Home»日産ラシーン» 【車検証なくした…】再発行の必要書類の書き方は?【自分で出来る】
a

【車検証なくした…】再発行の必要書類の書き方は?【自分で出来る】

日産ラシーン

『車検証を再発行する時の必要書類の書き方は?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、孤独なラシーン乗りのエイタです。
今回は、「車検証を再発行する時の書類の書き方」を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.車検証は再発行できるのか?

できる

こちらの記事で書いたのですが、車検証は再発行できます

失くした以外にも、汚した、盗られた、捨ててしまった、などの理由でも再発行できます。

ですので、まずは安心してください。

自分でできる

車検証の再発行ですが、車屋さんに頼んでも良いのですが、代行料がかかると思いますし、何より再発行が、

・安くて
・簡単
・自分でできる

ので、自分でやることをオススメします。

スポンサーリンク

2.車検証の再発行に必要な物は?

必要な物リスト

車検証の再発行に必要な物、は次の通りです。

①書類3枚
②印鑑(自署でOK)
③300円
④免許証

※もしも再発行の理由が、車検証を汚してしまってなら、「汚れた車検証」も持って行きましょう。※印鑑は「自署でOK」と書いてましたが、一応持って行った方が良いです。

必要書類3枚とは、

①申請書
②手数料納付書
➂理由書

です。

全て運輸支局に置いてあり、行くと無料でもらえます。

代理してもらえる?

再発行の代理ですが、できます。
ただ、再発行を代理してもらう場合、追加で委任状が必要となります。

こちらをA4で印刷してご使用ください。↓

委任状のダウンロード

必要書類の書き方は?

①申請書

まずは申請書が必要です。

「車のナンバー」「氏名・住所」「申請の理由(「失くした」でOK)」を書きます。

②手数料納付書

次に手数料納付書が必要です。

「車のナンバー」「氏名」を書きます。

➂理由書

そして最後に理由書が必要です。

上から順に、「車のナンバー」「車検証の遺失にチェック」「遺失状況」「今日の日付」「住所・名前・印鑑」です。印鑑は自署であれば省いて良いよいです。

以上です。
これらを揃えて受付に出せばOKです。

スポンサーリンク

3.再発行するのにかかった時間は?

36分

再発行にかかった時間は、36分間でした。

11時4分に到着して、終わったのが11時40分でした。

今回“超マイペースな従兄弟”の車検証を再発行しに行ったので、書類をテキパキ書ける人であれば、もう少し早く終われると思います。

あとは混み具合にもよりますね。

代行してもらうといくらかかる?

車検証再発行の代行サービスをチラっと検索してみると、8,800円と書いました。

自分でやると300円です。しかも30分そこらで終わります。
なのでもし、少しでも時間あれば、ご自身でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

・車検証の再発行に必要な書類は3枚
①申請書
②手数料納付書
③理由書
・書類は全て運輸支局でもらえる(無料)
・自分でやれば30分300円。代行サービスだと8,800円