【スタンディングデスク】効果とオススメを紹介【集中力爆上がり】

おすすめ
スポンサーリンク

1.スタンディングデスクについて調査してみた

スタンディングデスクとは?

立ったまま作業できる程の「高さのある机」です。

正確に言えば、
立ったまま作業ができる高さまで「調整できる机」です

座って作業する時は低くして、
立って作業する時は高くして使います。

イメージとしては、
下げている時は「普通のよくあるデスク」、
上げている時は「バーカウンター」、
とかを想像してもらえれば良いかと思います。

スタンディングデスクの効果とは?


アメリカのイェール大学の研究によると、スタンディングデスクを使うと『運動促進・肥満対策』に効果あり。
テキサスA&M大学の研究によると、スタンディングデスクを使った子供たちの『注意力と集中力』が向上し、頭が良くなったというデータがあるようです。
(こちらの記事を参考にしました。)

個人的には、
・猫背を強制的に排除できる。
・ダラダラ・ウトウトが無くなる。
・目の前の仕事に集中できるようになる。
・下っ腹や下半身の脂肪が落ちた。
・時間を無駄にしなくなった。
とかを感じています。

スタンディングデスクを1年間使ってみて

【使い始め】1時間ぐらいしたら足がちょいダル。ちょくちょく休憩。

【1ヶ月後】すっかり慣れてサクサク作業。ぜんぜん休憩いらない。

【3ヶ月後】寝る時以外ずっと立ちっぱなし。全然辛くない。

【6ヶ月後】毎日1時間歩くほど足腰が強くなる。疲労を感じなくなる。

【1年後】イス無いのが当たり前すぎて、座って作業がキツい。

こんな感じですかね。

スタンディングデスクを使って1ヵ月した頃に
椅子を手放しました。

今では、カフェなどで座って作業する方が作業が進まず。
それについ足を組んだり、猫背になってしまうので
姿勢の悪さがダルさを引き立たせてしまっています。

立ち作業の出来るカフェないかなぁ。。と思う程です。

スポンサーリンク

2.オススメのスタンディングデスク

バウヒュッテ(僕も使ってます)

僕はサイズ100cmのブラックを使っています。

サイズは、70cm・100cm・120cmの3種類です。

少し重たいのがネックですが、その分しっかり作られています

机の上げ下げは1人で出来ます。
156cmしかない僕でもできます。女性でも大丈夫です。

身長によってはこのスタンディングもありかも

安くてシンプル、レビューも良さげです。

ただ、昇降できません

身長とデスクとのサイズを相談して購入する必要があります。
「170cm超え」の人で高さが足りないように感じる人がいるようです。

逆に身長の低い女性の場合、ヒールを履くなどの工夫が必要かもしれません。

あと、座って使ったり立って、使ったり両方したい人にはオススメできません。
座るのであれば、バーカウンターあるような背の高いイスが必要です。

サイズがちょうどよく、立ち作業だけ(もしくは合うイスを探す)
と的を絞っている人には値段的にも良い商品だと思います。

カウンターがある人は必要ない

カウンターが部屋にあるなら、わざわざスタンディングデスクを買う必要はないです。

ただ、身長とあまりにも合っていなければ、逆効果なので、自分に負荷のかからないようにして使ってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

・スタンディングデスクの効果は絶大
・サイズは何をするかによる(大きければ良いという訳ではない)
・オススメのスタンディングデスクはバウヒュッテの100cmか120cm(ブラック)
・身長が合う&絶対座らないのであれば、サンワダイレクトのスタンディングデスクもあり
・賃貸を借りる際にカウンター付きを選べばスタンディングデスクを買わなくて済む