニュー数」ぐらいかなといった感じです。(内容は②でご紹介しました。)

あとは価格が1万ちょい変わってくるので、「価格重視」の方はこちらで良いと思います。

Amazon:30,882円
楽天市場:33,000円

スポンサーリンク

3.母の誕生日プレゼントは…

結局どれを選んだのか?

僕は、①で紹介した1.6Lの『KN-HW16G』を選びました。

理由は?

大きい方が冷凍からの調理がしやすい
・ツヤ消しブラックがかっこいい

という理由です。

まず冷凍からの調理ですが、窯が小さいと解凍しなければ凍った食材が入らなかったりします。それが面倒かなと思い大きいサイズにしました。

そして色ですが、今回紹介した3つはどれもブラックではありますが、1.6Lは艶消しブラック・1.0Lは艶ありブラックとなっております。

艶消しブラックの方が圧倒的にカッコ良かったので、そちらを選択しました。

スポンサーリンク

まとめ

・ヘルシオ ホットクックの黒は3種類ある
・①1.6L「KN-HW16G」②1.0L「KN-HW10G」③1.0L「KN-HW10E」
・僕は①1.6L「KN-HW16G」を選択。理由は冷凍からの調理のしやすさ&艶消しブラックであること