【1泊500円】タイ・バンコクの格安ホテルを徹底解説【貧乏旅行】

「旅行」の面倒を手放す
悩める人
悩める人

1泊500円!?それはさすがにヤバ過ぎでしょ。。

というイメージを、
「実際に泊まった僕」がブチ壊していきます。

こんにちは、えーたです。(@Eita_continue)
かなりの面倒くさがり屋なので、
「手放し方」を発信してます。

目次
1.1泊500円のホテルって本当にあるの?大丈夫なの?
2.Wi-Fiなどの設備はどうだった?
3.良い点と悪い点を教えて!
4.まとめ


スポンサーリンク

1.1泊500円のホテルって本当にあるの?大丈夫なの?

『YTOURHOSTEL&BEEL&PARTY』

YTOURHOSTEL&BEER&PARTY」に泊まりました。
※すみません。名前長すぎて読めません。

どんなところだろう。ボロボロじゃないの?
写真は本当?中の設備はどんなだろう。と
怪しがりながら行ってきました。

すると、本当にありました。そして、大丈夫でした。
なんなら想像よりはるかにキレイでした。

こちらがホテルの外観。パッと見オシャレなカフェのよう。ロゴが車の「MINI」に似てました。

1階のロビー。ここで持ち込みでの飲食可。冷蔵庫も部屋には無く、使うならここの物を。

本当に500円?アクセスはどう?

実は500円ではありません。正確には500円以下でした。
僕たちが実際に泊まった詳細は↓

4/22チェックイン
4/25チェックアウト
の3泊。

大人2人、ドミトリルーム(10人部屋)、男女共用

合計832バーツ(¥2,891)
※これは2人の合計です。

つまり、1人1,446円。1泊482円。

500円以下です。

安すぎますよね

ただし、最初にデポジット500バーツを1人ずつ払わなければいけません。
(※デポジット:預り金)
チェックアウトの時に部屋をチェックされ、
何か壊したり、汚したりしていたら、その500バーツは返ってきません。

そんなデポジットですが、僕たちは部屋をチェックする事なく返してもらえました。日本人という事で信用が強かったのか、それとも毎回こんな感じなのかな?
ただ、2人で1000バーツ払ったのに、500バーツしか返ってこなかったため、「1000バーツ払ったよ」と伝えると、最初にサインした用紙を見て「本当だ!ごめんね!」と言ってちゃんと1000バーツ返してくれました。


スポンサーリンク

2.Wi-Fiなどの設備はどうだった?

無料Wi-Fiが超快適に使えた

このホテルは1階がロビー、3階・5階が宿泊施設でした。(エレベーターあります。助かる)

僕たちは5階に泊まっていたため、5階のWi-Fiしか使用していませんが、非常に快適に使用できました。

と言うのも、中国人3人と僕たち2人で使用していたのですが、
中国人3人は、YouTube見ている人、ゲームしている人、パソコンをしている人が居て
僕もYouTube見たり、AWAで音楽聴きながら寝ましたし、友人も画像編集してインスタとかしてました。

これだけ使ってもスイスイでした。非常に満足の行く無料Wi-Fiでしたね。
ちなみにフロアごとで回線もパスワードも違います。↓

パスワードは、1階ロビーの窓ガラスに貼っていました。
5階の廊下、色々部屋がある。
500円クオリティとは思えないキレイさ。10人ドミトリルームに5人が宿泊。下が圧倒的人気。
各部屋では、飲食・喫煙禁止です。

飲食は1階ロビーで、喫煙は外で。

喫煙者は外のベンチで吸っていました。

シャワー、トイレ、アメニティ、洗濯などについて

5階10人部屋はトイレ、洗面、シャワーが部屋に附属しています。
シャワーは右の扉奥にあります。

ただし、3階は共用トイレ・洗面所・シャワー室です。シャワーの水圧は3階の方が良かったです。もちろんトイレシャワー付きの5階に泊まって、3階の共用を使っても良いです。

簡易的なシャワー室。湯舟はありません。タイ人は湯舟につかるという習慣が無かった気がします。

シャワーの水圧と湯加減
→水圧は弱いです。たまに数秒間ストップしますが、すぐにまた出るようになります。お湯は出ません。ぬゆい水は出ます。そこまで冷たく無く、風呂場がムシっとするので丁度良いです。


