【タイヤサイズの見方】それぞれの数字やローマ字の意味とは?【簡単説明】

「クルマ」の面倒を手放す

タイヤのサイズの見方は?数字とローマ字の意味は?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「タイヤの謎」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.タイヤのサイズの見方は?

タイヤに刻まれた数字の意味は?

・195:タイヤ幅
・55:扁平率(へんぺいりつ)
・R:タイヤの構造
・15:タイヤ内経
・85:ロードインデックス
・V:速度記号

タイヤ幅とは?

1番最初に書かれている数字は、タイヤ幅と言って「タイヤの太さ」を表します。

195は195mmを表すので、太さが19.5cmのタイヤということです。

タイヤを太くするメリットとしては、
・コーナリング時の安定性
・ブレーキングが有利に

扁平率(へんぺいりつ)とは?


2番目に書かれている数字は、扁平率と言って「タイヤの薄さ」を表します。

55は扁平率55%を示しています。これは、扁平率の計算式を見るとなんとなく分かります。

扁平率の計算式が、

扁平率 = タイヤの断面の高さ÷タイヤの幅×100

なので、変形すると『高さ=幅×◯%』となるので、高さと幅の比率を表す感じです。

つまり、幅の「55%分の厚さ」しかないですよ~ってことを言ってます。

目安は、扁平率が低い方で35%、高い方で70%だそうです。

ちなみに薄いタイヤだと、乗り心地が悪めです。

タイヤの構造とは?

扁平率の横に載ってるローマ字は、「タイヤの構造」を表してます。

Rは「ラジアル構造」を示しています。

他には、バイアス構造があります。バイアス構造は「低速で悪路走行での乗り心地が良い」というぐらいで、あまりメリットがありません。

タイヤの内経とは?

3つ目の数字は、タイヤの内経と言って「ホイールの直径」をインチで表しています。

なので15は15インチを表します。

ロードインデックスとは?

最後の数字は、ロードインデックスと言って「タイヤ1本あたりが支えられる荷重を示した指数」を表します。

85は負荷能力515kgなので、4本で2,060kgとなります。

このロードインデックスの表は、こちらから確認できます。

速度記号とは?

最後の出てくるローマ字は、速度記号と言って「走行できる速度」を表します。

Vは240km/hを示します。

他の速度記号は、以下の通りです。

・L:120km/h
・Q:160km/h
・S:180km/h
・T:190km/h
・H:210km/h
・V:240km/h
・W:270km/h
・Y:300km/h

スポンサーリンク

まとめ

・タイヤサイズの見方は意外と簡単
・左から順に、「タイヤの幅」「扁平率」「構造」「インチ」「耐荷重」「出せる速度」
・純正と大幅に離れないように注意