【車庫証明の取り方】自分でやる手順を全て紹介【書類のPDFあり】

「クルマ」の面倒を手放す

車庫証明を自分で取る方法は??やり方や必要書類が知りたい!

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「車庫証明のナゾ」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.車庫証明をもらう5つの手順とは?

手順①警察署で書類をもらう or 自分で印刷

まず、書類を用意します。

必要な書類は、

1.自動車保管場所証明申請書
2.保管場所標章交付申請書
3.所在図・配置図
4.土地使用に関する権利関係を証する書面

です。

書類は全て、「警察署」でもらえます。(無料でした)


警察署に行くのが面倒な方は、自分で印刷してもOKです。※PDFを貼ってます。

1.自動車保管場所証明申請書×2
2.保管場所標章交付申請書×2
3.所在図・配置図
4.土地使用に関する権利関係を証する書面

自分の所有地に停める場合
借りてる駐車場の場合

※自分で印刷する場合は、1点だけ注意があります。それは、1と2を「2枚ずつ印刷する」ことです。

というのも、自分の控えを用意する必要があるからです。

警察署でもらう用紙は、1と2はそれぞれ複写になっています。※印鑑は上下ともに押しましょう。

手順②書類に記入する

記入例は以下の通りです。(警視庁の記入例を貼ってます。)

1.自動車保管場所証明申請書
2.保管場所標章交付申請書
3.所在図・配置図
4.土地使用に関する権利関係を証する書面

自分の所有地に停める場合
借りてる駐車場の場合

分かりにくい場合は、後ほど説明します。

手順③必要な物を持つ

記入が終われば、必要な物を用意しましょう。

車庫証明を取るのに必要な物は以下の通りです。

1.自動車保管場所証明申請書
2.保管場所標章交付申請書
3.所在図・配置図
4.土地使用に関する権利関係を証する書面
5.使用の本拠の位置が確認できるもの
6.2,500円~2,800円
(地域による)
7.もし、その場で書くなら認印(シャチハタ不可)

1~4までは先で書いた書類です。

5は免許証などです。営業所などの場合は、電気・ガス等の公共料金の領収書、消印のある郵便物などがあれば良いです。

6は、発行手数料などです。金額は地域差があります。ちなみに福岡は2,750円でした。

手順④警察署に申請に行く

③の6点(もしくは7点)を持って、警察署に申請に行きましょう。

手順⑤後日警察署に取りに行く

車庫証明が出来上がるのには、「3日~1週間程度」かかります。

なので後日また取りに行きます。警察署に合計2~3回は行くことになります。

スポンサーリンク

2.車庫証明の提出書類の書き方は?

福岡県北九州市の記入例が分かりやすかったです。↓

①自動車保管場所証明申請書

・車名
・型式
・車台番号
・自動車の大きさ

は、車検証(もしくは登録識別情報等通知書)に載ってます。

複写式になってますが、印鑑だけは2枚目にも押してください。

②保管場所標章交付申請書

書く内容は①と一緒です。

こちらも複写式になってますが、印鑑だけは2枚目にも押してください。

③所在図・配置図

「住民票の住所」と「駐車場の住所」が一緒の場合、左側は書かなくて良いです。

右には、駐車スペースを真上(空)から見た図を書きます。手書きでOKです。

そして、

・駐車スペースが「何メートル×何メートルあるか?」
・家の前の道路幅が何メートルあるか?

を書きます。

④土地使用に関する権利関係を証する書面

上が「保管場所使用権原疎書面(自認書)」、下が「保管場所使用承諾証明書」です。

どう違うかというと、

・保管場所使用権原疎書面(自認書)
 →車の名義人と土地の所有者が同じ

・保管場所使用承諾証明書
 →車の名義人と土地の所有者が違う

です。

どちらか当てはまる方を記入すればOKです。ちなみに、「保管場所使用承諾証明書」は、土地の所有者に記入してもらわなければいけません。ご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

・車庫証明は自分で取れる
・警察署に2~3回行く必要がある
・金額は2500円ぐらい
・書類は警察署でもらえるし、記入も難しくない