【宅建】独学で23点、通信講座で40点【たぶんコレで合格できる】

「面倒くさい」を手放す
悩める人
悩める人

宅建を独学するか、通信講座にするか迷ってます。あと、合格にはどれぐらいの頭が必要ですかね。

というお悩みに、「通信講座を使って合格した僕」がお答えします。

目次
1.受かる訳がない
2.極端攻めた
3.使った教材はコレ!!
4.まとめ


この記事を書く僕(@Eita_continue)は、
かなりの「めんどくさがり屋」です。

心身ともにもっと身軽で生きたいと思い、
物・ムダ・不安・ネガティブ・手間・ストレス・嫌い
などの、『手放し方』を発信しています。

スポンサーリンク

1.受かる訳がない


ITパス、簿記3級の不合格者です。

宅建を受けた時の
「僕のスペック」はこんな感じでした。↓

・ITパスポート不合格(合格率47~49%)
・簿記3級不合格(合格率45~50%)
・「高2の時」の成績
英語9点、化学13点、
物理0点、国語38点、世界史6点
・私大の数学科卒業

ぶっちゃけなくても分かりますが、
「バカ」です。


誰もが「受かる訳ない」と言ってました。
こんな僕が、

・社会人1年目(22歳)で働きながら
・1問たりとも知らない分野の
・20万人以上受けて合格率15%ほどの
・国家資格「宅地建物取引士」を
・通信講座で40点合格した


ので、「受ける前から諦めている人」の
背中を押せたらと思い記事を書く事にしました。



最初に熱いメッセージを送るとすれば、
宅建は頭が良くなくても、
正しい努力をすれば必ず受かります

という事です。

宅建の、ぶっちゃけ

宅建とは、

【国家資格です。】

【持っているだけで、給料アップ】
→なぜなら、事務所の5人に1人は
「宅建士」を置かないといけないと法で決まっており、
10人居るなら、内2名は宅建士でなくてはいけません。

〇〇〇〇●┃〇〇〇〇●
☝こういうことです。(●:宅建士)

で、宅建士1人が辞めるとなれば、
また宅建を持っている人を探すか、
4人をクビにしなければなりません。

結構大ごとなんです。
だから宅建士に辞められないよう、給料が多めなんです。
もちろん既存の社員が宅建を取れば良いのです。
会社的にも既存の社員に取ってほしくて、
資格の勉強支援などしていますが
「受かる気が全くない」人が多すぎです。

【4択問題】
→「記述じゃないならいけるかも!」
と舐めてはいけません。
過去の僕はこれで1度失敗してます。
まぐれで合格できるようなもんじゃないです。

僕が合格した年(2017年)は、
50点満点で35点が合格点でした。
申し込み約26万人。受験者約21万人。
合格者約3万人。合格率は15%です。

僕が適当に受けた時は23点、
本気で勉強した時が40点。

数字や実際の点数を見てもらうと分かるように、
まぐれは「ほぼほぼムリ」です。
まぐれを狙って受けるなら、
「受験料とわずかながらの勉強時間」
が勿体ないのでやめましょう。


【捨て問以外、取りに行かないと落ちる】
→捨て問は何問目に多い。この順で解こう。重点的に勉強する範囲。
これらめちゃ大事です。

【範囲が膨大。テキスト見ただけで挫折する】
→正直「知ってるわこれ」という内容が1つもない。
テキスト3冊分、ぜんぶ初めましての内容。
見ただけで挫折します。

スポンサーリンク

2.極端に攻めた


実際に僕がやった方法

①1ヶ月半一切遊ばない
②合格すると公言しまくる
③仕事後→カフェで勉強。家で勉強。
④全ての時間を宅建に捧げる
⑤とにかく問題演習
⑥過去問10年分を3周

極端なスケジュール

僕は試験までの日程を、
極端なスケジュールにしました。

と言うと聞こえが良いですが、
実際は前半だらけていて追い込まれただけです。

以下の感じで進めました。↓


4月に教材を頼む。

6月ぐらいから、たまにテキスト見る程度。

8月終わりに、過去問解いてみる。
13点で絶望。(合格点は35点とか)

