【収納しない】「吊るす・並べる」収納術【1秒1タッチを目指す】

「片づけ」の面倒を手放す
スポンサーリンク

1.しまい込む収納はもう終わり

スピード・効率の時代

今日欲しいと思った物が、明日には届く。
テレビのニュースを待たなくとも、Twitterで速報をすぐに知れる。
「OK google」「Hey Siri」と言えば、1秒で答えが分かる世の中です。

Googleマップは1分でも早いルートが見つかれば、
「もっと早いルートが見つかりました」と、何度もアナウンスしてくれます。

皆が時間に終われていて、皆が時間がない、時間が足りないと感じています。

ちょっとでも時間がかかると、
多忙な自分の、希少な時間を汚染されていると思い、イライラとストレスを感じるのです。

探し物をしている時間なんてありません。
奥から引っ張り出している暇なんてありません。
1日かけて衣替えするのも嫌ですし、
物の場所を家族に確認する手間さえ面倒くさいです。

少しでもスピードを上げて、効率的な暮らしを手にいれたいのであれば
しまい込む収納はNGです。

目標は、1秒以内に欲しい物に触れて、1タッチ(1アクション)で手に取れる状態です。

これを可能にしてくれるのが、吊るす収納・並べる収納なのです。
僕はこれをまとめて、飾る収納と言っています。

家の中ぐらいストレスのない世界にしよう

先日こんなツイートをしました。↓

自分の部屋ぐらい、ストレスを感じない空間にしたくないですか?

みんな一日頑張ってヘトヘトで帰ってくるのに、散らかった部屋を見たらもっと疲れるじゃないですか。

僕の思う、ストレスの無い部屋って

・探し物無し
・1アクションで取れる
・無理な姿勢にならず取れる
・イラっとする事がない
・時間を無駄に消費されない
・効率的に動ける部屋

です。

「そんな空間ないでしょ~。」という人が居るかもしれませんが、
そんな事はありません。

実は多くの皆さんが、1ヶ所だけそんな空間を持っているのです。
どこだか分かりますか?

家でリラックスできる場所です。「は~」と一息つける場所です。「スッキリした~」と思わず声に出てしまうような場所です。

そう、お風呂です。

お風呂が足の踏み場がないくらい、物で溢れているという人は少ないと思います。
それに、いったんお風呂に入ってしまえば出来る事って限られてますよね。

・お風呂に浸かる
・頭や体を洗う
・ちょっと寝る
・マッサージをする
・携帯を持って入る人は音楽を聴いたり動画を見たり

だいたいコレぐらいじゃないでしょうか?

携帯を持って入る人は、まぁまぁやる事増えますが
持って入らないよ!という方はあんまりする事ないですよね。

それぐらい置いている物が少なくて、出来る事が限定されているから。

そうです!この状態を他の場所でも創りましょって事です。

その空間でやる事を決める
→必要な物を厳選する
→1秒、1アクションで取って使えるように吊るすか並べる

これが僕のオススメする、超効率的な飾る収納なのです。

吊るす、並べるで『露出度』を上げる

なぜ吊るしたり、並べるのか?と言いますと、『露出度』が関係してきます。

机の上にポンと1本のボールペンが置いてあったら、1秒以内に触れますよね?1アクションで取れますよね?

玄関のドアに貼り付けているS字フックに、カギをかけてあったら、1秒以内に触れて、1アクションで取れますよね?

接地面部分があるとは言えど、どちらも露出度80%~90%ぐらいあるじゃないですか。
露出度が高ければ高い程、すぐに取り出しやすい。取り出しやすいならしまいやすい。
取り出しやすいから使いやすい。しまいやすいから片づきやすい。
片づきやすいからストレスから解放されやすい。

当たり前なんですが、いい事づくめなのです。

露出度について、他の例でいえば、

男性諸君、よく聞いてください。
露出度の高い服を着ている女性の肌に触れるのは、1秒で出来ますよね?1アクションで十分ですよね?手を伸ばすだけですもんね。

逆に、
何枚も重ね着をしている女性の肌に触れるのは大変ですよね。え?まだ中に着てるん?てなりますよね。

そういう事です。

パッと触れる状態=露出度を上げる事
めんどくささを遠のけてくれるのです。
露出度を上げるには、吊るす・並べるが一番良いです。

スポンサーリンク

2.収納の仕方について考えてみよう。

吊るす物たち

・軽い物
・自立しない物
・使用頻度が高く、かがまずに取れる場所にあった方が良い物
・その場で固定して使う物(持ち出さない物)

服、鞄、下着類、鍵、財布、フライ返し、洗剤、スポンジ、ドライヤー、シャンプー類など

並べる物たち

・重い物
・形がしっかりしている物
・置いたまま使う物

本、パソコン、ノート、スマホ、充電器、フライパン、靴、調味料、寝具など

収納グッズは〇〇〇用途の物だけで良い。

基本的に収納グッズは、吊るす用途の物だけで良いです。

・突っ張り棒
・S字フック
・粘着フック
・かもい
・シャワーラック
・吊るす収納
・ハンガー

これらだけで収納してみる。
吊るすか、並べるかだから並べるのに収納グッズは必要ないですよね。

これでやってみてどうしても必要だったら、他の収納を買う事を検討する。

最初から雑誌で紹介されている収納グッズを購入してムダなゴミを増やさぬよう気を付けてください。
基本的に備え付けの収納で事足ります。
それ以上に収納を増やしてしまえば、無駄な物を買う可能性がグンと上がる事を心にとめておいてください。

スポンサーリンク

まとめ

・しまい込む収納はストレスの元、露出度をあげる「吊るす収納」「並べる収納」を
・収納グッズは吊るす用途の物のみ使用