【音楽はここで力を発揮する】掃除を楽しむ方法【プロになりきる】

「片づけ」の面倒を手放す

掃除とかまじでダルい。3ヵ月ぐらい掃除やってないわ~。今年こそは掃除を習慣にするはずだったんだが…。楽しく掃除できるようにならんかな~。という悩みにお答えします。

目次
1.「掃除×音楽」は効率が良い
2.オススメの曲は自分の好きな歌
3.目指すは『完成度80点&スピードMAX』(応用編)
4.まとめ

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、超めんどくさがりでありながら、片づけ大好き人間です。一見真逆のこと言っているようですが、ズボラだからこそ片づけるのです。片づけ方法や、効率の良い物の配置・使い方、ミニマリストの情報などを発信していきます。

スポンサーリンク

1.「掃除×音楽」は効率が良い

▷音楽は通勤・通学より掃除で活用する

音楽を聴くべき時は「掃除の時間」です。

理由は、音楽は耳しか奪わないからです。

最近はYouTubeやTikTokが盛んで、動画などの映像を見ている人が多いと思います。
が、「見る」という行為は掃除の邪魔者です。行動を停止させるからです。

だからYouTubeを見ながら掃除だと終わらないんですよね。
YouTubeを見ながら掃除する→なかなか進まない→やる気失せる→結局終わらない→掃除をもっと嫌いになる
この悪循環にはまらないように気を付けないといけません。

「掃除大好き!何時間でもしていたい!」という方は別として、
多くの方がさっと掃除を終わらせてゆっくりしたり、遊んだりしたいのではいかと思います。ですから掃除嫌いな方は、視覚を奪われるような状況は排除しましょう。もちろんテレビもNGです。


大掃除の時に懐かしいアルバムが出てきて、見始めて一向に掃除が進まなくなるのと同じ、掃除で視覚を奪われてはいけないのです。

だからと言って無音で掃除するのもつまらないですよね。
だから音楽を使うのです。

▷楽しむ

「掃除=楽しい」

にすぐに結びつきにくいので、ワンクッション挟んで

「掃除=好きな音楽ガンガンノリノリで聴く=楽しい」

これで行きましょう。

家庭で掃除は無音で集中してやらなきゃいけないというルールは無いので、少しでも自分が楽しめるように好きなようにやりましょう。(会社だとそうはいかないかもしれませんが。家は良いのです。ルールは自分で決めてOK。)

スポンサーリンク

2.オススメの曲は自分の好きな歌

▷自分の好きな歌の中から特に

掃除に使う曲は自分の好きな歌で固めましょう。聞くだけで気分があがる歌が良いです。
どんなマイナーな歌でも構いません。

ただ、その中でも『アップテンポの曲』をチョイスしましょう。


「はいはい、歌聴きながらノリノリで掃除ね、よくある話じゃん」と
思うかもしれませんが、話はここで終わりではありません。
もう少し工夫していきます。↓

▷15~30分程のプレイリストを作成

15~30分ほどの大好きな曲だけを集めた『掃除プレイリスト』を作りましょう。
3分の歌だと5~10曲。5分の歌だと3~6曲ぐらいが目安です。

それを流し始めたら掃除開始です。
しかもそのプレイリストが終われば、掃除とか家事が終わっているのです。

最長でも30分とかで嫌な掃除が終わるなら、かなり画期的だと思います。

なぜ最長でも30分なのかと言うと、人間の集中力はそう長く持たないからです。
それに終わりがあると急げるのも人間心理をうまく活用しています。

音楽が及ぼす影響について、メンタリストDaiGoさんがこうおっしゃっています。↓


音楽によって自分の感情をコントロールできる。
明るい活動的な自分を引き出したい時はそんな曲をかけたりすれば良い。
だからプレイリストは感情ごとで音楽を分けるべき。

↓メンタリストDaiGoさんのブログより。

例えば、僕の場合だと

僕の掃除プレイリスト。

①Hill Climb(ヒルクライム)
②世界には愛しかない(欅坂46)
③DAN DAN 心魅かれてく(中川翔子)
④Continue(SEAMO)
⑤明日はきっといい日になる(高橋優)

こんな感じで好きな曲をまとめて、(↑特にContinueがオススメ)

①→洗濯物干す
②→風呂掃除
③→食器洗う
④→床掃除
⑤→トイレ掃除

という感じで「この曲=この掃除」という風に、
行動と歌をセットにしてしまう事をオススメしています。
「この歌が流れたら風呂掃除だよね~!」というように、
パブロフの犬のように良い意味で自分を洗脳してしまえば楽です。

ポイントは1曲終わったら終わり。それ以上はしないという事です。
これについては後半で詳しく説明します。


さて、音楽を何で聴いているかというと
YouTubeで流すとどうしても映像を見てしまうので、
『AWA(アワ)』という音楽聴き放題アプリを使っています。(月額980円)
2018年8月から使っているので、もう8ヶ月もお世話になっています。

