【簡単】壊れたスカーゲンを修理に出してみた【どこにどうやって?】

ミニマリスト

スカーゲンの修理ってどこに出したら良いの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「壊れた時計」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.スカーゲンの腕時計が壊れました

修理に出します

昨日の記事で説明した通り、愛用の腕時計(スカーゲン)が壊れました

ということで、本記事は「修理工場に送るまで」をまとめたものです。

※スカーゲン・ジャパンで修理してもらいます。

①メモを書く

工場の方から、

・名前
・住所
・連絡先(電話番号)
・メールアドレス
・商品番号(腕時計の裏面記載)
・不具合内容
・伝えておきたいこと

をメモして、一緒に送ってと言われたので、書きました。

②梱包する

次は主役(SKW1065)を梱包していきます。

割れないように段ボールで挟みました。

プチプチがあればそっちの方が良いです。

③メモと一緒に包む

先のメモと一緒に梱包しました。

雨で濡れないよう、ビニールに入れました。


そして、先ほどの「段ボールのみ」に不安を感じてもう1巻きしました。

これでOKです。

スポンサーリンク

2.どこに送るの?

神奈川県のサポートセンターに送ります

送り先はこちらです。

〒221-0022
神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9 安田倉庫A号ビル2F
(株)フォッシルジャパン エフ・ジェイサービスセンター
電話番号:03-5992-4611

住所は少し長めなので、詰め気味に書いた方が良いです。

※送る前に連絡を

送る前に一言連絡した方が良いと思います。

電話番号:03-5992-9160
営業時間:平日10時~18時
メール:shop.jp@fossil.com

メールだと次の日ぐらいには返事が来ます。とても丁寧です。

僕は最初に、時計の写真を送って症状を伝え、だいたいの金額を教えてもらいました。

スポンサーリンク

3.どうやって送るの?

郵便局で送れます

厚さを3cm以下にすれば、ゆうパケットで送れます。

郵便局に行って、小さな紙に送り先住所などを書いて、受付で「ゆうパケットの着払いでお願いします」と伝えればOKです。

ゆうパケットの特徴は、以下の感じです。

・全国どこからでも400円以下で送れる
・ポストin
・補償なし
・追跡番号あり

「着払いで送ってください」と言われたものの、僕は相手の負担を考えて安いゆうパケットで送りました。

ゆうパケットは確かに安いのですが、補償がないです。高い時計なら辞めた方が良いです。

補償をつけたいなら?

補償をつけたいなら、ゆうパックになります。

補償はつきますが、基本高めです。距離が離れれば離れるほど高くなります。まぁ相手が払うので、気にしなくて良いっちゃ良いのですが…。

※金額はこちらで計算できます。良かったらご活用ください。

スポンサーリンク

まとめ

・スカーゲンの修理は、スカーゲン・ジャパンがやってくれる
・神奈川の倉庫に送ればOK(※送る前に連絡を)
・ゆうパケットが安いけど、心配ならゆうパックで


ちゃんと直るといいなぁー。