【車検証を失くした】再発行って出来る?やり方は?【簡単解説】

「クルマ」の面倒を手放す

『車検証をなくしてしまったんだけど、再発行って出来る?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「車検証なし」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.車検証は再発行できるのか?

再発行できる

まず結論からですが、車検証は再発行できます

それも“安く、早く、簡単に”できます。


とはいえやり方を知らなければ、二度手間三度手間になってしまうので、以下で詳細をまとめています。

車検証がないままで大丈夫なのか?

免許証と同じで、車検証は必ず車に乗せておかなければなりません。(※コピーじゃダメです)

法律違反で、50万円以下の罰金となります。


バレなきゃ良いと思うかもですが、どっちにしろ車検証がなければ車検を受けられないので、気づき次第すぐに再発行してもらいましょう。

スポンサーリンク

2.車検証を再発行するには?

どこで再発行してもらうのか?

ナンバープレートを管轄している「運輸支局(陸運局)」に行けばOKです。

ただし、軽自動車の場合は場所が「軽自動車検査協会」になります。

再発行の流れ

再発行の流れは以下の感じです。

運輸支局に行く

必要書類書いて、必要な物出す

再発行完了

意外と簡単です。

30分~1時間ほどで終わります。

再発行に必要な物

再発行に必要な物は以下の6つです。

①申請書
②手数料納付書(検査登録印紙)
➂使用者の印鑑(署名でもOK)
④理由書
⑤本人確認ができる書類
⑥300円

①、②、④は運輸支局にあります。なので実質、「300円」「免許証」があれば最低限OKです。

※軽自動車の場合、
①使用者の印鑑(署名でもOK)
②自動車検査証再交付申請書
➂300円

です。申請書は「軽自動車検査協会」にあります。

スポンサーリンク

3.運輸支局の時間に注意

昼休憩がある(北九州の場合)

北九州だけかもしれないですが、営業時間は以下の感じです。

午前:8時45分~11時45分
午後:13時~16時

1時間15分ほど、昼休憩があります。また、夕方も16時までと短めです。

僕は最初9時~17時までぐらいに思っていたので、要注意です。

また、土・日・祝・年末年始が休みなのでご注意ください。

※軽の方も同じでした。

スポンサーリンク

まとめ

・車検証は再発行できる
・普通車:運輸支局、軽:軽自動車検査協会
・ほとんど行けばある。300円と免許証持ってとりあえず行けばOK