【宅建】間に合わないと決めるのはまだ早い【残り2週間で爆伸びする方法】

「面倒くさい」を手放す

宅建の試験まで、あと2週間…。合格点は1度も取れてないし、今更頑張ってももうダメだ。諦めよ。

という声に、「2週間で結果を覆した僕」がお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「試験前の諦め」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.残り2週間の威力

残り2週間なのに…

試験まであと2週間

最低でも「35点」は取れるようになっておきたいとこです。でも、僕は30点しか取れてませんでした…

正直、
「やっぱ俺に宅建はムリだったのかも」
と落ち込みました。


で、それから2週間後どうなったかと言うと

試験当日

3問目を解いたところで合格を確信。
問題を解きながら笑いが止まりませんでした。

結果は40点
合格点は35点だったので、楽勝合格でした。


でも2週間前まで、
30点しか取れてなかったのは事実です。


この実体験より、
宅建は残り2週間が合否を分ける
と言えます。


では残りの2週間、
いったい何をしたかと言うと

スポンサーリンク

2.試験までこれだけをやるべし

過去問2周

過去問10年分を、最低でも2周しましょう。

・法改正があったから意味ない
・答えを覚えちゃうから意味ない
・同じ問題は出ないから意味ない

と言う声をネットで見かけますが、オール無視でOKです。

法改正はあっても一部です。他の問題は普通に使えます。それに、「昔これは〇だったけど、今はこういう理由で×」と覚える事ができ、印象大でむしろラッキーです。

「答えを覚えちゃうから」は、全然良い事です。4択×50問×10年分なので、2,000問あります。覚えたら超最強なので、ぜひ覚えてください。

過去に出た問題と同じ問題は出ませんが、過去問と同じパターンの問題は沢山でます。もしホントに過去問が意味ないなら、大学受験の赤本とか「廃盤確定」ですよね。

イチャモンをつけて解かないでいると、”不合格”という結果になります。


どんな問題集も「それっぽい物」でしかないですが、過去問は実際に本番で使われた物なのでそれが全てです。

とにかく、すがる思いで、過去問を信じてやってください。

今すぐコンビニに行って、10年分を2~3部ずつ印刷しましょう。

サイズは本番と同じA4、色は白黒で安い紙でOKです。
宅建の過去問をダウンロードできるサイト

間違った問題を徹底攻略

人間は不安になると、
解ける問題を再び解いて安心したがる」のです。

でもそれじゃ合格できません。

解ける問題は何回やっても解けるので
放置してください。

残り2週間でやるのは不安の根本を潰していく事です。

つまり、今まで解いてきた問題の
間違った問題をとにかく覚えていきましょう。


新しく問題を解き始める必要はありません。
それまでにやってきた問題集の、
不正解の問題だけチェックを入れてそこを何度も攻めましょう。




残り2週間でやるのは
・朝と夜のまとまった時間に過去問
・日中のスキマ時間に不正解の問題をおさらい

です。



では最後に不合格になる人がやりがちな失態
紹介して終わりにします。↓

スポンサーリンク

3.逆にこれだけは辞めておこう

新しい参考書を買う

直前に新しい参考書を買うのはマジでNGです。

新しいのを買う=参考書のせいにしてる
のと一緒なので、合格は厳しいです。


必要なのは真新しいテキストではなく、
「ネットで無料で手に入る過去問」と
「今まで解いてきた問題集」です。

新しい物に手をつけるのではなく、
最後まで持ってる教材を信じてやり通しましょう。


恋と一緒で色んな女の子にフラフラ行ってたら
結果誰も残らないです。1人を愛しましょう。

諦める

残り2週間。

合格はもう目の前まで来てるのに
諦める人が多すぎ」です。


諦めたら試合終了と言いますが、
本当その通りです。

「諦める・諦めない」
それだけで合否が決まるとしても諦めますか?


諦めないですよね。

今までやってきた数ヶ月を
”勝負もしてないのにドブに捨てる”のは
それまで頑張ってきた自分が
あまりにも可哀想すぎます。



諦める事を諦めてください。


せめてあと2週間がんばって、
宅建合格をつかみ取ってください。

スポンサーリンク

まとめ

・宅建は残り2週間で合否が分かれる
・残り2週間でやるのは、
過去問10年分と間違えた問題を潰す事
・逆に、新しい参考書を買うのはNG
・ 最後はやっぱり諦めずやれるかどうか