【タイに行く飛行機】ミニマリストはLCC【大手航空会社は不要】

「旅行」の面倒を手放す

タイに行くときってLCCが安くて良いんだよね?でも大手しか使ったことない…。何がどう違うの?

というお悩みに、「1年に2回はタイに行ってる僕」がお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は「高い飛行機代」を手放しましょう。

スポンサーリンク

1.LCCはどれぐらい安いのか?

「実際の航空券」で見比べてみた

【比べるための条件】
・2019/07/01のチケットを2019/06/18に見た値段
・福岡空港→タイまでの航空券代
・片道
・直行便
・エコノミークラス
・「スカイキャナー」で検索

大手「タイ国際航空」 ¥61,780

LCC「タイ・ライオン・エア」 ¥11,918

な ん と、

『約6倍』違うんです。

「LCCって何か信用できな~い」では
見過ごせない額だと思うんですよね。

だから今回、「LCCってこんな感じだよ。怖くないよ。」
ってのを、大手もLCCも両方使ってタイに行った事がある僕が
お伝えできればと思って書き出した次第であります。


あれと似てる問題かもです。
大手携帯会社と格安SIM。
まぁ情報として知るだけはタダなので、良かったら見ていってくださいな。

どこの空港?乗り継ぎなんでしょ?

タイのバンコクに近い空港は2つあって、

LCCがメインな『ドンムアン空港』
大手もLCCもある空港『スワンナプーム国際空港』


の2つです。


冒頭で紹介した、
タイ・ライオン・エア(LCC)はドンムアン空港に、
タイ国際航空(大手)はスワンナプーム国際空港に到着します。

ちなみにどちらも『直行便』です。

乗っている時間も、
タイ・ライオン・エア(LCC)が5時間35分、
タイ国際航空(大手)が5時間20分とほぼ一緒なのです。


もちろん「LCCでスワンナプーム国際空港」に行く手もあります。
ただ、その場合は「乗り継ぎ」になる事が多いです。
と言うか、多分ほとんどそうだと思います。

参考までに先ほどの2019/07/01の分で
LCCだけどスワンナプーム国際空港に行く便を載せておきます。

「ジンエアー」 ¥18,106
福岡空港→ソウルのインチョン国際空港→スワンナプーム国際空港
トータル11時間15分

スポンサーリンク

2.「LCC」と「大手」の違いは何?

LCCはどんな不便がるの?主に5つ

①狭い

座席結構狭いです。
僕は小柄なのでそこまでキツさを感じませんが、
人によっては、膝が前の席にスレスレかもです。

②機内食なし

ご飯出てきません。

航空会社によってはサンドウィッチ?みたいな
軽食が出たりするみたいですが、
「ガッツリ機内食~」ってのはないです。

③モニター&充電の挿し口なし

モニターについては、
僕が今まで乗った福岡空港発のLCC飛行機は
1台もモニターがありませんでした。
もちろん充電もできません。モバイルバッテリー頼りです。

ですが東京からLCCに乗ってきた友人の飛行機には、
モニターも充電口もあったそう。

飛行機のサイズも全然違ったようなので、
サスガ東京ってことにしておきます。

④荷物の預けなし

大手だとスーツケースなどを預けることができます。
LCCはそれができません。

すみません。
ちょっとウソつきました。

本当は、「無料で預けられない」です。
追加でお金を払えば預けられます。

⑤丁度よい時間がない

冒頭で紹介した2社ですが、出発時間は以下の通りです。

タイ国際航空(大手) 11:35発
タイ・ライオン・エア(LCC) 08:25発

LCCはなんと「08:25発」なのです。

これがどれぐらいエグいかと言うと、僕のように「3時間前」には空港に着いておきたい人で、空港まで「1時間半」かかる人なら、家を『朝4時』に出ないといけないのです。

逆に、11:35発の大手空港会社の方なら、家を朝7時頃に出たら良いのでまぁ普通ですよね。


この差がLCCのエグさです。
まぁこれは最安値の便なので、他の便だとここまでエグくないですが。
安さも納得ですよね。朝が苦手な方は、逆に夜中発を狙うのも手です。
ただ、当たり前ですが、超眠いです。

私ごとですが、夜中便に乗るために意識朦朧と空港を歩いてたら、手に持ってたお土産が全部なくなってました。

トイレはありますよ?それにイザとなれば…

これだけあれもこれもないと書くと、「トイレも…」と思う方がいるかもしれないですが、さすがにトイレはあります。

あと、いざとなればご飯や飲み物を機内で買えます。飛行機に乗る前に、食べ物を買って持ち込むのもOKです。なので餓死したりしないので、その点もご安心ください。


では最後に、「LCCをウマく使いこなせる人」を紹介して終わります。当てはまる方は、LCCにトライしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

3.LCCをウマく使いこなせる人

ミニマリスト

ミニマリストって荷物少ないじゃないですか?
リュック1つで海外旅行いけちゃうじゃないですか?(偏見)
だから荷物を預けなくて良いじゃないですか?

つまり、「LCCでも全然問題ない」ってことです。

機内持ち込みの7kg以内だけあれば十分。
だから『ミニマリストはLCCに向いている』ってことですね。

てか、LCCはミニマリスト用の飛行機なんじゃないでしょうか。

時間に余裕をもって行動できる人

チェックインの時間に余裕を持って行ける人は、
チェックインカウンターで「席の指定」が出来る可能性大です。
しかも無料で。


LCCは人件費削減のため、
チェックインを機械でするところが多いのですが
あえてチェックインカウンターに行ってみてください。


で、「通路側とかできませんかねぇ」って言うと
空いてたらやってくれます。
これ余裕を持って行くからできる事で、
ギリギリに行っても多分空いてないです。


海外から戻ってくる時もこの手が使えます。
通路側だったら「アイルシート」
窓側だったら「ウィンドウシート」
と言えば伝わるはずです。
一応、真ん中の席も書いておくと「ミドルシート」です。


後は、LCCはご飯が出てきませんから、
弁当とか食べ物を買って飛行機に乗った方が良いのです。
これも時間に余裕をもって行くとゆっくり買い物ができるのです。
ギリギリに何も買わずに乗り込んだら、
軽く5時間は何も食べられませんから、ご注意を。



ご飯だけに限らず、
LCCは搭乗口が遠かったり、バスで移動しなきゃだったり、
締め切りが速かったりするので余裕を持っていった方がよいですよ。

まぁそもそもエグい時間帯なのに、
それで余裕をもって行くとなるとかなり過酷なワケですが…。


深夜便だったりしたらその点は心配ないかもですね。

スポンサーリンク

まとめ

・LCCの飛行機はめちゃ安い。安い理由は最低限の設定だから。
・LCCは時間が良くない。LCCは機内食がない。LCCは座席の指定ができない。LCCはモニターがない。LCCは荷物を預けられない。
・「無い物尽くし」だけど、すべて追加でお金を払えば付けられる。トイレは無料でついてる。
・ミニマリストは荷物が少ないから、預けないし、沢山歩くのも余裕だからLCCに向いている。
・余裕をもって空港に行く人はLCCの利用が苦じゃない。