Home»禁煙» 【禁煙6ヶ月突破】毎日2箱以上吸ってたタバコを辞めた理由【禁煙法も紹介】
a

【禁煙6ヶ月突破】毎日2箱以上吸ってたタバコを辞めた理由【禁煙法も紹介】

禁煙

大好きな煙草をなんで辞めたの??

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、孤独なラシーン乗りのエイタです。

今回は、「大好きだった煙草を辞めた理由」について書いていきます。

※前情報として、僕は2018年6月14日に煙草を辞めました。そしてこの記事を書いているのが、2019年の1月1日です。

スポンサーリンク

1.タバコを辞めたたった1つの理由

17年ロスする

タバコを1日2箱、60年間吸うと、どれだけの時間をロスするのか計算してみると、約17年間になりました。

(※1本10分で計算)

・1日:400分
・1年:14万6,000分
・60年:876万分

876万分 → 14万6,000時間 → 6,083日 → 約17年間です。

つまり僕は、このまま煙草を吸い続けると一生涯で17年間も、『煙草に火をつける → スパー』という動作をしていることになります。

流石にこれはもったいないなと気づき、辞めることにしました。

でも…

辞めると決めた時から今日まで、6ヶ月以上1本も吸っていません。

ですがぶっちゃけ、今でも吸っていたいです。

例えるなら、”嫌いになったわけじゃないけど、理由があって渋々別れた恋人”のよう。

「今も好きだけどね。」っていう感じですね。

将来また吸うかもしれないし、吸わないかもしれない。

だけど、時間は有限ですし、今はもっと時間が欲しいと思っているので、まだしばらくは吸わないでいようと思います。

スポンサーリンク

2.煙草の辞め方

禁煙6ヶ月突破

僕は2018年6月14日に最後の1本を吸いました

そして今日が2019年1月1日です。

なので禁煙から6ヶ月以上が経ちました。
ですが1本も吸っていません。

なんてカッコつけて言いましたが、実は何度も何度も禁煙失敗しています。

なんたって”タバコ大好き”なんですもん。

どれくらい好きかと言いますと、入院して1ヶ月吸えない時期があったのですが、毎晩タバコを買いに行く夢を見ていました。

それほどタバコが大好きだった僕が、6ヶ月以上禁煙できているのは、「ある本」を読んだからです。

1冊だけ読んだ

そのある本というのは、こちらです。↓

アレンカーの「禁煙セラピー」という本です。有名なので知っている人も多いかもしれません。

僕は禁煙外来や禁煙アイテムを使わず、この本を読んだだけでタバコを辞めました。

ですが実はこの本2回買いました。

1回目は「これ読んだら禁煙できるらしいよ」と弟から渡されて読みました。

ですが、こんなん読んだだけで禁煙できる訳ないやろと思いながら読みました。そしたら見事(?)辞められませんでした。

まぁ辞める気ないんですから当然ですよね。

「ほらね!読んだだけで辞められるかよ!」と思いながら捨てました。

その後、冒頭でお話した「17年のロス」に気づいて、辞めたいと思いながらもう1回買って読みました。

そしたら本を読み上げた日からコロっと禁煙に成功したのです。本当です。

この世に”ただ読むだけで辞められる魔法の本”はありませんが、”心から辞めたいと思って読む”と辞められる本がコレだと思います。

Amazonで新品が990円、楽天だと中古が500円以下で買えます。煙草1〜2箱の値段で禁煙できるので、非常にコスパ良いです。

良かったら読んでみてください。↓

ちなみにAmazonのAudible(オーディブル)だと2ヶ月無料なので、禁煙セラピーを無料で読めます。読めますというか読んでくれるので、本を読むのが苦手な人にもオススメです。

禁煙セラピー(Audible版)

禁断症状は?

禁断症状は、僕の場合「3日間」でした。

イライラするとかではなく、3日間ボーっとしてました。その間、ぜんぜん会話の内容が入ってきませんでした。

でもその3日間、「吸いたくてたまらん」という風には1度もなっていません。(※それまでの禁煙ではすぐに吸いたくなっていました。)

ですが本を読む事によって、

煙草おいしい大好き

↓↓↓

煙草マズイ騙されてるだけ

に、煙草へのイメージが書き換えられたからだと思います。

48~72時間でニコチンが体から完全に抜けると言われているので、
ニコチンが不足して3日間ボーっとしていたのでしょうね。

長い期間苦しむことになると思っていたので、意外と禁断症状は短く終わり、狂うほど大変なものではなかったです。

なので禁断症状は恐れなくて大丈夫です。ぜひ勇気を出して禁煙にトライしてください。

スポンサーリンク

まとめ

・やめたのは17時間も失うと気づいたから
・禁煙セラピーを「本当に禁煙したい」と思って読めば辞められた