9月4日に遊ぶ約束をしていたので、
9月5日から一切遊ぶのを辞める。

毎日仕事が終わったらカフェで勉強。
カフェが閉まったら、家で勉強。

朝は4時起床で勉強してから仕事。
仕事の昼休憩も勉強。
移動中の車の中も勉強。
家でご飯とか、フロとかトイレ中も勉強。

とにかく宅建が主体の生活

宅建を勉強するついでに、フロに入る。
宅建を勉強するついでに、トイレに行く。
宅建を勉強するついでに、ご飯を食べる。
という感じでした。

服を着替えている間も、
テキストを床に置いて、
読みながら着替えていました。

とにかくいつも脇にテキスト、
手にスマホを持って移動していました。

どんな隙間時間でも宅建に触れていました。


こんな感じで合格までたどり着いたのですが、
結果的には短期集中で良かったのかなと思います。

真剣にやったのが1ヶ月半だったので
ダレる暇がありませんでした。

ちょっとリスクが高いので、
オススメはしませんが、
極端なスケジュールも良いかもしれないです。

スポンサーリンク

3.使った教材はコレ!


Foresight(フォーサイト)

僕は、「独学」「通信講座」「通学」
で迷いましたが、通信講座を選びました。

理由としては、
①独学で1度落ちた
②通学は高い
③働きながら通うには遠すぎる
という理由です。

で、通信講座の中でも
合格率がハンパない
フォーサイトを選びました。



・値段が分割でギリ出せる
バリューセット2にしました

・テキストの見やすさ
→無料の教材のサンプルを見て即決しました

・メルカリで売れる
→実際、使用済みで25,000~30,000円で売れた

給付金あり
→ハローワークから2割戻ってくる

・合格率高すぎて胡散臭いレベル
70.8%(利用してみてガチだと分かった)

窪田先生の説明まじで分かりやすい

・合間のコラムに励まされる
→これはフォーサイトを使った人なら分かるはずです

アプリ優秀過ぎ
→ゲーム・質問・カウントダウン
アプリがあれば勉強の8割ぐらいできます



ぶっちゃけ社会人1年目の僕には、
高かったんですよ。

だけど、
✔早めに注文したら安い
✔最悪メルカリで売る
✔給付金もある
✔合格したらAmazonもらえる
ってことで、「分割で注文」しました。


結果、合格できて、教材も1つ残らず売れました。
こんなハッピーエンド初めてかもです。


だから僕はフォーサイトをゴリ押しします。

3ヵ月あればいける。1ヶ月半も可能。

先述したとおり、僕は8月終わりまで怠けていました。

完全に舐めていましたが、
過去問を解いて自分の甘さに気づき、
それから3倍速でやりました。

結果40点で楽勝合格しました。
捨て問以外はほぼ全部得点できました。
最初の3問解いただけで、
笑いが出てきました。
これはもらった(合格だ)と確信したからです。


でも僕は冒頭で書いたように、
バカです。
社会とか嫌い過ぎて、
解答欄全部にルイ13世って書いた事あります。
ちなみに全問違いました。

そんな僕でも1ヶ月半で合格できたんです。
だから、やれば必ず合格できます。


確かに教材が届いたときは、
量の多さに挫折します。

だから、挫折したメンバーが
綺麗な教材をメルカリで売っています

試験の申し込みをした後に諦めている人も多いです。
で、試験当日にも諦めている人めちゃ多いです。


だから本気の人は「このゲームに勝てます」。


ただ、正直、独学は厳しいです。

ムダな事(捨て問まで勉強)をし過ぎるため、
かなり長期で勉強する人・集中力が続く人
じゃないと厳しいからです。


でもフォーサイトは、
捨て問が乗ったページをバンバン飛ばして
授業してくれました。
おかげで厚いテキストもあっという間に一周してしまいます。

それが気持ち良いというか。
もうこんなに進んだんだ!という気持ちになれます。

そのおかげで1ヶ月半でも間に合った感じです。


だから、ムダを嫌う人であれば
フォーサイトが合うと思います。


スポンサーリンク

4.まとめ

・宅建に合格した僕はバカでした。(英語の偏差値21)
・宅建はまぐれで合格なんかできない。(経験談)
・宅建中心の生活で1ヶ月半で合格は可能(しかも仕事しながら)
・教材はフォーサイトを使用(通信講座)
・実際に余裕で合格できた。(3問目で確信)