もちろんプレイリストも作れますし、Wi-Fi環境でダウンロードだけしておけば、
Wi-Fiに繋げない時(外出時、海外、飛行機内など)でも聴くことが出来るのでオススメです。
自然音も入っていて、ストップタイマーもあるので、寝る前に波の音とか聴きながら寝ています。
→「androidの方」はこちらからAWAをダウンロードできます。
→「iPhoneの方」はこちらからAWAをダウンロードできます。

月20時間以内の利用でしたら無料です。試しに使ってみるのも良いですね。何でも試す事は大切です。


そしてイヤホンは何度も紹介している『Ginova(ギノバ)』を使用しています。

AWAをスマホで流し、スマホはポケットに入れ、Ginovaで好きな音楽をガンガンに聴きながら掃除をしています。以前は有線イヤホンでやっていましたが、掃除はけっこう動きますよね。そのたびに色んなところに引っかかって、耳から抜けていたのでイラついて無線イヤホンに変えました。

快適すぎて、すぐに有線イヤホン断捨離しました。
Ginovaは防水仕様で、つけたままシャワーを浴びてもOKなんです。ですから、
仮に皿洗いをしていてシンクの中に落ちても、濡れた手で触っても全然問題ないです。

スポンサーリンク

3.目指すは『完成度80点&スピードMAX』(応用編)

ここからは「掃除=嫌」という思い込みがなくなってから、更に「掃除=好き」にする段階です。

▷完璧主義から完了主義へ

『完璧主義から完了主義へ』
メンタリストDaiGoさんが言っていた言葉です。

完璧主義のままではいつまで経っても終わりません。
30点とかでも良いので、まず一回終わらせてみようと考える、これが完了主義です。

例えば、高校受験に向けて数学の勉強をしていたとしましょう。
100ページある参考書の20ページ目でつまづきました。
この時、完璧主義の人は「すべてを完璧に網羅しようとするので」
・やばい分からない、どうしよう
・ここまで完璧に理解できてたのに
・もう駄目だ
と先に進む事が出来なくなります。
一方、完了主義の人は「理解半ばでも、とりあえず一巡しようとするので」
・まぁまた後で勉強すればいっか
・とりあえず先に進もう
・この先にヒントがあるかもしれないし
と、どんどん先に進みます。


掃除も同じで、凝り過ぎると終わりません。
ここの汚れも気になる、あの汚れも掃除しなきゃ、あそこのホコリも取って、
髪の毛は一本たりとも落ちてない状態にしなきゃ、洗剤の向きは全部揃えて…
こんな事していたら終わりませんよね。というか気が滅入りますよね。

だから完璧じゃなくて良いから、
『1曲分(3分~5分)で風呂掃除を終わらせる』という風に決めてやれば良いのです。
そんな数分じゃ完璧にはできませんよね。だから最初は30点です。

とは言え人間慣れるとコツをつかんできて自然に上達するものです。
だんだん1曲の濃さが増してきます。要は、うまくなるという事ですね。
これで80点まであがれば十分だと思います。


この十分という考えが大事で、
終わって見渡した時に「うん!十分十分!」と言って納得するのが大切です。
自分をおおげさに褒めてあげましょう。

▷プロになりきる

ちょっと慣れてきたら、その道のプロになりきってやってみるのが有効です。

理由は、ほぼ確実にスピードアップするからです。

例えば、食器洗いだと
「大学の学食の食器を洗って、この道40年。
その速さに注目が集まり、何度もテレビ局が取材にくる
食器洗いのプロ〇〇さん。(〇〇は自分の名前入れてOKです。)」

という架空のプロを頭の中で想像して(本当に要る人でもOKです)、
その人になりきるのです。
たとえ自分が食器洗い歴2週間でも、気持ちをプロにするのです。
そしたら、「プロだったらどの手順で洗うだろうか?右手と左手の役割は?スポンジの配置はどこが効率良いかな?」とか考えだすんですよね。

そこから試行錯誤が始まり、いつの間にかハマっていて、
それに伴いどんどんスピードアップしていくのです。

多分、手の抜き方とかも分かってきます。
自分の型もできてきます。
そしてそこまできたらもう皿洗い嫌じゃないはずです。


もう既にプロです。
プロになりきって行動していたらプロになってしまっています。

その経験をブログとかで発信していくのも楽しいかもですね。

スポンサーリンク

4.まとめ

「嫌いな掃除」は「好きな音楽」で克服する
・最初は音楽で「掃除=楽しい」と洗脳する
AWA×プレイリスト×Ginovaがオススメコンボ
・だんだん慣れてきたら、80点を目指す。完璧主義より完了主義。
・ プロになりきるとスピードはどんどん増す。気づけば本当にプロになっている。