【瀬戸内のハワイ】周防大島でオートキャンプするには?【評価高い】

「旅行」の面倒を手放す

『周防大島でオートキャンプするならどこがオススメ?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「キャンプ場を調べる手間」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.周防大島でオートキャンプをするには?

片添ヶ浜(かたぞえがはま)海浜公園オートキャンプ場

周防大島でオートキャンプをするなら、「片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場」がオススメです。

※オートキャンプとは、区画内に車を乗り入れることができるキャンプ場です。

なぜオススメなの?

片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場は、周防大島の東側にあります。(✖印のところ)

周防大島でググればよく出てくる「道の駅サザンセトとうわ」から、車で5分の距離です。


すぐ近くには、

・片添ヶ浜海浜浴場
・片添ヶ浜温泉
・片添ヶ浜温泉遊湯ランド
・Re:seto

があります。

片添ヶ浜海浜浴場は「まるでハワイ」と言われるほど”キレイな海とヤシの木”が広がっており、超オススメ観光スポットです。

Re:setoは景色が良く、島のオススメカフェで、インスタ映えまちがいなしの場所です。


そんな良いスポットが集まっているから、『片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場』がオススメなのです。

スポンサーリンク

2.キャンプ場について

寝る場所は?

グレード的には、

フリーサイト < 電源サイト < コテージ < 住箱

という感じです。

1番安いフリーサイトは電源(コンセント)はありませんが、共同の「トイレ・シャワー・流し・かまど」が使えます。

住箱についてはこちらをご確認ください。

料金は?

料金は以下の感じです。

・フリーサイト:宿泊3,660円、日帰り2,080円
・電源サイト:宿泊5,230円、日帰り2,610円
・コテージ(4人分):13,610円
・コテージ(6人分):15,700円
・住箱:13,610円、1名まで追加可能(+3,000円)

個人的に安い方だと感じます。

レンタル品は?

レンタル品は、「品揃え豊富な上に安い」と感じます。

レンタル品一覧

スポンサーリンク

3.評価は?

かなり良い(☆4.3)

片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場の評価ですが、かなり良いです。

グーグルマップで見ると、☆4.3です。


コメントも良いです
グーグルマップの口コミ

個人的にもかなり良い

「目の前が海で、海すぐ横に温泉があって、車を横付けでキャンプができて、オシャンなカフェもある」って最高すぎませんか?

揃い過ぎですよね。

・真宮島
・星のビーチ

が近いのも最高です。これらについては、こちらで紹介しています。(↓)

スポンサーリンク

まとめ

・周防大島でのオートキャンプは、片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場がオススメ
・目の前は海で、近場に全て揃っている
・安くて評価も非常に高い