【残り2週間】宅建試験当日の持ち物は?【合格率upアイテムとは】

「面倒くさい」を手放す

試験まであと2週間。そろそろ持ち物を揃えとくか。で、何が要る?

という疑問に、お答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「宅建当日の焦り」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.宅建の試験で必要な物

必需品リスト

宅建の試験で「必要な物」は以下の通りです。

・シャーペン×2
(もしくは、鉛筆×3)
※転がらないようにカクカクを選ぶ
・替え芯
・消しゴム×2
・受験票
・腕時計

・スマホ
・財布

文具とかは誰かしら余分に持ってますが、受験票だけは替えが効きません。なので、何が何でも忘れないように注意です。

テキスト類は?

テキストを全部持っていくのは辞めましょう。

理由は3つありまして、

①短時間で全部読み返せる訳ない
②重たすぎて試験前に疲れる
③知らない事が沢山ある気がして不安になる

個人的なオススメは、
「間違った問題」を持って行くのが良いです。

試験数日前に解いて、
それでも間違った問題とかです。

覚えるポイントとか横に書いておいて、
直前に頭に叩き込むのが良いかなと。

下手に教材を全部持って行くと、
「これはOK」
「これは覚えてる」
「これは完璧」
みたいな確認作業に時間を取られてしまいます。

だから間違った問題を持って行くのがオススメです。
過去問とかの間違った問題だけ見直すで良いと思います。


なぜ間違ったのかを確認するために、
プラスでテキスト(教科書)ぐらいなら
持っていっても良いかもです。

だから残り2週間ぐらいを使って、

問題解く
→間違えた問題に目立つようにチェック
→解説などを書いておく

をして
・自分がちゃんと覚えてない
・理解しきってない問題
を直前に見返せるようにまとめておくと良いです。


では次に、
合格率を上げてくれるアイテムの紹介です。

スポンサーリンク

2.合格率アップの3アイテムとは?

①コクヨのシャーペン

僕のオススメシャーペンを紹介します。

シャーペン界の王様だと思ってて、実際これを使って合格しました。

オススメポイントは以下の感じです。

・芯が太いのでマークシートが塗りやすい
・筆圧が強い人でも芯が折れにくい
・本体が三角形なので転がらない
長時間握ってても疲れない素材

宅建のために作られたのかと思うほど適してます。

とは言え、
自分の使い込んできた物を使うのが1番です。
一緒に長い時間過ごしてきたと思うので、
ソイツをぜひ会場に連れて行ってあげてください。


もしも気に入ったシャーペンに出会えてないなら、
コクヨの鉛筆シャープ0.9mm」を試してみてください。
マークシートめちゃ塗りやすいです。

②100均一の耳栓

宅建の試験には、耳栓を持って行くことをオススメします。

ダイソーで売ってる耳栓でOKです。かなり良品です。

スポンジみたいな素材なので、自分の耳にピッタシの形になります。なので、「音を遮る能力が高い」という事です。しかも耳も痛くなりません。

当たり前ですが、外部の音が聞こえないので、気が散りません。


周りの音が聞こえると、
どうしてもチラっと見てしまい、

・完全に諦めて寝てる人
・自信満々にどんどん解いてる人
・監視員さん

などが目に入り、集中力やヤル気を奪われます。



あと、長時間の試験につきものな
お腹の音」です。

お腹の音って気になりますよね。
(あ、隣の人お腹鳴ってる…)みたいに。

あと、僕だけかもですが、
他人のお腹の音が聞こえると、
自分もお腹すいてくるんですよね。

というより、
それまで集中して忘れてたけど、
お腹すいてる事を思い出しちゃうというか。


そうなると本当に鳴りだすから最悪です。


だから、
・集中力を遮る音を防止してくれる
・自分のお腹の音も他人のお腹の音も
聞こえない状態にしてくれる


そんな「耳栓」は最強アイテムだと思います。100円で買えるので良かったらお試しください。

※「耳栓の持ち込み」について。当日、試験前に監視員が、1人ずつ本人確認をしに来るので、「この耳栓使っても良いですか?」と聞いたらOKです。

③軽食

試験は13時からなので、軽食を持って行くことをオススメします。

それも、試験場近くで調達するのではなく、「家から持って行く」か、「家の近所で買って行った方が良い」です。

理由は、みんな会場近くで調達するからです。お店が受験する人で行列になったり、商品が全然無かったりします。

それに、ガッツリ食べると眠くなるので、パンやウィダーぐらいを鞄に入れて行くのが良さげです。

スポンサーリンク

3.これも持ちましたか?

必要な3つのメンタル

以下の3つも持って行く事をオススメします。

①自信
②諦めない心
③焦らず急ぐ精神



説明は不要ですね。そのままです。

では最後にもう1アドバイスして終わりにします。

下見をしておきましょう

「下見」をしておきましょう。


「そんな時間ない!もったいない!」と思うかもですが、当日にGoogleマップを見てる方が勿体ないです。


当日に見るのは、今まで解いて間違った問題や、自分のうろ覚えな分野のページです。

なので、下見は前もってしておきましょう。


できれば道だけではなく、この建物のどののどの部屋が試験会場になるのか?まで見ておくと安心です。

スポンサーリンク

まとめ

・試験で必要な物は、筆記具&受験票&腕時計
・軽食は家から持って行く
・合格率upアイテムは耳栓(100均でOK)
・自信を持って、諦めずに、焦らず急ぐ
・ 下見は早めにしておこう