トイレ
→ウォシュレットはついていません。トイレットペーパーもありませんでした。流せるティッシュもしくは、普通のティッシュを持参する必要があります。普通のティッシュを使う場合は、流さず便座手前のゴミ箱に捨てます。1階で「トイレットペーパー無い?」と聞くと、ポケットティッシュをくれました。※このポケットティッシュは流せません。

アメニティ
→シャンプーとか何もないので各々持ってきたり、買ってきたりしています。バスタオルは1階で1枚貸してくれました。滞在期間中このバスタオル1枚を毎日使いました。体を拭いては、ベッドにかけて乾かしておくという感じです。
ドライヤーは1階のロビーでオーナーに「ヘアドライヤー貸してくれませんか?」と言ったら貸してくれます。1台しかない?みたいなので使ったら返してあげてください。

洗濯用洗剤(液体)はコンビニに1袋5バーツ(≒18円くらい)で売っています。匂いはサクランボみたいないい香り。

洗濯
→洗面所や、シャワー室で手洗いします。1袋で2日分洗う事ができます。ですので、2人で行くならシェアして「2人で1日1袋」使ったら便利です。

↑これは改装中の別部屋のエアコン。全く同じ物が部屋にもついていました。新しく綺麗です。

冷房
22~25度ぐらいに設定されており、超快適でした。暑がりの僕でも、半袖半ズボンで丁度よいぐらいで、布団をきちんとかけて寝ていました。

ベッドの枕元にコンセントあり。アンカーのモバイルバッテリー兼充電器を直刺しして大丈夫だった。変圧器不要。
延長コードも伸びており、僕の枕元にあった。

コンセント
日本の物を直でさして大丈夫でした。部屋には4か所程コンセントがあったにも関わらず、なぜか皆僕の枕元から延長コードを伸ばして使っていた。燃えださないかなとちょっと心配ではあったが大丈夫でした。
2段ベッドは下が人気だったがその理由はコンセントが使いやすいからもあると思う。

スポンサーリンク

3.良い点と悪い点を教えて!

良い点

僕の評価は「かなり良い」です。☆5中☆4.5ぐらいです。


そりゃ日本の東横インと比べたら全然駄目だけど、なんてったって500円ですからね。
1泊5,000円以上の東横インとはワケが違います。

そりゃ不便なところもあるかもしれませんが、500円なのにこれもあるの?という気持ちの方が大きかったです。

・清潔感あり(オシャレカフェみたい)
・門限無し
・駅から歩いて5分ぐらい(最寄り駅はエカマイ駅)
・周りにマックスバリューやビッグCというスーパーがある
・オーナーが超フレンドリー
・毎日1日中荷物置いて遊んでいたけど何も盗られなかった(部屋のメンバーによるかも?)
・無料Wi-Fiが超快適だった

悪い点

悪い点というか、もっとこうして欲しい、
というのはこのホテルに限らず挙げたらきりがない事だと思います。
ですが、500円だからね。と思えば何でも感謝でき、充実した気持ちで過ごせます。

以下普通のホテルよりちょっと不便だけど、
「別にそれぐらいどうってことない」と思えるならこのホテル最高なので
旅行先のホテルとしてオススメ
です。

・お湯が出ない
・洗濯が手洗い(もしかしたら頼んだら有料で洗濯できたのかもしれません。でもみんな手洗いしていました。)
・ドミトリルームなのでいびきがうるさい(それはこのホテルに限らず)
・アメニティがない
・シーツ毎日交換とかない
・バスタオルは最初に借りた1枚を連日使う
・ロッカーとか金庫がない

スポンサーリンク

4.まとめ

バンコクのエカマイ駅から徒歩5分ほどの500円ホテルがコスパ最強だった
・ちょっとした不便はあるけど、500円にしては十分すぎるおもてなし
Wi-Fiも空調も快適、シーツも綺麗
・貧乏旅行には最高なホテルだった。帰国して周りに見せたら「いいじゃん!」と言っていた。
注意点はシャンプーとかトイレットペーパー、歯ブラシ等は持参する事。洗濯する場合は洗剤も。(※全部近くのスーパーやコンビニで買えます。)
いびきが気になって眠れないという人はイヤホンか耳栓を持参する事を強くオススメします。高確率でみなさんいびきかいてます。

現在も改装中の部屋がいくつかありました。

洗濯機もあったみたいなので、コインランドリーの部屋?ができるかも?