【車検を自分で】費用は?いくら安くなる?【簡単?オススメな人は?】

「お金」の面倒を手放す

自分で車検したら、どんぐらい安くなる?自分でやるデメリットは?難しい?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「高い車検代」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.車検を自分でやるといくらかかる?

約3~5万円

車検を自分でやった時の金額は、一般的に3~5万円ぐらいと思ってたら良いと思います。

(※もちろん、3トンもあるような車だと高くなりますが…。)

必要なお金はこの3つです

内訳は以下の3つです。

①自賠責保険料
②検査手数料
➂自動車重量税

この3つをまとめて、「法定費用」と呼びます。

この法定費用は、自分でしようが車屋さんにお願いしようが、必ずかかるお金です。

自賠責保険料はいくら?

・軽自動車 21,140円
・自家用乗用自動車 21,150円

2020年は、3年ぶりに自賠責保険料が安くなりました。約15%安くなってます。

検査手数料はいくら?

・小型車 1,700円
・普通車 1,800円

小型車=軽自動車ではありません。排気量が2,000cc以下だと小型車、2,000ccを超えると普通車のようです。あとは車の大きさも関係するかもです。

自動車重量税とは?

自動車重量税は、「車が何トンあるか」によって変わります。

例えば僕の、
12年落ちの日産ノートだと24,600円(2年分)です。

あとは、新車・エコカー・事業用だと安くなり、古い車(13年経過、18年経過)だと高くなる感じです。

少し見にくいですが、国土交通省が出してる表を載せておきます。基本的に1番左の、「2年自家用車」を見ればOKと思います。

一覧を見る(国土交通省)

※新車の場合はこちら

スポンサーリンク

2.ユーザー車検はどれぐらい安くなるの?

頼むと10万前後かかる

車検といえば「約10万円」かかるというのが、一般的な考えです。

車検を車屋さんとかにお願いすると、車屋さんの「手数料」や「整備代」が加わるからです。

それをもし、”ユーザー車検で済ませるといくら安くなるのか?“を計算してみようと思います。

僕の日産ノートだと、

・自賠責保険料 21,150円
・検査手数料   1,700円
・自動車重量税 24,600円
━━━━━━━━━━━━━
合計      47,450円

つまり、半額ほどでおさえることが出来る訳ですね。

自分でやるデメリットは?

良い話ばかりしてもダメなので、ここでユーザー車検のデメリットについてお伝えします。

自分で車検を通す場合は、整備をしてもらわないので、「安心感」に欠けます。

それに、検査に引っ掛かると追加料金や手間がかかります

ユーザー車検はどんな人にオススメ?

という訳で、ユーザー車検は、

・買ったばかり
・最低限の出費で済ませたい
・自分で点検や整備ができる

という方にオススメかなという感じです。


「やっぱりプロにお願いしよ…」と思った方は、その中でも安いとこを探してみてください。
> 安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

スポンサーリンク

3.ユーザー車検って簡単?

素人でも大丈夫?女性でも大丈夫?

女子が一人でユーザー車検受けてみたら超絶親切対応されて一発合格。

こちらの方は、かなり初心者のように見受けられますが、丁寧に教えてもらってしっかり合格していました^^

こういう動画を見ると、心強いですよね。

もし検査で引っ掛かったら?

【初めてでも簡単】ユーザー車検のやり方2020

「もし検査に引っ掛かったら」その場合はこちらの動画が参考になります。

何事も経験なので、ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・ユーザー車検は、法定費用だけなので安く済むかも
・ただ、二度手間・追加料金がかかってトントンになるかも
・ユーザー車検自体はそんなに難しくない