【2020年】スカーゲンの時計が直るまで【一連の総まとめ】

ミニマリスト

スカーゲンの腕時計が壊れたらどうしたら良いの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「腕時計が壊れたときの悩み」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.壊れた時計をどうしたの?

ザックリとした流れ

壊れる

ベストな選択肢を考える

修理

という感じです。

どこが壊れたのか?

まず、壊れた箇所ですが、

①曜日のフチが取れた
②針がカビた

以上2点です。

どこに修理出したのか?

修理の依頼は、「フォッシルジャパン」というところに出しました。

これは、スカーゲンジャパンが“公式で紹介してる修理会社”です。

詳しくは下記で解説してますが、着払いで送るので「追加料金」はありません

いくらかかったか?

ぜんぶで17,050円(税込)でした。


内訳は、

①文字盤交換:¥6,500
②針交換:¥4,500
③リューズ交換:¥4,500

合計15,500円(税込17,050円)という感じです。


リューズ(時間を合わせる時に回すやつ)は自分では気づきませんでしたが、「サビてた」そうなので交換してもらいました。

スポンサーリンク

2.新しいの買えば?

なぜ買い直さなかったのか?

「新しいものを買った方が良いのでは?」とよく言われましたが、以下の理由から修理を選びました。

・全く同じ物は2万円以上する
・現行の時計に好きなのが無かった
・この時計を大変気に入っている

なぜそんなに気に入ってるのか?

僕が修理してまで使いたい理由は、以下の感じです。

・シンプルだけど必要な機能が揃ってる
・超薄い
・安すぎないし高くもない
・ベルト調整がかなり細くまできく
・とにかくイケメン

とにかくオススメな時計なのです。

スポンサーリンク

3.直った?不調ない?

直ったのか?

しっかり直りました。

ピカピカです。

保証はあるのか?

修理から「半年間も」保証してくれるみたいです。安心安心。

スポンサーリンク

まとめ

・スカーゲンの時計は、フォッシルジャパンで、2万以下で直せた
・直して使いたいほどイケメン
・修理後の保証も半年もある