【数学Ⅱ】分数式を約分して、既約分数式にせよ【キレイにするだけ】

「数学」の面倒を手放す

既約分数式ってなに?何をしろって言ってんの?イミワカンナイ。

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「既約分数式にせよ、が解けない」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.次の分数式を約分して、既約分数式にせよ

今回は、この問題を解説していきます。めちゃ簡単です。

ちなみに答えはコレです。

では、さっそくやっていきます。

分数式(ぶんすうしき)とは?

「〇分の△」を、分数や分数式と言います。

約分(やくぶん)とは?

約分は、「キレイにすること」です。

既約分数式(きやくぶんすうしき)とは?

既約分数式は、「これ以上キレイにできない状態」にすることです。


はい終了。

だと、「キレイって何だよ(怒)ぜんぜん説明になってねぇよ(怒)」って怒られるので、実際にやってみます。実際にやると、言ってる意味がスグ分かると思います。

スポンサーリンク

2.実際にどうやって解くのか?

まずは問題を変形させる

まずは、問題を書き直します。

2乗とか、3乗を使わず、元の形に戻します。

同じものを消していく

次に、上と下で同じ物をどんどん消していきます。

数字は割り算します。18÷9=2なので、2と書いておきます。

これ以上消せない=既約分数式

これを、「これ以上消せない」というところまでやります。

そして、残ったものを綺麗にまとめます。

これが既約分数式(きやくぶんすうしき)です。そして、答えになります。お疲れ様でした。

式の全体はこちら

今の流れを一覧にすると、以下の感じです。

スポンサーリンク

3.余談(既約分数式は覚えなくて良い)

既約分数式なんて言葉はそうそう出てきません

既約分数式とかいう言葉は、そうそう出てきません。

なので、もしも既約分数式という言葉が出てきたら、「約分」という言葉が入ってるので、”消せるとこ消して、キレイにすれば良いんだな“と思ってもらえれば、それでOKです。

慣れたら1発で答え出ます

少し見づらいですが、慣れれば1発で答えを出すことができます。

とはいえ、前半で紹介したやり方も、見直しとして使えるので、利用してみてください。

本日もありがとうございました。

スポンサーリンク

まとめ

・「既約分数式にせよ」は上と下で同じものを消す作業
・「これ以上消せない」までやれば、それが既約分数式
・とはいえ、既約分数式という言葉は覚える必要なし

問題は青チャートより出題しています。