【不動産の資格】「宅建」って何に役立つの?【資格の難易度も紹介】

おすすめ

宅建(たっけん)ってよく聞くけど、実際なんの役に立つの?どんな資格なの?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「宅建ってどこで使えるの?という疑問」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.宅建って何に使えるの?

不動産の契約をするのに必要な資格

ザックリ言えば、家や土地を売ったりする時に必要な資格です。

スマホ契約1つにしても、契約書ってあるじゃないですか。

あれを、家や土地は高いから、「誰でも契約結べるようにしちゃダメ」「最後の契約書交わすとこは、ちゃんと資格持った人がやってね」というのが宅建の役目です。

「宅建」を持っていないと出来ないこと3つ

「宅建士(正式には、宅地建物取引士)」という資格を持ってないと出来ない事が3つあります。

具体的に言うと、

①重要事項の説明
②重要事項説明書への記名・押印
③契約書への記名・押印

です。

この3つは「宅建の資格」を持ってないなら出来ません


例えば、「自分の住む部屋」を借りる時。
不動産屋さんがずっと説明してくれてたのに、「ここからは、宅建士に説明してもらいますね」と、途中で担当が変わった経験ないでしょうか?ソレです。恐らく最初の不動産屋さんは、宅建を持ってないので、最後の大事な説明ができなかったのです。

5人に1人は「宅建士」が必要?

不動産の仕事をするなら、従業員5人に1人は宅建士を置いておかなきゃいけません。法律で決まってます。

たとえば、福岡不動産の福岡支店に、15人の従業員がいるとすれば、最低3人は必要という訳です。

5人に1人なので、もし従業員が16人になった場合、4人必要ということになります。なので、宅建を持っているだけで、就職が有利になるという話は一理あります。

スポンサーリンク

2.宅建の資格アレコレ

国家資格?民間資格?

国家資格です。

※国家資格:国が認める資格

受験資格は?

受験資格はありません。

不動産業で働いてなくても、中卒でも、どなたでも受けることができます。

試験日は?

だいたい毎年10月中頃に行われてます。

2020年は10月18日(日)となっております。

申し込み期間は?

・郵送:7月1日~7月31日
・インターネット:7月1日~7月15日

(※2020年の場合)


(ネットより申し込み:不動産適正取引推進機構)

受験料は?

7,000円です。

民間のバカ高い試験より、全然安いですよね。

合格率は?

合格率は、だいたい15%前後です。
約20万人が受けて、約3万人が合格する感じです。

以下、過去5年分。

・2015年:17.5%
・2016年:15.4%
・2017年:15.6%
・2018年:15.6%
・2019年:17.0%

独学?通信?通学?

勉強するにあたって、「独学・通信・通学」という選択肢があると思いますが、通信をオススメします。

理由は、独学と通学のデメリットが大きかったからです。※実際僕は、独学で1度失敗してますし、公務員試験のため通学してましたが、パニック障がいになり通う事ができなくなりました。

独学のデメリット

・捨て問が分からない
・参考書選びからスタート
・分からなくても聞けない
・スケジュールが全く分からない
・とにかくこれで良いのか毎日不安
・法改正を自分で調べなきゃいけない

通学のデメリット

・高い
・時間の自由が利かない
・通うのに時間がかかる
・他人がいると集中できない
・教室でジッとしておくのが苦手

スポンサーリンク

3.不動産の資格一覧

不動産系の資格たち

ググると沢山でてきました。まだあるかもですが、ざっとまとめておきます。

・大家検定
・公認ホームインスペクター
・管理業務主任者
・古民家鑑定士
・再開発プランナー
・測量士
・測量士補
・敷金診断士
・土地区画整理士
・伝統資財施工士
・土地家屋調査士
・土地活用プランナー
・宅地建物取引士
・土地改良換地士
・不動産実務
・不動産知識
・不動産コンサルティング技能試験・登録制度
・不動産鑑定士
・防災士
・マンションリフォームマネジャー
・マンション管理士
・マンション建替士
・ライフスタイルプランナー
(※あいうえお順)

難しい国家資格から、簡単な民間資格まで様々です。

難易度の高いトップ層は次の通りです。

難易度ランキング

1位:不動産鑑定士
2位:土地家屋調査士
3位:マンション管理士
4位:管理業務主任者
5位:宅地建物取引士(宅建士)

サイトによって多少前後あるかもですが、だいたいはこんな感じです。全て国家資格です。

こう見ると、宅建より難しい資格がまだまだあります。何だか、合格できる気がしませんかね。

宅建は難しくない?

で、実際のところなんですが、ぶっちゃけ、難しかったです。高校の受験勉強とかより、真剣に勉強しました。

ただ、確実に合格はできますしかも高校3年間と違い、短期間(3~6ヶ月)でいけます。

ぜんぜん無謀ではありません。他の士業に比べたら、かなり合格しやすいです。

その根拠は、

フォーサイトを利用した人の合格率が4倍超え
・都道府県さえ分かってない僕が受けて合格した

からです。

その辺の話は、こちらの記事でしてるので、興味のある方はご覧ください。少しでも、宅建を受けようとする人の、背中を押せたら幸いです。


スポンサーリンク

まとめ

・宅建がないと、不動産の契約が結べない
・従業員の5人に1人は資格持ってる人が必要
・難しいけど、ぜんぜん無謀な資格ではない